「テイ龍進」タグアーカイブ

『AMY SAID エイミー・セッド』関西公開日が決定!舞台挨拶も


映画情報どっとこむ ralph 俳優マネージメント会社ディケイドが設立25周年を記念して自らが企画・製作した『AMY SAIDエイミー・セッド』は9月30日(土)よりテアトル新宿ほか東京公開となります。

その後・・・10月21日(土)よりシネ・リーブル梅田での公開を皮切りに、11月11日(土)~神戸元町映画館、京都みなみ会館ほか関西での公開が決定しました。

10月21日(土)の関西公開初日(シネ・リーブル梅田)には、主演の三浦誠己、大橋トリオの初日舞台挨拶が決定。関西出身の三浦誠己の凱旋舞台挨拶となります。



映画情報どっとこむ ralph AMY SAID エイミー・セッド

本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇。

主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大西信満、村上淳ら実力派俳優が集結した、俳優と俳優の個性がぶつかり合うアンサンブルに。

9月30日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開です。



公式HP:
http://amy-said.com

映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。

その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠 己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。

「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」

突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出す。

***********************************

三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳

音楽:janand naomi テーマ曲:「AMY SAID」(⼤大橋トリオ)
監督/脚本:村本大志
脚本:狗飼恭子、
企画・製作:佐伯真吾 プロデュサー:関友彦、田中和磨
制作:株式会社コギトワークス
日本/2016/カラー/96分
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会
    


日活ロマンポルノに塩田明彦監督が挑んだ!!『風に濡れた女』


映画情報どっとこむ mari 第69回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門<若手審査員賞>受賞

ロカルノ国際映画祭をはじめ各国の映画祭から大喝采で迎えられ、現在も世界巡回中の塩田明彦初のロマンポルノ作品が、遂にベールを脱いじゃいます!

最新作『風に濡れた女』は、12月17日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

そして、この度、本作品の本予告とポスタービジュアルが解禁されました。
%e9%a2%a8%e3%81%ab%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b3

予告編は、映画祭バージョンを異例の大胆マスキング処理。
映倫審査をくぐりぬけ一般公開!!

それでは、よかったらご覧ください!!!


ちなみに
日活ロマンポルノリブート第1弾は、行定勲監督
『ジムノペディに乱れる』

http://eigajoho.com/?p=53372

映画情報どっとこむ mari 主演を務めているのは間宮夕貴と永岡佑。

永岡佑は、19才で俳優デビューし、タナダユキ監督の『月とチェリー』(04)で初主演。NHK大河ドラマなど数々のドラマや映画に出演する実力派俳優で、近年の「重版出来!」(TBS)での好演が高く評価されています。

間宮夕貴は、石井隆監督『フィギュアなあなた』(13)で映画初出演。その後も『甘い鞭』(13)、『GONIN サーガ』(15)など石井監督作品に立て続けに出演し、女優として開眼。今年公開された『屋根裏の散歩者』(16)でもオールヌードを披露。その潔い脱ぎっぷりに、各界から熱視線を浴びています。

%e9%a2%a8%e3%81%ab%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b31 本作は、歴史ある第69回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門へ招待され、<若手審査員賞>を受賞。ロマンポルノ作品として国際映画祭のメインコンペへ招待されたのは本作が初めて。本映画祭では、神代監督の『恋人たちは濡れた』(73)と共に招待されました。ロカルノを皮切りに、エトランジュ映画祭、アジア最大級の映画祭である釜山国際映画祭など現在も数々の海外映画祭で上映されており、各国で大喝采と大興奮で迎えられています。

本作は、都会の喧騒を避け、過去から逃げるように山小屋で暮らす永岡佑演じる高介が、生命力を持て余し野性味溢れる魅力を放つ間宮夕貴演じる汐里との出会いによって欲望の渦に巻き込まれていくという物語。欲を捨てたはずの男と、欲に純粋な女が巻き起こすオフビートな笑いと、本能むきだしでヒートアップする男と女のバトルが軽妙に描かれています。

映画本編はR18+指定なのでお間違いなきよう!

映画情報どっとこむ mari 風に濡れた女』  

大自然の中で欲望の渦に飲まれていく彼らの行きつく果てはー?
本能むき出しでヒートアップする男と女のラブバトル!

%e9%a2%a8%e3%81%ab%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b3_
かつて劇作家として知られた柏木高介(永岡佑)は、今では世捨て人のような暮らしを送っている。ある日の昼下がり、港でたたずむ高介の目の前を、自転車に乗った女が通りすぎ海に突っ込んだ。全身を濡らして陸にはい上がって来た女は、おもむろに上着を脱ぎ「今晩泊めてもらえない?」と話しかけてくる。その不思議な女は、汐里(間宮夕貴)。高介は何も見なかったふうを装い、拾ったアンティークの椅子を乗せたリアカーを引いてその場を去ろうとするが、汐里は野良犬のようにまとわりつき追いかけてくる。高介に泊める気がないことを理解した汐里は、「アンタは私にロックオンされたんだ。逃げられると思うなよ」と捨てゼリフを残し去っていった。翌日、高介がコーヒー豆を買いに寄ったいきつけのカフェで、ウェイトレスとして働く汐里と出くわす。奇妙な出会いをしたばかりにも関わらず、懐かしそうに近寄ってきた汐里は、カフェの店長(テイ龍進)を体でてなずけ、店長の別居している妻の洋服を着て平然と働いていた…。そんな中、かつての劇団仲間で高介の女だった演出家・響子(鈴木美智子)が、巡業の途中、劇作家としての高介の熱烈なファンだという新人助手・夕子(中谷仁美)と、新しい劇団員たちを引き連れてやってきた。高介が、自分の書いた戯曲を目の前で披露され興味なさげに眺める傍ら、響子は、汐里に芝居に参加しないかと持ちかける。ヒートアップした汐里が、響子を押し倒したことから、まるで堰を切ったように、この大自然に集まった男と女たちの欲望の渦が広がり始める。


塩田明彦(しおた・あきひこ)プロフィール
%e3%80%8e%e9%a2%a8%e3%81%ab%e6%bf%a1%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a5%b3%e3%80%8f%e5%a1%a9%e7%94%b0%e6%98%8e%e5%bd%a6%e7%9b%a3%e7%9d%a31961年、京都府生まれ。立教大学在学中より黒沢清、万田邦敏らと共に自主映画を制作。その後、多数のロマンポルノ作品で脚本を手掛ける大和屋竺の下で脚本を学ぶ。劇場映画デビュー作『月光の囁き』(99)と『どこまでもいこう』(99)がロカルノ国際映画祭に正式出品。2001年、宮崎あおい主演『害虫』(02)でナント三大陸映画祭審査員特別賞・主演女優賞を獲得する。『黄泉がえり』(03)、『どろろ』(07)が興収30億円を超えるヒットを記録するなどメジャー大作も多数手掛ける。 著書に『映画術・その演出はなぜ心をつかむのか』(イーストプレス)、『映画の生体解剖×映画術 何かがそこに降りてくる』(Amazonにて電子書籍として販売中)など。近年の作品として『抱きしめたい』(14)などがある。本作が第69回ロカルノ国際映画祭の国際コンペティション部門へ正式招待され「若手審査員賞」を受賞。

映画情報どっとこむ mari 2016年11月20日に45周年を迎える<日活ロマンポルノ>
ロマンポルノリブートプロジェクト

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」が今年11月20日で生誕45周年を迎えることを記念し、新作製作とクラシック作品の活性化をあわせた横断的なロマンポルノリブートプロジェクト。
%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8ereboot%e7%9b%a3%e7%9d%a3 行定勲監督、園子温監督、白石和彌監督、塩田明彦監督、中田秀夫監督の5人が、一定のルールの中で撮影するという当時と同じ製作条件の中で完全オリジナル作品を撮りおろしています。

公式HP:日活ロマンポルノ

***********************************

%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8e%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88キャスト:

間宮夕貴 永岡佑 

テイ龍進  鈴木美智子 中谷仁美 加藤貴宏 
赤木悠真 谷戸亮太 池村匡紀 前田峻輔 大西輝卓 

監督・脚本:塩田明彦
2016/日本/78分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R18+   
ⓒ2016日活