「トラン・アン・ユン」タグアーカイブ

『エタニティ 永遠の花たちへ』美しい3女優のウエディングシーン映像到着


映画情報どっとこむ ralph 9月30日公開の『エタニティ 永遠の花たちへ』。

ベトナムやアジアを舞台にした『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』で知られるトラン・アン・ユン監督が、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョらフランス女優を主演に迎えた初めての映画です。
本作は、運命に生きる3人の女性たちを通して命が受け継がれていく様を描き、“生”の素晴らしさを感じさせる、大いなる人生讃歌の映画です。
この度、オドレイ、メラニー、ベレニスのそれぞれのウェディングシーンの映像が解禁となりました。

ドレスは役柄が生きた時代、キャラクターに合わせてタイプが異なっていて・・・

オドレイ演じるヴァランティーヌはレースの手袋をはめ、ベールにはリボンと花があしらわれ、首元まで覆われたドレスはトレーンを引きずる長さでクラシックな美しさ。
 
彼女の息子と恋愛結婚するメラニー演じるマチルドは、顔まで覆うベールに指先を出した手袋、花の刺繍をあしらった透け感のあるチュールのウェディングドレスはシューズが少しみえ、モダンな印象です。

マチルドの親友で、許嫁と結婚するガブリエル(ベレニス)は、一見ティアラを載せているようにみえるベールと胸元は美しい首を強調するV字型のレースで彩られ、肌が透けてみえる繊細なレースで覆われた手首にはくるみぼたんが並び、新時代と旧時代の美しさがあわさったようなデザイン。

ヴァランティーヌとマチルドはカトリック教会で結婚式をあげるシーンですが、ガブリエルは式を終えたのち初夜を迎える直前の初々しい場面です。

映画情報どっとこむ ralph ちなみに、隅々まで美学を追求することで知られるトラン・アン・ユン監督ですが、

ベレニス・ベジョは今回の撮影について

ベジョ:過剰な演技はしていないのに、何をやってもオーケーが出ない。しまいには「もう十分よ、ユン!私はモノじゃない人間よ。私の肘の角度にそんなにこだわりがあるのなら、アニメを撮ればいいわ。そうすれば全てをコントロールできるでしょうよ!」と私は叫んでたわ。それから私は落ち着いて、私の動きの全てを演出指導するようユンに求めたの。私のルーツはラテン(ブエノスアイレス生まれ)です。だからアジアが南アメリカに出くわしたりすれば、物事は爆発することになるのです!

本作の衣装デザインは、『潜水服は蝶の夢を見る』(07)でアメリカ衣装デザイナー組合賞にノミネートされた経験を持つオリヴィエ・ベリオとともに、監督の妻であり、『青いパパイヤの香り』(93)や『夏至』(00)などでヒロインを務めた元女優のトラン・ヌー・イェン・ケーが手がけています。

物語・・・
ヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)がジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルド(メラニー・ロラン)の結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエル(ベレニス・ベジョ)と夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める。
Eternity-Movie.JP 
facebook: kinofilms.kinofilms

***********************************

監督:トラン・アン・ユン 
出演:オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ、ジェレミー・レニエ、ピエール・ドゥラドンシャン

2016年/フランス=ベルギー合作/フランス語/カラー/シネマスコープ/1時間55分
配給:キノフィルムズ/木下グループ  
(c) Nord-Ouest
        


映画『ザ・ウォーク』に松江哲明監督、押井守監督らからコメント


いよいよ1月23日(土)より日本公開となります映画『ザ・ウォーク』。

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411mの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に、ある一人の男が挑んだー。

前人未到の夢の実現のためフランスからニューヨークに渡った名もなき男フィリップ・プティ。巨匠、ロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く、感動の実話です。
ロバート・ゼメキス監督
―手に汗握りながら号泣という初体験―

巨匠ロバート・ゼメキス監督が、自身の集大成として挑んだ本作に対し、一足先に本作をご覧になった著名人の方々より、熱いコメントが続々と到着しています!

今回、松江哲明さん(ドキュメンタリー監督)、トラン・アン・ユンさん(映画監督)、大根仁さん(映像ディレクター)、小島秀夫さん(ゲームデザイナー)、押井守さん(映画監督)をご紹介!

『ザ・ウォーク』監督コメント(順不同・敬称略)

3Dの開拓者であり、常軌を逸した人間を描き続けるゼメキス監督の到達点には、手に汗握りながら号泣という初体験が待っていた。
-松江哲明(ドキュメンタリー監督)

「ザ・ウォーク」はゼメキス監督による愛、友情、忍耐、そして夢の実現を物語ったすばらしい映画。アメリカ映画の伝統そのものであり、希望と情熱と感動に満ちた作品になっている。
―トラン・アン・ユン(映画監督)

世界一の映像マエストロにして、常に新しい映像表現にチャレンジし続けるゼメキス監督が、また新たな大傑作を作った!圧倒的エンタテイメント映画でありながら、今は亡きニューヨークのツインタワーを綱渡りする男を題材に選んだゼメキス監督に感服。現代に生きる我々もまた、行くか戻るかの綱渡りをしているのだ。絶対に劇場で観るべき、いや、劇場で観なければ意味がない!!
-大根仁(映像ディレクター)

昨今はCGを使ったVFX映画を軽視する風潮があるが、この高所歩行(ザ・ウォーク)を体験すれば、それらの認識が早すぎた批評だったと気づくはず。ゼメキスがCG映画を作り続けていたのも、これまでの3DCG技術の進化も、全ては本作へと繋がる「歩み(ザ・ウォーク)」だったのだと。
-小島秀夫(ゲームデザイナー)

高所恐怖症なのでこの映画だけは見られない。
-押井守(映画監督)

THEWALK_3
その道のプロフェッショナルである方々が、胸を熱くした本作。
「手に汗握りながら号泣」というその結末を、是非劇場でお確かめください!

ザ・ウォーク
TheWalk_sub1
1月23日(土)全国ロードショー。上映も!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

TheWalk_新ポスター
原題:The Walk
月面を歩いた人間は12人―。
しかし、ワールド・トレード・センターの間を歩いた人間は1人しかいない。永遠に―

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 
by フィリップ・プティ

監督:ロバート・ゼメキス

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントをいただいた監督さんたちの作品!ア~この人。押井監督はあえて実写を紹介
  


第28回東京国際映画祭 新たに5名の審査委員が決定!


10月22日(木)~31日(土)開催の第28回東京国際映画祭にて、映画祭の顔となるコンペティション部門。先日、審査委員長はブライアン・シンガー氏が務める事が発表されていましたが、残りの5名の審査委員が決定しました!

映画監督、脚本家、プロデューサーと、世界で活躍する魅力的な方々が揃いました。

TIFF審査員
ブライアン・シンガー 映画監督/脚本家/プロデューサー
トラン・アン・ユン 映画監督
ベント・ハーメル 映画監督/脚本家/プロデューサー
ナンサン・シー プロデューサー
スサンネ・ビア 脚本家/映画監督
大森一樹 映画監督/脚本家


第28回東京国際映画祭 開催概要

開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ(港区)、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他
公式サイト:http://www.tiff-jp.net
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************