「アーロン・テイラー=ジョンソン」タグアーカイブ

恋愛ミステリー映画『ノクターナル・アニマルズ』予告編と本ビジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph 世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』(09)以来、7年ぶりに監督を務めた最新作は恋愛ミステリー映画『ノクターナル・アニマルズ』が11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります。

その予告編と本ビジュアルが完成しました。

主演にエイミー・アダムス(『メッセージ』)、ジェイク・ギレンホール(『ナイトクローラー』)の実力派の2人を迎え、愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線を揺れ動く心を描きだします。観たら最後、心のざわめきを抑えることができない、極上のが誕生しました。

アートギャラリーのオーナーとして成功をおさめ、経済的には恵まれながらも、夫との関係が上手くいかず満たされない日々を過ごすスーザン(エイミー・アダムス)。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。

精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか。


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞®でマイケル・シャノンが助演男優賞にノミネートされ、第74回ゴールデングローブ賞でアーロン・テイラー=ジョンソンが助演男優賞を受賞、第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞した本作。

観たら最後、心のざわめきを抑えることができない、今秋必見の極上の恋愛映画にしてミステリー映画!

映画『ノクターナル・アニマルズ

11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー!
http://www.nocturnalanimals.jp/

***********************************

脚本・監督:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン/アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン

原作:「ノクターナル・アニマルズ」(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫)
2016/アメリカ/116分/PG-12 /ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ 
(C)Universal Pictures


愛と残酷さ、復讐と償いの境界線『ノクターナル・アニマルズ』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞®でマイケル・シャノンが助演男優賞にノミネート、第74回ゴールデングローブ賞でアーロン=テイラー・ジョンソンが助演男優賞を受賞、第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞したトム・フォードの監督最新作「Nocturnal Animals(原題)」の日本公開タイトルが『ノクターナル・アニマルズ』とし、TOHOシネマズ シャンテほか全国での公開が決定しました。


物語は・・・

スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。

ある週末、何年も連絡を取っていなかった元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)が書いた小説「夜の獣たち(Noctural animals)」が贈られてくる。

彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。「夜の獣たち」に感銘を受けたスーザンは、エドワードと過ごした日々を思い出す。自分が送ろうとしていた生活、エドワードにした仕打ち、現在の心を失う時間…。

そして、エドワードと再度会うことを決意するのだった。

ファッションの世界で既に確固たる地位を築き、デビュー作『シングルマン』も高く評価されたトム・フォードの監督最新作。

愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線を揺れ動く心を描きだす。主演にエイミー・アダムスとジェイク・ギレンホールを迎え、お互いについて、また自分自身についての暗い真実を発見する、離婚した夫婦を演じる。

『ノクターナル・アニマルズ』
Nocturnal Animals(原題)
秋 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー!

***********************************

監督・脚本:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、カール・グルスマン、アーミー・ハマー、ローラ・リンレー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン

原作:「ミステリ原稿」(著:オースティン・ライト/早川書房刊)
2016/アメリカ/116分/PG-12 ユニバーサル作品
©Universal Pictures
配給:ビターズ・エンド、パルコ
Photo©Merrick Morton/Universal Pictures International