「グランプリ」タグアーカイブ

『NEW CINEMA PROJECT』グランプリ作品発表!出演者とミュージシャン募集開始


映画情報どっとこむ ralph ヤフー株式会社(以下 Yahoo! JAPAN)の子会社である株式会社 GYAO(以下 GYAO)と大手芸能事務所の 株式会社アミューズ(以下 Amuse)が共同で実施している映画製作に向けたオーディション「Yahoo! JAPAN 20 周年企画『NEW CINEMA PROJECT』Powered by GYAO+Amuse」(以下『NEW CINEMA PROJECT』)。

その監督(オリジナル映画企画)部門の審査結果発表が8月29日(火)にGYAO本社にて行われなり、映画監督の文晟豪(Moon Sungho/ムン・ソンホ)さんと脚本の蛭田直美さんよる「五億円のじんせい(仮)」がグランプリに選ばれました。

また、グランプリは逃したものの、小学生ながらに斬新な発想と見事なプレゼンテーションが審査員の目に留まり、のだすすむくん(11歳)の「新人小野」が急遽設定された審査員特別賞に選ばれました。

本企画は、GYAO と Amuse が、これからの時代を担う新たな才能の発掘を目指して共同開催しているもの で、オリジナル映画の企画・出演者・ミュージシャンを広く公募するオーディションを開催し、選ばれた監督(オリジナル映画企画) ・出演者・ミュージシャンを起用して 1 本の映画作品を作り上げるという、業界でも異例のユニークな取り組みとなっています。

そして、グランプリ作品を映画化するための出演者と、主題歌を担当するミュージシャンの募集が同日より開始。

なお、出演者募集に関しては応募資格が0 歳から70 歳までの男女と幅広い募集。

出演者とミュージシャンの決定は2018年1月を予定しており、映画完成は2018年度を目指して進行していく予定です。

映画情報どっとこむ ralph 【監督(オリジナル映画企画)グランプリ】

「五億円のじんせい」(仮)
監督:文晟豪(ムン・ソンホ/映画監督)
脚本:蛭田直美(脚本家)
物語・・・
幼少期、善意の募金五億円により難病から命を救われた少年。
健康に成長し高校生になった彼を待っていたのは、周囲からの期待や、マスコミにさらされる窮屈な青春だっ た。空虚な日々、ある日届いた SNS のメッセージが「五億円を返して死のう」と彼に決意させる。 家を飛び出し、お金と人生に向き合う波乱の旅が始まった。

文さん:授賞できて大変光栄です。一次通過をしたのが14人ということで、作品をサイトで見たのですが、選 ばれるだろうなと思ってました(笑)チームの人が他にいなかったので、倍の能力使っているのに負け たら寂しいなって。思い通りになって良かったです。

蛭田さん:ありがとうございました。(彼が)生意気な口きいてすいません(笑) 彼が大好きで、仲が良すぎてケンカをたくさんするんです。朝まで電話で語ることもあります。 彼といつか仕事がしたかったので、チャンスを頂きありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 【審査員特別賞】

「新人小野」
のだすすむ(小学生)
物語・・・
「ロボットの存在が浸透した近未来。
大人たちはロボットを“新人”として人間関係などにおけるさまざまな問題のシミュレーションに利用していた。 ある日、不登校になる子供の実情を解明するため、小学校に“新人小野”が送り込まれる。小野の正体を知らない子供たちは、大人の思惑通り小野を不登校に追いやっていった。しかし、唯一の友人、住田は…。ロボットと子供の切ない友情の物語。」

のだくん:もともとなかった特別賞をわざわざ作ってもらい、この作品が授賞できたことは、心の底から嬉しいです。今回の授賞は思ってもいないことでした。

映画情報どっとこむ ralph 【第二弾 メインキャストを含めた出演者募集】
募集期間:2017年8月29日(火)~10月15日(日)23:59
正賞:第一弾グランプリ企画映画「五億円のじんせい(仮)」に出演決定
副賞:金50万円

グランプリ受賞者は、メインキャストを含めその他さまざまな役にて出演の可能性がございます。 ※応募資格…0歳〜70歳の男女。 現在、芸能プロダクションおよびレコード会社等の契約がなく、2017年10月以降、株式会社アミューズと専
属契約を結ぶことができる方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

※1「ファミマフォト」エントリーについて 手順 1-1.ファミリーマート公式アプリ「Fami ポートアプリ」の「ファミマフォト」で応募に使用するプ ロフィール写真をアップロードし、10 桁のプリント番号を取得する。 手順 1-2.ファミリーマート・サークル K・サンクスに設置のマルチコピー機で、「ネットワークプリント」 メニューを選択し、プリント番号を入力し、プロフィール写真をプリントする(L 判 1 枚 30 円) 手順 2. 同じくマルチコピー機の「ファミマプリント」メニューで専用番号「FNCP076001」を入力し応募 用紙をプリントする(1 枚 70 円) 手順 3.必要事項を記入して下記応募先に郵送する(10 月 15 日(日)必着)

【Fami ポートアプリ詳細】
famiportapp.html

ファミマフォトエントリー限定特典
(1)写真エントリーはファミマフォトだけ!※その他の応募は動画でのエントリーとなります (2)映画のエキストラに優先的に参加できる!※交通費などは自己負担となります (3)“公開前に映画が観れる”最速試写会に抽選でご招待! ※(2)(3)の詳細に関しては応募者の方に別途、御連絡させていただきます。

【第三弾 ミュージシャン募集】
募集期間:2017年8月29日(火)~10月15日(日)23:59
正賞:第一弾グランプリ企画映画「五億円のじんせい(仮)」の主題歌や音楽に起用 

副賞:金50万円

グランプリ受賞者は、映画の音楽を手がけていただきます。主題歌やサウンドトラックなどさまざまな可能
性がございます。
※応募資格…バンド、シンガー・ソングライター、楽器奏者、アイドル、ラッパー、トラックメイカーな
ど、年齢性別・形態を問わずに応募可。
現在、芸能プロダクションおよびレコード会社等の契約が無く、2017年10月以降、株式会社アミューズと専
属契約を結ぶことができる方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。 「もともとなかった特別賞をわざわざ作ってもらい、この作品が授賞できたことは、心の底から嬉しい です。今回の授賞は思ってもいないことでした」


【募集・審査の流れ】
2017年8月29日~10月15日
「出演者」「ミュージシャン」応募受付開始 2017年11月1日
「出演者」「ミュージシャン」第一次審査結果発表 →通過者は二次審査へ※課題動画および課題音源の提出が必要です
2017年12月20日
「出演者」「ミュージシャン」第二次審査結果発表
2018年1月11日 「出演者」「ミュージシャン」最終審査結果発表
2018年度 映画作品完成予定

***********************************


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭コンペ3部門各賞発表!


映画情報どっとこむ ralph デジタルシネマにフォーカスし若手映像クリエイターの登竜門として2004年にスタートしたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、7月16日(土)より13回目の開催を迎え、最終日となる本日24日(日)のクロージング・セレモニー(表彰式)にて、長編部門・短編部門・アニメーション部門の、コンペティション3部門の各賞を発表されました!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016_表彰式s2
長編部門グランプリ 『朝日が昇るまで』
アレハンドロ・グスマン・アルバレス監督

長編部門SKIPシティアワード 『見栄を張る』
藤村明世監督

短編部門グランプリ『嘘をついて』
三ツ橋 勇二監督

アニメーション部門グランプリ『こんぷれっくす×コンプレックス』
ふくだ みゆき監督

IDCF2016_winners
映画情報どっとこむ ralph グランプリ受賞者コメント

◎長編部門 最優秀作品賞受賞 『朝日が昇るまで』アレハンドロ・グスマン・アルバレス監督

グランプリに選んでいただいて、まさか受賞できると思っていなかったので本当に嬉しい。映画制作というのは、メ
キシコでも大変ですが、世界中どこでも、非常に困難なことだと思います。ですから今回グランプリをいただけたこ
とは、これからも映画制作を続けていくというエネルギーになると思います。
朝日が昇るまで ©2015 Pluto Films


◎短編部門 最優秀作品賞受賞 『嘘をついて』 三ツ橋 勇二監督

スタッフ、キャストの皆さん、特に脚本の米内山陽子さんがいなければ、この映画は生まれなかったと思うので、本
当に感謝しています。そして主演女優3人、田中千佳子、中村貴子、高橋恭子の輝きがこの映画の全てだと思います。
ありがとうございました。
嘘をついて ©YUJI MITSUHASHI


◎アニメーション部門 最優秀作品賞受賞 『こんぷれっくす×コンプレックス』 ふくだ みゆき監督

単純にすごくすごくうれしい。この作品はお話や役者の演技を際立たせるため動きがとても地味です。アニメーショ
ンという分野で戦った時にそれがどう映るのか不安でしたが、こんな素晴らしい賞をいただけて嬉しく思っています。
こんぷれっくす×コンプレックス ©PANPOKOPINA


映画情報どっとこむ ralph <SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 開催概要>

会期:
2016年7月16日(土)~7月24日(日)
会場:SKIPシティ
映像ホール、多目的ホールほか
(川口市上青木3-12-63)
主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

公式サイト:
www.skipcity-dcf.jp
©埼玉県

***********************************


『私の男』モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞を受賞


「第36回モスクワ国際映画祭」のコンペティション部門の授賞式(28日)が行われ、熊切和嘉監督(39)の「私の男」が最優秀作品賞を受賞。主演の浅野忠信(40)も最優秀男優賞を受賞でW受賞の快挙となりました。
私の男
本映画祭で日本作品がグランプリに輝くのは99年の故新藤兼人監督「生きたい」以来15年ぶり。最優秀男優賞は31年ぶり83年の「ふるさと」の故・加藤嘉さん以来31年ぶり。

第36回モスクワ国際映画祭W授賞の快挙!!『私の男』
監督と主演の二人からコメントが届いています。

監督:熊切和嘉監督(39)コメント
『私の男』は企画段階から完成に至るまで、様々なトラブルに見舞われた映画でした。
熊切監督それが、モスクワ国際映画祭でグランプリ&主演男優賞だなんて、神様もいたんだなあと!

最高です!映画監督になって15年になりますが、 結果的に『私の男』が今までで一番、「やりたい放題」やらせていただいた映画でした。映画を志していた少年時代に抱いていた想いが、確信に変わりました。これからは、より気合いを込めて「やりたい放題」やっていこうと思います。スタッフ、キャストはじめ、この映画に関わった全ての人に感謝致します!本当にありがとうございました。

主演:浅野忠信(40)コメント
とても嬉しいです!この作品に対しての意気込みや思い入れは、誰にも負けないものでしたし、役作りに関しても、与えられた時間を活かし見えてくるものが大きかったため、力が入ってました。
正直思い入れが強すぎて、焦ってしまったり、熱くなりすぎてしまうことがありました。
まさかこんな形で報われるとは思っていなかったので、今は素直に皆さんに感謝しております。自分はまともでない時もありますが、自分の好きなことに対しての情熱を強く信じております。ですからどうかこれからも見続けていただけると嬉しいです。

主演:二階堂ふみ(19)コメント
熊切監督おめでとうございます。浅野さんおめでとうございます。映画『私の男』おめでとうございます。モスクワの地でこの作品が評価された事を幸せに思います。この作品に関われたことを誇りに思います。


本作は第138回直木賞を受賞し、その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われた桜庭一樹による45万部超のベストセラー小説「私の男」の映画化。

熊切和嘉の集大成であり、禁断のラブストーリーにして、ある殺人事件を発端とするスリルと興奮に満ちた至高のサスペンスです。

映画『私の男』

は新宿ピカデリーほか全国公開中です。



第36回モスクワ国際映画祭
2014年6月19日~6月28日(モスクワ現地日程) 
モスクワ国際映画祭はロシアの首都モスクワで開催。カンヌ、ベネチア、ベルリン映画祭と並び世界四大映画祭といわれ権威のある映画祭。国際映画製作者連盟の公認。
********************************************************************


映画『私の男』
冬のオホーツク海、純白の流氷の上で起きた殺人事件。
暗い北の海から逃げるように出て行く父娘は互いに深い喪失と、ふたりだけの濃厚な秘密を抱えていた…。10歳で孤児となった少女・花は、遠縁にあたる淳悟に引き取られる。孤独だったふたりは、北海道紋別の田舎町で寄り添うように生活を送っていた…。理屈を超えた禁断の愛のかたち。
オホーツク海の流氷が魅せる一大スペクタクル。その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われた桜庭一樹による40万部超のベストセラー小説『私の男』。第138回直木賞を受賞した本作の映画化が、タイミングが違えば決して実現することのなかった”運命”のキャストによって遂に実現。北海道の壮大な風景を舞台に、2014年、観客の心を激しく揺さぶる日本映画の至宝というべき最高の一本が誕生した。監督:熊切和嘉
原作:「私の男」(桜庭一樹/文春文庫刊)
出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤 竜也
(C)2014「私の男」製作委員会