「内山理名」タグアーカイブ

アキラ100%が“服を着て”映画初出演!岡野真也・内山理名 W主演『ゆらり』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 僅か10日間の公演で2000人以上を動員した西条みつとし主宰のTAIYO MAGIC FILMの大人気舞台の映画化『ゆらりの予告編が解禁。

今年のR-1ぐらんぷりで「絶対見せないdeSHOW」というネタで全裸で優勝したアキラ100%が、“服を着て”映画初出演を果たしていることがわかりました。

アキラ100%が出演したのは、第1部である現在パート。涙涙の予告編でも一瞬映る、服を着ての”大橋彰(アキラ100%)”名義での映画初出演を、ぜひ劇場でご確認ください!

映画情報どっとこむ ralph 服を着てるとわかりにくいですけどアキラ100%こと大橋彰さんからのコメントです!↓↓↓

今回初めての映画ということで、お笑いのライブばかり出ている私にとっては本当に緊張する現場でした。
リハーサルをやる前から汗が止まらなかったです。そして作品を見た時、自分の演技を直視できなかったです。

舞台の時は、高山という役をやらせていただきました。同じくらいの年齢だと思うのですが、心に棘が刺さっている感じを表現するのが難しかったです。

舞台の時の観客のみなさんの反応は、物語が進むにつれ観客のみなさんがストーリーにどんどんと引き込まれているのがわかりました。
自分自身、台本を読んでいるのに稽古の段階で心を揺さぶられることもありました。
確実に舞台と客席が1つになっていたと思います。

『ゆらり』の魅力は、やはり物語性なのではないでしょうか?親子のつながり、家族の温かさが沁みる作品だと思います。
しばらく親に会っていないという方がいたら、映画を見た後すぐ電話したくなるんじゃないでしょうか?

映画情報どっとこむ ralph 本作『ゆらり』は・・・

現在、未来、過去の三部構成で、民宿を営む家族や宿泊客など、「伝えられなかった想い」を抱える人々が家族の絆を取り戻す姿を、笑いと涙で描いている。

第1部である現在のシーンでは、民宿「赤木箱」の31歳の女主人・泉凛香役を岡野真也が演じ、接客中についつい突き放してしまう凛香にショックを受けた娘・ゆかりと共に狂言誘拐を計画する凛香の夫・孝介役を山中崇が演じる。
生き別れた娘がバイトをしていると知り、民宿にやってくる中年の男・高山役を戸次重幸、自分は父親に捨てられたと思っている娘役を萩原みのり。
高山の想いを知り、一緒に民宿までやってくる後輩の保科役を遠藤久美子が演じている。

第2部である未来のシーンには、凛香の娘でシングルマザーである木下ゆかり役で内山理名、ゆかりが入院し、息子を託される別れた夫・正樹役で平山浩行が出演している。

第3部である過去のシーン(現在より8年前)には、23歳の凛香が東京でうまくいかなかったイライラをぶつけてしまう母・美和役で鶴田真由、なだめる父・幸雄役に渡辺いっけい、と豪華メンバーが出演し、民宿を営む家族や宿泊客など、「伝えられなかった想い」を抱える人々が家族の絆を取り戻す姿を、笑いと涙で描いている。

映画情報どっとこむ ralph 横尾初喜監督コメントが届いています!

母子家庭で育った自分にとって、家族というテーマは切っても切り離せない題材です。
西条みつとしさん主宰の劇団TAIYO MAGIC FILMの「ゆらり」初演を見終わった後、涙ながら自分の一作目の長編映画はこれだと心に決め、西条さんに映画化させていただきたいとお話しさせていただいたことが、ついこの前のように感じます。
この作品に出てくる人物の皆が、温かく優しい。
脚本を西条さんと進めさせていただく中で、一番大事にした部分です。
父と娘、母と息子、母と娘。全てのキャストの皆さんが、実を持って演じてくださいました。

アキラさんは、『ゆらり』の舞台から西条さんの舞台でずっと拝見させてもらっていて、とても表現の豊かな役者さんだなと思っていました。後に、お盆芸の芸人さんと同一人物だと知ってとてもビックリしました。笑
映画にも参加いただき、ありがとうございます。

家族の温かさがいっぱい詰まった作品です。
1人でも多くの方が、見てくださり、見終わった後に、それぞれが自分の家族のことを想っていただけたら、幸いです。


公式サイト:
http://yurari-movie.com 
公式Twitter:
@eigayurari 
公式facebook:
@ yurari


***********************************

岡野真也 内山理名
戸次重幸 萩原みのり 山中崇 遠藤久美子
寿大聡  夏緒 筧礼 高橋幸聖 小築舞衣 弥尋
青木さやか 大橋彰(アキラ100%)
平山浩行 渡辺いっけい
鶴田真由

監督:横尾初喜
原作/脚本:西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM) 
音楽:今井了介
主題歌:「手紙」ハルカトミユキ

エグゼクティブプロデューサー:森田篤 
プロデューサー:半田健 槇和美 前田利洋
撮影:江森太一 照明:阿部良平 
録音:加藤大和 美術:小栗綾介 編集:鈴木理
衣裳:照井真純 ヘアメイク:田鍋知佳 助監督:戸塚寛人 
制作担当:秋元一富 アシスタントプロデューサー:津島彩乃
製作:2017映画「ゆらり」製作委員会 
制作プロダクション:FOOLENLARGE 
配給:ベストブレーン 
©2017映画「ゆらり」製作委員会
    


「singlemom 優しい家族。」特報完成!クラウドファンディング締切間近!


映画情報どっとこむ ralph シングルマザーの実態を知っていただきたいという監督の思いからスタートした映画企画。

シングルマザーたちの問題、その子供たちの実態を皆で共有し、自分のこととして支え合える社会の仕組みを作れたらという思いに共感をした、北海道ニセコ町の協力のもと撮影された「singlemom 優しい家族。」の特報が完成しました。

マツモトキヨシ創業家で元衆議院議員、劇団マツモトカズミの松本和巳の監督長編第1作目。
主演に内山理名、木村祐一を迎えて6/20からクランクイン。

クランクイン前に行われた製作発表会の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
シングルマザーの愛実(内山理名)は元夫のDVから逃げるように娘のエミリー(長谷川葉音)とニセコに戻ってきた。今の愛実には頼れる人も場所もなく、微かな記憶しかない故郷に戻ってくるしかなかった。しかし、縁などはなくやはり孤軍奮闘しなくてはいけない状況は変わらず、生活は困窮していく。どこに相談したらよいのか、誰を頼ればよいのかわからない。どんどん追い込まれていく愛実は精神安定剤を大量に飲まなければいられない状態である。でも側にいるエミリーのために頑張れているのかもしれない。エミリーは外国人との間に生まれた11歳の女の子。父・Colinによる母・愛実へのDVはわかっているけれども、自分には優しい父の事は嫌いではなかった。彼女自身も二人の間で物言わず苦しんでいたのである。そんなある日、エミリーが一人で遊んでいる時に、ミニカー職人の鉄二(木村祐一)と知り合う。父への思いが鉄二と重なり合う。子を想う孤独な母のプレッシャー、親を想う子の葛藤、人と関わることを拒否してきた職人の人間模様が絡み合い、やがて希望に繋がる…。

それでは特報をご覧ください。



映画情報どっとこむ ralph 松本和巳監督からのコメント

撮影を終え編集作業に入っていますが、特報版として30秒カットのものをお届けいたします。 撮影は非常に厳しい環境の中で行われましたが、役者陣の集中力、ニセコ町の方々のご協力、スタッフの善意で素晴らしいセットを手作りしていただいたりと、予算感以上の仕上がりになっていると思います。また機材もこの予算規模ではあり得ない協力をいただき、しっかりとした画になっていますので、それも見どころとなるはずです。 主演の内山さんの役作りの集中力が非常に高く、見事に心情からの演技をしていただけたと思っています。それが映像からも感じていただけるはずです。 また、スタッフさんには、何もない空き家を、木村祐一さんが演じる鉄二が住んでいるかのごとくの空気を感じさせるまでに作り込んでもいただきました。本当に有りもので工夫をしていただき、ここまで作り上げたことに正直驚きました。ドローンも一機が墜落してしまいましたが、さらなるご協力で直ぐに新しいものを手配いただき、再度の空撮に挑みました。墜落機は未だ捜索中になっています…汗。制作過程や撮影中のエピソードは尽きませんが、作り手の想いとシングルマザー達の想いを重ね、この映画が少しでも多くのシングルマザーの方々に届き、ちょっとでも気持ちが楽になれる一助になってもらいたい、シングルマザーではないか方々にも、シングルマザーの方々の苦労を少しでも分かってほしい、と思いながら編集作業を進めています。さらなる皆様のご支援をいただければと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 本作はクラウドファンディングで製作費の一部の支援を募集(2017年8月31日23:59まで)していますので良ければご支援のほど。

モーションギャラリーサイト

映画「single mom 優しい家族。

***********************************

製作スタッフ
監督・脚本:松本和⺒
プロデューサー:井内徳次・小林良二・斎藤正明
制作プロダクション:テンダープロ
配給:渋谷プロダクション
後援:一般社団法人シングルマザー支援協会
製作:single mom 優しい家族。
製作委員会(テンダープロ・MK・渋谷プロダクション・クレイ)
公開:2018年公開予定

出演:内山理名・木村祐一・石野真子・長谷川葉音
監督:松本和巳


『ゆらり』追加キャスト 戸次重幸 萩原みのり 鶴田真由 他発表!


映画情報どっとこむ ralph 僅か10日間の公演で2000人以上を動員した西条みつとし主宰のTAIYO MAGIC FILMの大人気舞台『ゆらり』がついに映像化。

西条さん自らが脚本を手がけ、舞台の感動をそのままに、岡野真也さんと内山理名さんのW主演での映画化が先日発表されましたが、この度、追加キャストが発表に。


本作は、現在、未来、過去の三部構成。

映画情報どっとこむ ralph 第1部である現在のシーンで、生き別れた娘がバイトをしていると知り、石川県の民宿「赤木箱」にやってくる中年の男・高山役に戸次重幸さん、自分は父親に捨てられたと思っている娘役に萩原みのりさん。高山の想いを知り、一緒に民宿までやってくる後輩の保科役に遠藤久美子さん。

岡野真也さん演じる民宿の31歳の女主人・泉凛香の娘・ゆかりと、狂言誘拐を計画する凛香の夫・孝介役に山中崇さん。


第2部である未来のシーンで、内山理名さんが演じる、凛香の娘でシングルマザーである木下ゆかりの別れた夫・正樹役に平山浩行さん。

第3部である過去のシーン(現在より8年前)で23歳の凛香が、東京でうまくいかなかったイライラをぶつけてしまう母・美和役に鶴田真由さん。

なだめる父・幸雄役に渡辺いっけいさん、と豪華メンバーが出演し、民宿を営む家族や宿泊客など、「伝えられなかった想い」を抱える人々が家族の絆を取り戻す姿を、笑いと涙で描いています。

映画情報どっとこむ ralph 戸次重幸さんからのコメント
父親役はこれまでも何度もやらせていただいていたのですが、今回の様にここまで複雑な事情を背負った父親を演じたのは初めての経験でした。ただ撮影当時妻が妊娠中でしたので、父親の自覚はすでに芽生えていたのを覚えています。それが今回の役を演じるに当たり自分を後押ししてくれました。ですから、娘役の萩原さんが自分の想いを吐露するシーンでは、自然に涙が流れました。不思議な時系列が魅力の作品です。是非ご覧ください。

萩原みのりさんからのコメント
ある日突然お父さんが帰ってこなくなった。”嫌い会いたくない”の言葉で寂しさを閉じ込めても、どうしても溢れ出てくる”会いたい大好き”の気持ち。どうやったって家族のことを嫌いになんてなれるわけがなくて。戸次重幸さん演じるお父さんに、精一杯、愛をぶつけました。お父さんっ子の私は、父がいなくなったら、を考えただけで涙が止まりませんでしたが、いてくれることも当たり前だけど、いつかいなくなることも事実で。観終わった後に家族にお礼を言いたくなるような、大好きと伝えたくなるような、そんな作品です。

鶴田真由さんからのコメント
見ているうちに気が付いたら時空を超えて物語が進んでいく、そんな脚本にとても魅力を感じました。親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちは、いつの時代も変わらず「愛」がベースにあるのだと思います。そして、私の役もまた、娘を思いやる、ちょっとだけふわりと緩やかな母の役です。おっとりとしていて、ちょっぴり天然。そんなお母さん像を自分なりに作り上げました。ラストシーンの娘との食事のシーンは、岡野さんがとても頑張ってくれて素敵なシーンになったと思います。是非、ご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

現在
民宿「赤木箱」の31歳の女主人・泉凛香(岡野真也)は、接客中に甘えてくる娘・ゆかりをついつい突き放してしまう。ショックを受けたゆかりは、父・孝介(山中崇)に「自分を誘拐してほしい」とせがみ、2人で狂言誘拐を計画するのだが…
ある日、中年の男・高山(戸次重幸)と後輩の保科(遠藤久美子)が宿泊にやってくるが、民宿のアルバイト・瞳(萩原みのり)は、自分を“捨てた”父親だと気づかず…

未来
凛香の娘でシングルマザーとして一人息子を育てる木下ゆかり(内山理名)は、ある日、息子・青空に神様から手紙が届くポストをプレゼントする。その日から、ポストに投函された青空からの手紙に返事を書くのが、ゆかりの日課になった。しかし、ある日、ゆかりは入院することになり、別れた夫・正樹(平山浩行)に青空を預けることになる。息子からの手紙に返事を書くことができなくなり…

そして、過去

現在より8年前。23歳の凛香は、女優の夢を諦め、実家の民宿に戻ってきたばかりで、父・幸雄(渡辺いっけい)になだめられても、東京でうまくいかなかったイライラを、母・美和(鶴田真由)にぶつけてしまうが、ある日、時間を少しだけ巻き戻せるリモコンを発見し…

日常のなかに、一瞬だけ浮かび上がる温かな家族の絆。
3つの家族に起こった 暖かくて 切ない「ゆらり」な物語

公式サイト:
http://yurari-movie.com 
公式Twitter:
@eigayurari 
公式facebook:
@ yurari.movie 

***********************************

岡野真也 内山理名
戸次重幸 萩原みのり 山中崇  遠藤久美子
平山浩行 渡辺いっけい
鶴田真由

監督:横尾初喜
原作/脚本:西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM) 音楽:今井了介
       エグゼクティブプロデューサー:森田篤 プロデューサー:半田健 槇和美 前田利洋
撮影:江森太一 照明:阿部良平 録音:加藤大和 美術:小栗綾介 編集:鈴木理
衣裳:照井真純 ヘアメイク:田鍋知佳 助監督:戸塚寛人 制作担当:秋元一富  アシスタントプロデューサー:津島彩乃
製作:2017映画「ゆらり」製作委員会 制作プロダクション:FOOLENLARGE
配給:ベストブレーン
@2017映画「ゆらり」製作委員会