「モーションギャラリー」タグアーカイブ

クラウドファンディングMotionGalleryがリニューアル!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォームのMotionGallery(所在地:東京都港区、代表:大高健志)は、
 9月13日よりコーポレートロゴ及び公式サイトをリニューアルいたしました。

MotionGallery公式ページ 


コーポレートロゴリニューアルについて 新コーポレートロゴ

映画情報どっとこむ ralph 変更理由
創業7期目を迎えたタイミングで、次のステージに向け、公式サイト及びコーポレートロゴを、より多くの方 にビジョンが伝わるデザインに変更。

新コーポレートロゴのモチーフは、20世紀美術の革命家ヨーゼフ・ボイスの「7,000本の樫の木プロジェク ト」。MotionGalleryのクラウドファンディングに携わるすべての人たちが、クリエイティブな社会を作り出 しているという想いを込めました。ロゴを形作る黄、紫、青は、それぞれ支援者、起案者、MotionGalleryを 表し、クラウドファンディング達成時の祝福の花火や花をイメージしています。

リニューアルポイント概要 人と人のつながりを見えやすくするため、動画をトップページで紹介したり、プロジェクトページで支援者 のサムネイルが見えるようにしたりと、「動き」や「つながり」を全面に出しました

1. 人と人のつながりを可視化 今回のリニューアルでは、「動き」や「つながり」を全面に出しました。トップページのアイキャッチ動画 で、「MotionGalleryで出来る事」と題した1分47秒の動画を紹介。クラウドファンディングを行うことで人と どうつながるかをイメージしていただきやすくなりました。 また、プロジェクトページに支援者のサムネイルを出すなど、支援される側だけでなく、支援する側の顔も 見えるようになり、多くの人がつながってプロジェクトが成り立っていることを表現しています。

2.ストーリーや想いを伝える クラウドファンディングを実施する方たちの背景には、プロジェクトページだけでは伝えきれない様々な想 いやストーリーがあります。クラウドファンディングに関わる方たちをMotionGallery編集部がご紹介する 「MotionGallery:Magazine」がトップページに大きく配置されました。


3.スマートフォンからも応援しやすくなりました スマートフォンからも支援しやすくなるよう、応援ボタンの配置位置など、より応援しやすい形に変わりました。新たな公式サイトとコーポレートロゴのもと、価値の創造と提供に努めてまいります。

4. 決済手段も増えました クレジットカードの決済において、ダイナースカードが利用可能ブランドとして追加されました。 クラウドファンディングの仕組みへの信頼性から、業界的にはカードブランド拡充が難しいとされる中で、日本のクラウドファンディングの先駆者としての実績と安定性が評価されての追加となりました。

映画情報どっとこむ ralph WEBサイトだけでなく、MotionGalleryの活動も大幅パワーアップ!

1.MotionGallryレーベルが誕生します。
これまで、MotionGalleryはクラウドファンディングサイトとして、クリエイターの新しい挑戦を資金面でサ ポートしていましたが、これからはそれに加えて、実際の制作にも携わって参ります。 資金面だけでなく制作面や企画段階からのサポートを行う事で、さらなるクリエイティブな社会づくりにコ ミットして行けると考えたからです。本年度中に、「映画」「書籍」の2つのレーベルが誕生予定。すでに企画開発が進んでおります。発表をお 楽しみに!

2.クリエイターコミュニティ クリエイター同士のハブとなり、クリエイター同士の情報交換や意見交換を活性化させる事で、あたらしい クリエイティブな活動をどんどん発信していけたらと思います。 具体的には、表参道のシェアオフィス「みどり荘」にて定期的にMotionGalleryのプレゼンターを招待したラ ンチ会を開催していきます。その交流から生まれるアイデアはきっとみんなのアイデアを更に刺激する事で しょう!

3.イベントをオーガナイズし、プロジェクトの魅力をリアルな場所からも発信していきます!
今清澄白河で毎晩人を集めている「しごとバー」@リトルトーキョーや、日本橋のBETTARA STANDでの「ク リエイティブ座」などのイベントをMotionGalleryがオーガナイズし、来場者を楽しませると共に、 MotionGalleryで行われているプロジェクトの魅力を五感を通じて広げて行きます! 清澄白河や日本橋といった、街がこれから生まれ変わろうとしている新しい息吹をかんじる東東京から、情 報があふれるweb空間ではなくライブイベントを行う事で伝わる、アイデアのときめきを人から人へ広げて いきます。

4.クラウドファンディング初の制作機能「MotionGallery Studioも始動」!
株式会社MotionGalleryは、エイゾーラボ株式会社及び、and pictures、コギトワークス、コトプロダクション、 SCENES、計5団体と提携し、資金調達と映像制作をワンストップで提供するサービス「MotionGallery STUDIO produced w/エイゾーラボ」の提供を開始いたします。 従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターは、クリエイターであったり、映像制作能力があること が前提でしたが、「MotionGallery STUDIO」の誕生により、だれでも、資金や映像技術がなくても、ひらめ き・アイディアをかたちにすることが可能になりました。 また、「MotionGallery STUDIO」で制作する映像作品第一弾として、だれでも自分の映画館をつくることが できるサービス「popcorn」のオリジナルコンテンツで、“建てない”建築家・嶋田洋平氏を題材にしたドキュ メンタリー映画の製作が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph MotionGallery(モーションギャラリー)とは
 
社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現する国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォームです。「創造的 な社会を作り上げる活動全てがアートである」という芸術家ヨーゼフ・ボイスのビジョンを具現化するプラットフォームとして2011年7月にス タートし、累計10億円の資金調達を行ってきました。

会社名:株式会社MotionGallery
代表取締役社長:大高健志
創立:2011年7月 
URL:motion-gallery.net
住所/〒107-0062東京都港区南青山3-13midoriso.2
    
***********************************



「singlemom 優しい家族。」特報完成!クラウドファンディング締切間近!


映画情報どっとこむ ralph シングルマザーの実態を知っていただきたいという監督の思いからスタートした映画企画。

シングルマザーたちの問題、その子供たちの実態を皆で共有し、自分のこととして支え合える社会の仕組みを作れたらという思いに共感をした、北海道ニセコ町の協力のもと撮影された「singlemom 優しい家族。」の特報が完成しました。

マツモトキヨシ創業家で元衆議院議員、劇団マツモトカズミの松本和巳の監督長編第1作目。
主演に内山理名、木村祐一を迎えて6/20からクランクイン。

クランクイン前に行われた製作発表会の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
シングルマザーの愛実(内山理名)は元夫のDVから逃げるように娘のエミリー(長谷川葉音)とニセコに戻ってきた。今の愛実には頼れる人も場所もなく、微かな記憶しかない故郷に戻ってくるしかなかった。しかし、縁などはなくやはり孤軍奮闘しなくてはいけない状況は変わらず、生活は困窮していく。どこに相談したらよいのか、誰を頼ればよいのかわからない。どんどん追い込まれていく愛実は精神安定剤を大量に飲まなければいられない状態である。でも側にいるエミリーのために頑張れているのかもしれない。エミリーは外国人との間に生まれた11歳の女の子。父・Colinによる母・愛実へのDVはわかっているけれども、自分には優しい父の事は嫌いではなかった。彼女自身も二人の間で物言わず苦しんでいたのである。そんなある日、エミリーが一人で遊んでいる時に、ミニカー職人の鉄二(木村祐一)と知り合う。父への思いが鉄二と重なり合う。子を想う孤独な母のプレッシャー、親を想う子の葛藤、人と関わることを拒否してきた職人の人間模様が絡み合い、やがて希望に繋がる…。

それでは特報をご覧ください。



映画情報どっとこむ ralph 松本和巳監督からのコメント

撮影を終え編集作業に入っていますが、特報版として30秒カットのものをお届けいたします。 撮影は非常に厳しい環境の中で行われましたが、役者陣の集中力、ニセコ町の方々のご協力、スタッフの善意で素晴らしいセットを手作りしていただいたりと、予算感以上の仕上がりになっていると思います。また機材もこの予算規模ではあり得ない協力をいただき、しっかりとした画になっていますので、それも見どころとなるはずです。 主演の内山さんの役作りの集中力が非常に高く、見事に心情からの演技をしていただけたと思っています。それが映像からも感じていただけるはずです。 また、スタッフさんには、何もない空き家を、木村祐一さんが演じる鉄二が住んでいるかのごとくの空気を感じさせるまでに作り込んでもいただきました。本当に有りもので工夫をしていただき、ここまで作り上げたことに正直驚きました。ドローンも一機が墜落してしまいましたが、さらなるご協力で直ぐに新しいものを手配いただき、再度の空撮に挑みました。墜落機は未だ捜索中になっています…汗。制作過程や撮影中のエピソードは尽きませんが、作り手の想いとシングルマザー達の想いを重ね、この映画が少しでも多くのシングルマザーの方々に届き、ちょっとでも気持ちが楽になれる一助になってもらいたい、シングルマザーではないか方々にも、シングルマザーの方々の苦労を少しでも分かってほしい、と思いながら編集作業を進めています。さらなる皆様のご支援をいただければと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 本作はクラウドファンディングで製作費の一部の支援を募集(2017年8月31日23:59まで)していますので良ければご支援のほど。

モーションギャラリーサイト

映画「single mom 優しい家族。

***********************************

製作スタッフ
監督・脚本:松本和⺒
プロデューサー:井内徳次・小林良二・斎藤正明
制作プロダクション:テンダープロ
配給:渋谷プロダクション
後援:一般社団法人シングルマザー支援協会
製作:single mom 優しい家族。
製作委員会(テンダープロ・MK・渋谷プロダクション・クレイ)
公開:2018年公開予定

出演:内山理名・木村祐一・石野真子・長谷川葉音
監督:松本和巳


日本からミュージカル映画を!音楽座ミュージカル『とってもゴースト』映画化へ


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル俳優で監督の角川裕明さんが日本からミュージカル映画のヒット作を創出したい!として、音楽座ミュージカルさんの『とってもゴースト』を映画化するプロジェクトが立ち上がりました!

そして、モーションギャラリーにてクラウドファンディングにて製作資金調達を開始しました!

日本発のミュージカル映画ヒット作を皆様も一緒にな!プロジェクトです。

映画情報どっとこむ ralph 先ずは熱い!角川裕明監督からのコメント

「皆様、こんにちは。角川裕明(かくかわひろあき)と申します。
私は、“日本にミュージカル文化を深く浸透させたい”という想いを形にするべく「Musical Of Japan」という団体を立ち上げ、「東京ミュージカルフェス/神奈川ミュージカルフェス」等のミュージカルイベントの企画運営、ミュージカルワークショップ「角川研究所」の開催、「Japanese Musical Cinema」名義でのミュージカル映画の制作など、様々な形で日本におけるミュージカル文化の普及活動をしております。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012』授賞式より(前列右から2番目=角川)
その活動の中で今回、私が映画製作でお世話になっている「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」のサポートにより、和製オリジナルミュージカルを上演し続けている「音楽座ミュージカル」の作品『とってもゴースト』を映画にするという機会をいただきました。

『とってもゴースト』は1989年に初演されて以来、再演が重ねられ、とても多くのファンを持つ作品です。私はぜひこの機会を活かして、日本発のミュージカル映画としてより多くの方々にこの作品をご覧いただくと共に、日本におけるミュージカル文化の普及にも繋げていけたらと思いました。

多くのファンを惹き付ける『とってもゴースト』の映画化成功に向けて。そして日本におけるミュージカル文化の普及に向けて。皆様からのさらなるお力添えをいただき、日本発のミュージカル映画のヒット作を一緒に創出していければと思っております。


映画としては短編3本に長編1本、そのほかミュージカルをテーマにした映像作品も数多く制作してきました。目指すべきところはミュージカルの文化を「正しく」日本に根付かせるということ。そのためにはこれからも良質なミュージカル映画を作り続けることが不可欠だと考えています。

2017年の今年は、 ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』や、ディズニーのミュージカル作品『美女と野獣』の実写版映画が公開されて話題となり、ミュージカル文化を根付かせるためのタイミングとしてはとても良いと思っています。

このチャンスを最大限に活かすためにも『とってもゴースト』の映画化をぜひ成功させ、「日本にもっとミュージカル文化を」という想いをぜひ実現させたいと思っていますので、何卒ご協力の程、宜しくお願いいたします。」


映画情報どっとこむ ralph 監督/角川裕明 プロフィール

1974年生まれ。早稲田大学法学部卒業。
広告代理店(株式会社アサツー ディ・ケイ)勤務を経てボーカリストに転身。
シンガーソングライターとして都内のライブハウスを中心に音楽活動を始める。その後、俳優業へも活動の場を広げ『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などのミュージカルや『ショーシャンクの空に』などの本格的なストレート芝居等、数々の舞台や映像作品に出演する。2012年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて初監督作品であるミュージカル映画『ユメのおと』が短編部門のグランプリを受賞。 その後、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザを中心に活動。2013年、埼玉県と松竹製作のオムニバス映画『埼玉家族』の中の1作品としてミュージカル作品『父親輪舞曲-ちちおやロンド-』(鶴見辰吾 主演)を監督。新宿ピカデリー等で劇場公開(松竹配給)される。2015年には、ミュージカル文化を日本にもっと広めることを目的に「Musical Of Japan」を立ち上げ。現在は『角川研究室』というワークショップも頻繁に開催し、ミュージカル映画俳優の育成にも力を入れている。音響芸術専門学校特別講師。リマックス養成所講師。れんアカデミー講師。PASOC講師。Y.O DANCE STUDIO 特別インストラクター。Japanese Musical Cinema 代表。デザインブランド「wayomix」プロデューサー。2016年、監督最新作のミュージカル映画『MY☆ROAD MOVIE~チャリンコで自分探しの旅~』で第2回神保町映画祭のグランプリを受賞、第3回岩槻映画祭でも最優秀監督賞を受賞した。

http://www.kakukawa.com/

映画情報どっとこむ ralph 『とってもゴースト』
※ 音楽座ミュージカル『とってもゴースト』より
音楽座ミュージカル


あらすじ・・・
入江ユキはアパレル業界で注目されている、美貌のファッションデザイナー。ところがファッションショーのリハーサル当日、ほんの息抜きのつもりで出かけたドライブ中に、自動車事故で死んでしまう。突然の出来事に、自分でも死んだことに気づかないユキは、リハーサル会場へゴーストとなって現れる。しかしもちろん、その姿は誰にも見えず、声も聞こえない。そこへ天界からガイドがやってきた。ガイドの言葉に驚くユキ。しかし、“まだ生きる、まだ死ねない”という強い思いがわきおこり、ガイドの説明を振り切って夢中で逃げ出してしまう。雨が降る夜の街を呆然と彷徨っていたユキは、高台にある公園でデザイナーを志し生きる服部光司と出会った。ユキのひとり言に思わず返事をする光司。パワーの強い幽霊は、午前零時から三時までの間 (霊界タイム)だけ、生きる人間の目に見えたり、声が聞こえたりするらしい。光司の優しさに触れ、孤独なユキの心に温かいものが流れる。そしてユキは、この世の中でやり残してきたことが、「人を愛し素直に生きること」だと気づくのだった。


詳しい内容は!MotionGalleryのサイトを確認

***********************************