「イギー・ポップ」タグアーカイブ

ギターウルフ セイジ登壇『ギミー・デンジャー』カリコレクロージング


映画情報どっとこむ ralph ジム・ジャームッシュ監督によるロック・ドキュメンタリーで、イギー・ポップがフロントマンを務める伝説的バンド「ザ・ストゥージズ」を追いかけた『ギミー・デンジャー』。

同作が8月18日(金)に、新宿シネマカリテで開催されていた「カリテ・ファンタスティック・シネマ・コレクションのクロージング作品として上映され、上映前のゲストとして、ザ・ストゥージズのファンで、7月に米オークランドで行われた音楽フェスティバル「Burger Boogaloo 2017」でイギーと競演し、世界的に活躍しているロックバンド、「ギターウルフ」のセイジさんが登場しました。

『ギミー・デンジャー』カリコレクロージング上映記念
ギターウルフ セイジ トークイベント

日付:8月18日(金)
会場:新宿シネマカリテ
登壇:セイジ(ギターウルフ)

映画情報どっとこむ ralph 本作について

セイジさん:アメリカのバンドドキュメンタリーは、つまんないインタビューばかりのものが多いけど、これはイギーがたくさんしゃべってて、あの時代の暴れてる頃の映像も多くて面白かった!

と感想を語り、とくにザ・ストゥージズのライバルで、当時のデトロイト系のパンクの雄として活躍していた「MC5」の存在にも言及。

セイジさん:一番興味があったのは、イギーやストゥージズとMC5がデトロイトでどういうライバル関係にあったか?ということ。あの時期にライバルがいたおかげで、2つのバンドはすごくなっていったと想像していました。その辺がよく描かれていて、たまんなかったね。

と嬉しそうなセイジさん。

映画情報どっとこむ ralph セイジさんが、イギーを初めて見たのは1998年の第2回フジロックフェスティバル。ギターウルフが出演したステージのトリをイギーが務め、セイジさんもその場にいたそうで、

セイジさん:会場で見てたんだけど、出番になってもイギーは30分くらい出てこないんですよ。『いい加減にせい!イギー!』って怒り気味で待ってても、なかなか出てこず、パッと見たら、光の中に立っていて、人間の形をした野獣のようで、オーラがすごくてびっくりした。

と振り返りました。

また、つい最近、7月にアメリカのオークランドで開催された音楽フェスティバル「Burger Boogaloo 2017」でも、ギターウルフとイギーが同日の出演を果たしていて・・・、

セイジさん:最初にオファーがあったときは、俺たちがトリを務めるって話だったけど、イギーの出演が決まって、イギーがトリになった(笑)

と内情を暴露。

セイジさん:楽屋で握手してもらおうと思って、(パフォーマンス後に)待ってたんだけど、なかなか来ない。どうしたかと思ったら、ステージの横に黒いリムジンが来て、ドアが開いてステージに飛び移り、演奏が終わったら、すぐにまた黒いリムジンに乗って帰っちゃって、挨拶もできず残念でした…(苦笑)。

と明かし、このステージでのイギーについては

セイジさん:1998年に見てから20年近く経ってて、70歳だけど、筋肉ムキムキで、出てきていきなり客席にダイヴ! なんだ、このジジイ!ケタが違うって思ったね。いろんな外タレのパンク連中を見てきたけど、イギーのパワーは他を隔絶しています。

と改めてイギーの偉大さをたたえました。

映画情報どっとこむ ralph イギーが最新アルバムを最後に引退をすることをほのめかしてるとも報じられている・・・この噂については

セイジさん:ホントかな、それ?宮崎駿作戦かもしれないよ(笑)

と語り、会場を笑いの渦に!

そして

セイジさん:いまの歳のイギーをまた日本で見たいね。みんなびっくりすると思う」と来日を熱望。改めて映画について「イギー・ポップはケタが違うから! ぜひ楽しんで!

と力強く呼びかけていた。

永瀬正敏、甲本ヒロト/ザ・クロマニヨンズ、オカモトショウ らも大絶賛!!

ギミー・デンジャー
原題: GIMME DANGER

9月2日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開
movie-gimmedanger.com

ストーリー
1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中心にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない音楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注目したのはイギリスで人気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の音楽シーンに多大な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発見された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。
***********************************

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch
日本語字幕:齋藤敦子 PG12

オリジナル・サウンドトラック:ワーナー・ミュージック
提供:キングレコード、ロングライド
配給:ロングライド
© 2016 Low Mind Films Inc


ヤバい『ギミー・デンジャー』に甲本ヒロト、鮎川誠ら多数ロックなコメントが到着!


映画情報どっとこむ ralph 鬼才ジム・ジャームッシュから、イギー・ポップ率いる史上最高にクレイジーなロックンロール・バンド、ザ・ストゥージズへのラブレター『ギミー・デンジャー』に多くのアーティストからロックなコメントが到着しました!

ジム・ジャームッシュ監督による伝説のロックンロール・バンド、ザ・ストゥージズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』が9月2日より公開となります!

あのデヴィッド・ボウイが「愛さずにはいられない男」と言った“ロックの化身”イギー・ポップ。彼が率いたザ・ストゥージズは、セックス・ピストルズ、ラモーンズ、ニルヴァーナ、ソニック・ユース、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど世界中の錚々たるバンドに影響を与えた。日本でもカリスマ的な人気を誇り、既に解禁された予告編ではザ・ストゥージズの大ファンである俳優の永瀬正敏がナレーションを担当。

映画情報どっとこむ ralph そして更に、数多くのアーティストからロックなコメントが到着!


『ギミー・デンジャー』著名人コメント(順不同・敬称略)

永瀬正敏/俳優
“ジム・ジャームッシュ×イギー・ポップ&ストゥージズ”その組合せを聞いただけでもワクワクしたが、観終わった今もその胸の高まりがおさまらない!最高!!


甲本ヒロト/ザ・クロマニヨンズ
淫力魔人大暴走!!愚者がタンクでやってくる!!ギ!! ギ!! ギ!! ギャオー!!!


オカモトショウ(OKAMOTO’S)
正直な話、泣いてしまうとは思わなかった。OKAMOTO’Sは「T.V. Eye」と「1969」をレパートリーにしていました。自分達も、あのラストシーンに登場するキッズの1人です。素晴らしい映画!


志磨遼平/ドレスコーズ
21歳のある日、床が揺れるほどの爆音で“Shake Appeal” が突然スピーカーから流れ始めた。すぐに「これで人生が変わる」と直感した。まさしくそのとおりになったイギーがストゥージズを語り、それをジャームッシュが撮る。これでまた誰かの人生が変わる。


中村達也/ドラマー
2003年、渋公でストゥージズのライブを見た。その時に得た感動よりも、スクリーンに映る2003年ザ・ストゥージズ復活!のシーンに身震いを感じた。そして忘れていたことを思い出したのだ。若い自分の薬指に「IGGY POP FOREVER」と自ら彫ったことを。GIMME DANGER!! 怒りと絶望をおれに喰わせろ。


皆川猿時・港カヲル/俳優・グループ魂
皆川猿時も港カヲルも「ほんとバカだなぁ」とか「頭おかしいんじゃないのぉ」って感じを目指しているんです。たぶん、イギー・ポップ先輩の影響だと思うんです。がんばります♡


鮎川誠/シーナ&ロケッツ
イギーは音楽家を搾取するミュージックビジネスにはしっぽを振らず、生き抜いてきた。
そして凄いのは今もあのロックをやっていることだ。『ギミー・デンジャー』にはクールで気高いロックをやっているイギーがありのままに描かれている。ロックは自由だというルールを作った男の生き方とロックのやり方がリアルに熱く伝わってくる。今からでも間に合うぜ。


奈良美智/美術家
すべてがハキダメの鶴みたいに新鮮で、心が躍って飛び立とうとする。彼らは彼らのままで登場して、彼らのままで去っていく。生ける伝説だけが汗まみれの芳香を静かに放っている。


セイジ/ギターウルフ
まるでケモノ!
1998年のフジロックで、いきなりステージに現れたイギーのオーラに驚愕した。そして今年7月、ギターウルフはサンフランシスコ郊外で行われたロックフェスでイギーと共演という幸運を得た。陽が落ちた頃、客の興奮と共に70歳のイギーが登場した。あれから20年が経つ、しかしやはりすごかった。ムキムキの身体に客席ダイブ!なんだこのじじい!とにかくイギーは桁が違う。


Atsuo/Boris
Jimのまなざしがその存在を克明に描く。歴史へ楔を打ち、血脈を残す。Rockが未だ革新を促す音楽だと信じているし、俺たちがそれを証明している。Iggy& The Stoogesの血を受け継いで。


百々和宏/MO’SOME TONEBENDER
ストゥージズに美談なんか一つもありゃしない。地元デトロイトの工場が発する騒音にインスパイアされたサウンドだ、ソイツを聴き続けたワタシは騒音難聴だ。ズタボロの物語をウイット満載で回想するイギー、最高!


小島秀夫/ゲームクリエイター
“音楽が人生である”という”ストゥージズ(愚か者)”なら、観るべき映画だ。イギー・ポップやジム・ジャームッシュを知らなくても、愚か者たちの人生に圧倒される。そして、真の”ストゥージズ”ファンであるなら、”英雄たちの人生”の反芻に涙するだろう。

など全コメントはオフィシャルサイトでご確認ください!

映画情報どっとこむ ralph ギミー・デンジャー
原題: GIMME DANGER

9月2日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開
movie-gimmedanger.com

ストーリー
1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中心にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない音楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注目したのはイギリスで人気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の音楽シーンに多大な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発見された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

***********************************

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch/日本語字幕:齋藤敦子 PG12 
© 2016 Low Mind Films Inc 
オリジナル・サウンドトラック:ワーナー・ミュージック
提供:キングレコード、ロングライド
配給:ロングライド  


イギー・ポップ『ギミー・デンジャー』予告編解禁 永瀬正敏ナレーション担当!


映画情報どっとこむ ralph 鬼才ジム・ジャームッシュから、イギー・ポップ率いる史上最高にクレイジーなロックンロール・バンド、ザ・ストゥージズへのラブレター。『ギミー・デンジャー』は9月2日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。


『トレインスポッティング』(96)の鮮烈なオープニングを飾る楽曲「ラスト・フォー・ライフ」で知られる 〈ゴッドファーザー・オブ・パンク〉イギー・ポップ。

そして、熱烈なイギーファンであるジャームッシュは『デッドマン』(95)、『コーヒー&シガレッツ』(03)で彼を役者として起用するなど長年に渡って親交を深めてきた彼。ある日イギーはジャームッシュにオファーする。

イギー:俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい。


ザ・ストゥージズは米国ミシガン州67年に結成された4人組バンド。攻撃的で実験的なサウンドとなによりもフロントマン、イギー・ポップの危険で過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊。半裸でのクレイジーなパフォーマンスから日本では“淫力魔人”なる邦題もつけられた。あのデヴィッド・ボウイがイギーに惚れ込み、ロック史に残る友情を築いたことも知られている。しかし、当時ストゥージズは評論家から「下品で退廃的」と叩かれて正当な評価を得ることはなく様々な問題を抱え、たった3枚のアルバムを残し74年に解散する。だがその後、セックス・ピストルズやラモーンズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど、名だたるバンドがストゥージズからの影響を公言。現在では、パンクやオルタナ・ロックの出発点となったバンドとして再評価されて、2010年にはロックの殿堂入りを果たした。

ジャームッシュはメンバーと本当に近しい関係者にのみ取材する方法を選んだ。イギーを軸に、当事者たちの言葉だけで語られるストゥージズの華々しくも混乱に満ちた日々、デヴィッド・ボウイとの出会い、メンバーたちの波乱万丈な人生、30年後の奇跡の再結成、そして永遠の別れ―。

今まで映像で語られたことがなかったストゥージズを、ジャームッシュが思いを込めて綴った、すべてのロック・ファン必見の傑作音楽ドキュメンタリーが誕生!

映画情報どっとこむ ralph

そして日本版のナレーションは俳優の永瀬正敏さんが担当!ジャームッシュ監督の新作『パターソン』にも出演している永瀬さんは、監督と同じく熱狂的なザ・ストゥージズのファンであり、またイギーとの親交も深く今回特別にナレーションをご担当頂けることになりました!

永瀬正敏さんコメント
「“ジム・ジャームッシュ×イギー・ポップ&ストゥージズ”その組合せを聞いただけでも
ワクワクしたが、観終わった今もその胸の高まりがおさまらない!最高!! 」

ギミー・デンジャー
9月2日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開

(C)2016 Low Mind Films Inc
配給:ロングライド
***********************************