「ヤン・イクチュン」タグアーカイブ

『あゝ、荒野』ぴあフィルムフェスティバル上映に木下あかり、岸善幸監督 登壇


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司が遺した唯一の小説を再構築し岸善幸監督がメガホンをとり映画化。

菅田将暉と韓国映画『息もできない』の名優ヤン・イクチュンをダブル主演に迎えた『あゝ、荒野』は10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇2部作連続公開となります。
そして、第39回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)【映画の闘い/闘いの映画】部門で世界初の『あゝ、荒野』前篇・後篇一気見上映が行われ、上映前のトークイベントにヒロイン・芳子役を演じた木下あかり、岸善幸監督が登壇しました。

日時:9月16日(土)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
登壇者:木下あかり、岸善幸監督
MC:荒木啓子(PFF ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph 今回第39回ですが、遡ること、第1回(当時の呼称は「第1回ぴあ展1977」)の開催では、原作者・寺山修司監督作品の『檻』を上映し、その後寺山自身が最終審査員を務めていたこともあるという、縁あるPFF。

MCのPFFディレクター荒木啓子さんが(先日の完成披露上映会で)前篇をすでに観ている人はいますか?との問いかけに、なんと約半数の観客が挙手。

本日登壇が叶わなかったダブル主演を務めた菅田将暉、ヤン・イクチュンからのビデオメッセージが流れ、

ヤンさん:俺たちの映画を観るお客さんは世界でいちばん立派な人ですよね。

菅田さん:そうだと思いますね、ありがとうございます!あとは任せた!

と二人の息の合った掛け合いに会場は笑いに包まれ、菅田さんのメッセージを受け、 岸監督が登壇。

映画情報どっとこむ ralph 現場の様子について
岸監督:(二人は)ボクシングのシーンは、 やはりピリピリしていて少し距離を置いている感じでしたけど、ヤンさんが思った以上に日本語を理解して話せるので、冗談を言い合ってあんな感じでしたね。

キャスティングについて

岸監督:相手があることなので、それにどう反応できるかに重視して出演する俳優を選びました。

と明かすと・・・

オーディ ションをくぐり抜け、ヒロイン芳子役をつかんだ木下あかりさんが続いて登壇。

男の友情に挟まれながら、体当たりの演技で本作に挑んだ木下さんは

木下さん:(役を)自分の中で作りすぎると現場で反応ができないので、現場に入って監督と話しながら作っていきました。脚本を読んでいて、はじめて芳子がすーっと入っていった感覚があったのは、新次に初めて家族のことを話すシーンでした。その時に掴めたかな、と思う瞬間がありました。

と話ます。

映画情報どっとこむ ralph 岸監督:観て頂く前ですが、じつは 結構濡れ場が多い作品なんです。僕は今までそういうシーンを沢山撮っているんですが、毎回本当に緊張します。

と意外な素顔を明かし、

木下さん:私よりも監督の方が緊張していましたよね?!

と木下さんが岸監督の意外な一面を明かしました。実は女優さんの方が決めてしまえば大胆な傾向があるようなので、男性の方が繊細化も

さらにラブシーンについて

岸監督:菅田くんとは、わりと体位について相談しながらやっていま したね。その話を木下さんにどう伝えるかという。いろんな緊張で胸が張り裂けそうで した(笑)
木下さん:いちばんハードなシーンが撮影初日にありまして・・・。それまで はすごく緊張していたんですが、そのシーン以降はもう裸の付き合いで、逆にリラック スして挑むことができました。

と長編映画初挑戦で体当たり振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph
最後にこれから映画界を目指す人も多くいる観客へメッセージを求められると、

木下さん:皆さんへ、というか私自身がいつも心掛けていることになりますが、 諦めずに続ける、自分自身と向き合うことはやめない、という2つがあります。父に”敵は己だ!”といつも言われていたのでそれを胸に、続けています(笑)

岸監督:長編2作目の僕が大したことは言えないですが、何をやれば目立つか、人に見てもらえるまでにどんな努力をすればいいのか、それがすごく必要なことだと思います。今日はぜひ前篇後篇、楽しんでください。

とトークイベントを締めくくりました。

あゝ、荒野』は、10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日(土)後篇 新宿ピカデリー他2部作連続公開です。

HP: kouya-film.jp

物語・・・
かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなあ る日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして 2021 年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝 を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。

一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと 健二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋のティッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口から ボクシングジムへと誘われる。言われるがままボクシングジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレー ングを始める。 新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。

バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて 行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく建二。

そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカン もまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴 河井青葉 前原 滉 萩原利久 小林且弥 川口 覚 山本浩司 鈴木卓爾 山中崇 でんでん 木村多江 ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 四宮隆史 宮崎伸夫 宇野康秀 山本浩 植田実
エグゼクティブ・プロデューサー:石井紹良 堤天心
プロデューサー:杉田浩光 佐藤順子
共同プロデューサー:行実良 中村優子 飯田雅裕
制作・配給:スターサン
制作プロダク ン:テレビマンユニオン
©2017『あゝ、荒野』 フィルムパートナーズ
   


「あゝ、荒野」森山大道 写真展 トーク + サイン会開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 菅田将暉とヤン・イクチュンをダブル主演に寺山修司傑作小説 『二重生活』を岸善幸監督がメガホンをとり再構築し映画化。

『あゝ、荒野』が10月7日(土)前篇、10 月 21日(土)後篇 2部作連続公開となります。

言葉の天才、寺山修司を現代に甦らせた映画『あゝ、荒野』の公開に合わせ、生前の寺山と親交があり、世界でも 活躍する巨匠、写真家・森山大道氏による写真集の発売が決定しました。さらに、発刊記念として写真展の開催も決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 森山大道 写真展 「あゝ、荒野」


Bギャラリーでは 6年ぶり 2回目となる写真家、森山大道の写真展を開催します。本展では、寺山修司、唯 一の長編小説「あゝ、荒野」(角川文庫/2009年)の映画公開に併せ、60年代当時からの写真をはじめ、小説の舞台となっている新宿の街や映画の登場人物を、森山大道が新たに撮り下ろした新作を多数加えて展示、 販売します。

開催概要
期間:2017 年 9 月 29 日(金) ~ 10 月 15 日(日) 11:00〜20:00 (会期中無休)
場所:B ギャラリー (ビームス ジャパン 5F) 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3-32-6
www.beams.co.jp/bgallery
協力:2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ、テラヤマ・ワールド、ポスターハリス・カンパニー、マッチアンドカンパニー、フルハウス、写真弘社、一般社団法人森山大道写真財団 レセプションパーティー : 2017 年 9 月 29 日(金) 17:00~20:00

※森山大道 写真集 「あゝ、荒野」の発売あり

映画情報どっとこむ ralph トーク + サイン会開催決定!

日時/会場 : 2017年10月7日(土) 17:00~18:30 / Bギャラリー (ビームス ジャパン 5F)
予約定員制 : 先着30名様
※ご予約はBギャラリーまで
出演 : 森山大道(写真家)、木下あかり(女優)、笹目浩之(プロデューサー)、町口覚(パブリッシャー、グ ラフィックデザイナー)

映画情報どっとこむ ralph 写真集「あゝ、荒野」(森山大道著) 寺山修司が遺した唯一の長編小説、『あゝ、荒野』。同作を原作と した映画の撮り下ろし写真に加えて、森山大道がとらえ続けてきた 新宿の風景で構成された写真集。さらに映画のヒロインを務めた木 下あかりを新たに撮り下ろした作品も収録。『あゝ、荒野』の小説・ 映画、新宿の街すべてを飲み込んだ、森山大道の最新形にして集大 成!
【書籍概要】
タイトル: 写真集
あゝ、荒野

著者: 森山大道
発行: KADOKAWA
発売日:2017 年 10 月 6 日発売
定価:本体 2500 円(税別)
頁数:144 頁
体裁:A5 判変形 並製
造本・写真構成:町口覚

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴 河井青葉 前原 滉 萩原利久 小林且弥 川口 覚 山本浩司 鈴木卓爾 山中崇 でんでん 木村多江 ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 四宮隆史 宮崎伸夫 宇野康秀 山本浩 植田実
エグゼクティブ・プロデューサー:石井紹良 堤天心
プロデューサー:杉田浩光 佐藤順子
共同プロデューサー:行実良 中村優子 飯田雅裕
制作・配給:スターサン
制作プロダク ン:テレビマンユニオン
©2017『あゝ、荒野』 フィルムパートナーズ


菅田将暉とヤン・イクチュン『あゝ、荒野』ダイジェスト爆音サイレント上映


映画情報どっとこむ ralph 岸善幸がメガホンをとり再構築しる寺山修司の傑作小説を映画化。

菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんをダブル主演に迎えた『あゝ、荒野』が 10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日 (土)後篇 2 部作連続公開となります。

そして!その公開を記念して

史上初!新宿路上での<爆音サイレント上映>を敢行!!

新宿のど真ん中(モア 4 番街・アルタ横道路)を 1 日封鎖 して、この秋公開の2本の話題作コラボレーション特別イベン ト「あゝ、デンジャラス祭り」の開催が決定! 『あゝ、荒野』のダイジェスト特別映像や、『デンジャラス・ドックス』 の1本『渦』を特別上映。
路上に5メートルの大型ビジョンを設置して道を封鎖、wi-fi で音声を飛ばせる特殊なヘッドフォンシステムを使い、数十名の観客が路上で映画や映像を鑑賞でき る史上初の新宿路上での<爆音サイレント上映>。寺山の 聖地である”新宿”を究極的に感じて、鑑賞できる劇的体験イベントとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 日時:9 月 21 日(木)
場所:新宿モア 4 番街(アルタと ABC マートの間の道路) 14 時より予告編・特別映像等、各種映像上映。

『あゝ、荒野』ダイジェスト(爆音サイレント)
・17:00~/20:10~
※ダイジェスト版になります

『デンジャラス・ドックス vol.2/渦』(爆音サイレント)
・18:30~/19:20~

【鑑賞参加について】
・映像の鑑賞については路上につきどなたでも可能です。
・爆音サイレント環境での鑑賞は申込みが必要となります。参加希望のお客様は各々の公式 HP にて御確認ください

特設サイト

『あゝ、荒野』
公式サイト:
kouya-film.jp
© 2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

『デンジャラス・ドックス』
公式サイト:
jgmp.co.jp/docs
© Jingumae Produce

***********************************