「マルゲリータ・ブイ」タグアーカイブ

イタリア美しいトリノの街。心優しい人間ドラマはいかが!?『はじまりの街』


映画情報どっとこむ ralph 美しいトリノの街を舞台に、一組の親子と彼らを見守る人々が織り成す心優しい人間ドラマはいかが!?

イタリア映画『はじまりの街』を、10月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開いたします。

本作は、イタリアの大女優マルゲリータ・ブイと、ヴァレリア・ゴリーノ(ゴリノ)主演による、美しいトリノの街を舞台に、一組の親子と彼らを見守る優しい人々が、人生の新しい一歩を踏み出すまでを描いた感動作です。
夫のDVから逃れ、親友カルラを頼ってローマからトリノへ移り住むアンナと 13 歳の息子ヴァレリオ。
新しい街。新しい生活。自身とヴァレリオのために今までの人生をリセットし、ゼロから必死に基盤を築こうと焦るアンナ。一方、突然無邪気な子供時代に終止符が打たれてしまったヴァレリオは、苛立ちと孤独を抱えて居場所を探す。そんな二人と一緒に暮らしながら、自分自身も変わっていくカルラ。いつだって人生はやり直すことができる。
この力強いメッセージを本作に託したのは、家族をテーマとした映画で絶えず社会の弱者に寄り添ってきたイタリアのイヴァーノ・デ・マッテオ監督。

俳優からキャリアをスタートさせ、数々のドキュメンタリー作品の監督を経て、本作が劇映画長編 6作目。再生、未 来、期待をテーマにした作品をずっと作りたかったという監督が、厳しい現実に投げ込まれてしまった アンナとヴァレリオを通して人生の可能性を指し示す。先が見えなくても、ほんの少しの勇気と人を愛する心があれば、人生は変わっていく。ラストに見えるささやかながらも確かな一歩が感動の涙を誘う。

はじまりの街』 

10月28日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー

公式サイト:
hajimarinomachi/

***********************************

監督:イヴァーノ・デ・マッテオ 「幸せのバランス」「われらの子供たち」
出演:マルゲリータ・ブイ「はじまりは5つ星ホテルから」「母よ、」、
ヴァレリア・ゴリーノ「レインマン」「人間の値打ち」、
アンドレア・ピットリーノ、ブリュノ・トデスキーニ
2016年/イタリア=フランス/107分/5.1ch/シネスコ
原題:LA VITA POSSIBILE/英題:A POSSIBLE LIFE
配給:クレストインターナショナル


イタリアの大竹しのぶ!?マルゲリータ・ブイが凄い!『母よ、』


カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの世界3大映画祭を受賞しているイタリア映画界の巨匠ナンニ・モレッティ監督の最新作『母よ、』が3月12日(土)よりBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて絶賛公開中となります。

ナンニ・モレッティ監督が『ローマ法王の休日』以来、4年ぶりに手がけたのは、すべての人がいつか必ず経験する親の死を通して、家族とは、人生とは何かという普遍的なテーマを描いた感動作。

『母よ、』
本作で注目なのは、主人公の女性映画監督を演じたイタリアの名女優マルゲリータ・ブイ。1962年生まれの54歳。1990年に『殺意のサン・マルコ駅』で映画デビューしてから数々の映画に出演。


中でも日本でマルゲリータ・ブイの代表作と呼ばれるのが2013年に公開された『はじまりは5つ星ホテルから』。

5つ星ホテルのクオリティを評価する覆面調査員の女性が、自分の生き方を見つめ直し、新たな人生の一歩を踏み出す姿を描いたドラマでマルゲリータ・ブイは華やかなキャリアウーマンを演じ、話題となった。マルゲリータ・ブイはこれまで、イタリア映画界のアカデミー賞と言われる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」の主演女優賞を7回も受賞しイタリアを代表する名女優さんなんです。

日本で言えば大竹しのぶさん的な存在だそうです。

マルゲリータ・ブイは本作以外にも『ローマ法王の休日』や『夫婦の危機』とナンニ・モレッティ監督作品の常連。これまで自身が手掛けた作品で数多く主演もこなしたナンニ・モレッティだが、本作の主演にはマルゲリータ・ブイを強く希望。

監督:主人公は女性の監督という設定にして、演じてもらうならマルゲリータ・ブイがいいだろうと考えていました。理由はとても単純で、私が主役を演じるよりマルゲリータ・ブイが主役のほうがはるかにいい映画になるからです。」

マルゲリータ2②とイタリアの名匠が絶大な信頼を寄せている実力派。

まだ日本での知名度はあまりないですが、今後も注目!!
名前を覚えておくと通です。


映画『母よ、』はBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか絶賛公開中です!

公式:http://www.hahayo-movie.com/

物語・・・
映画監督のマルゲリータは恋人ヴィットリオと別れ、娘のリヴィアも進路問題を抱えている。さらに兄と共に入院中の母親・アダの世話をしながら、新作映画の撮影に取り組んでいるが、アメリカ人俳優バリー・バギンズが撮影に参加した途端、思うように撮影が進まず、大きなストレスを抱えるように。そんな中マルゲリータは病院から母親の余命宣告を受けてしまう。何の助けにもなれない自分を嘆き、母が研究や仕事に捧げた年月が死によって無になると悲しむマルゲリータ。しかし、母はある“贈りもの”を遺してくれていたー。


監督:ナンニ・モレッティ『息子の部屋』『ローマ法王の休日』
出演:マルゲリータ・ブイ『はじまりは五つ星ホテルから』『夫婦の危機』 ジョン・タトゥーロ 『ジゴロ・イン・ニューヨーク』『ビッグ・リボウスキ』 ナンニ・モレッティ『息子の部屋』 
上映時間:107分 
字幕:岡本太郎  
配給:キノフィルムズ
© Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinéma 2015 
********************************************************************