「ゆれる人魚」タグアーカイブ

チャラン・ポ・ランタン姉妹独特の目線で「ゆれる人魚」ジャパンプレミアでトーク at したコメ


映画情報どっとこむ ralph 2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ世界各国で数々の受賞を果たし、ユニークなビジョンと革新的デザインで世界中のファンタスティック映画ファンを魅了したポーランド映画「ゆれる人魚(英語題「THE LURE」)」が2018年春、新宿シネマカリテ他にて公開となります。ホラー・ミュージカル・マッシュアップ・ムービーです!

この度、本作の公開に先駆けて、9月15日(金)〜18日(月)に東京国立博物館・平成館にて開催中の「第10回したまちコメディ映画祭in台東」にて9月17日(日)に舞台挨拶付きジャパンプレミア上映が行われゲストに・・・・

本作のヒロインである人魚の姉妹にちなんで、テレビドラマ『逃げ恥』OPほかドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供など幅広いジャンルで活躍中の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンが登壇。衣装や世界観がおとぎ話のようなチャラン・ポ・ランタンのふたりが、不思議な魅力に包まれた本作の魅力を、姉妹独特の目線で語りました。

「ゆれる人魚」ジャパンプレミア上映in第10回したまちコメディ映画祭in台東
日時:9月17日(日)
場所:東京国立博物館・平成館
登壇:チャラン・ポ・ランタン【もも(妹)/小春(姉)】

映画情報どっとこむ ralph 日本での公開決定の情報解禁とともにSNSを中心に話題沸騰となった本作のジャパンプレミア上映ということで、会場はいち早く本作を観たい映画ファンでいっぱい。

もも:今回のトークショーのお仕事の依頼を頂いてから、本作を観させて頂いたのですが、本当に私たちにマッチした作品で、この仕事のキャスティングをした人が素晴らしいと思いました(笑)。ジメジメした冒頭でありながら、華やかできらびやかで素晴らしかったです。ミュージカルシーンだけを切り取っても素晴らしく、ポップでありながら盛大で見どころ満載でした!80年代の音楽ということなのですが、私にとっては1周回って新しく、新鮮な感じがしました。

小春:私はオドロオドロしい童話が好きで、そういった物語を読んで曲を作ったりしていますが、この作品もすごく怖い部分もあり、それでいてミュージカルのシーンはCDアルバムのミュージックビデオを一気見しているような感覚がしてステキでした。本作のヒロインである姉妹の人魚を見て、こんなに色々なジャンルの音楽が出来る女の子二人組がいたら、事務所は黙っていないだろうなと思いました(笑)。


姉妹だからこその合図はありますか?

もも:決まったものは特に無いのですが、目配せすることはあります。ライブ中なんかも結構しています。(小春に対して)だよね!?通じてるよね!?

小春:通じてる、通じてる(笑)。こっちも「今それは言っちゃダメ」とか目で送ってるから(笑)

映画情報どっとこむ ralph ふたりのうち恋に落ちやすいのはどちら?

もも:私も小春ちゃんも恋に落ちるタイプだとは思いますが。

小春:ももは恋に落ちない!ももは、自分の軸が一本しっかりと通っているので、恋に落ちるという感じでは無いんです。


姉妹で好きな男性のタイプはかぶることはあるのでしょうか?

もも:私はどちらかと言うと真面目で、オタク気質な何かに対してすごくこだわりの強い人がタイプなんですが、小春ちゃんはことごとくだめんずウォーカーで、だめな男ばかり好きになってしまうんです。仕事を辞めてしまったりするような人ばかりです。それでいつも私が止めようとするということが多いです。

小春:確かに私はダメな男を好きになることが多くて、年上なのにやんちゃをしているような人が可愛らしく見えるんです。面倒見が良いようで凄く尽くすんですが、その人との別れ際になると、その可愛く見えていたやんちゃな部分が腹立たしく見えるんです(笑)
この映画では妹が人間に恋をして、それを姉が止めようとするのですが「私たちは映画とは真逆だな」と思いながら観ていました(笑)。

人生の大きな決断を迫られた時は?

もも:もともと小春ちゃんがアコーディオンをしていて、歌詞付きの曲を作った時に誘われたのが、歌い始めたきっかけでした。その時は本当に成り行きに流されるようにして歌い始めたのですが、歌っていく中で小春ちゃんや聴いてくれる人と出会って、人に必要とされていることを感じて「私は歌っていこう」と思うようになりました。

小春:7歳の頃に母と妹とサーカスを見に行ったのですが、その時に白塗りのピエロがアコーディオンを弾いているのを見たのがきっかけです。その日の帰りに母に「あの伸びるピアノが欲しい」と言ったのですが、「サンタさんにお願いしなさい」と言われてサンタクロースに手紙を書いたのを覚えています。それ以降、何をしても長続きしない私ですが、アコーディオンだけは辞めることなく続いています。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

もも:私たちも本作を観て「この映画の世界観良いな。素晴らしい映画に出会えたな」と思いました。皆さんも良いと思ったらSNS感想を広めて頂き、ひとりでも多くの人に観てもらいたいと思います。

小春:私はこの映画のことで、凄く同意したのは「ベーシストはおすすめしません」ということでした(笑)
是非観てみてください!

と締めました!

物語・・・
はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。
ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。
一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。
たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

新宿シネマカリテほか2018年春公開 

***********************************

監督:アグニェシュカ・スモチンスカ
出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、
ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカ
2015年/ポーランド/ポーランド語/カラー/ DCP/92分
提供:ハピネット
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:エレクトロ89 
© 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE




ホラー・ミュージカルのニュー・ウェーブ「ゆれる人魚」したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph 2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ世界各国で数々の受賞を果たし、ユニークなビジョンと革新的デザインで世界中のファンタスティック映画ファンを魅了したポーランド映画「THE LURE」。

本作の日本公開が、2018年春、新宿シネマカリテ他にて公開に決定し、邦題も「ゆれる人魚」に決定しました。


本作は、ポーランド映画界大注目株の女性監督、アグニェシュカ・スモチンスカ監督長編デビュー作。

共産主義時代下であった1980年代のポーランドを舞台とし、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」にツイストを加えた、ふたりの肉食人魚姉妹が主人公の少女から大人への成長物語をエネルギッシュでワイルドに描く、ホラー・ミュージカル・マッシュアップ・ムービーです。

映画情報どっとこむ ralph この度、第10回したまちコメディ映画祭in台東にて、公開に先駆け、9月17日(日)東京国立博物館・平成館にて本作『ゆれる人魚』が特別招待作品に選ばれ、ジャパンプレミアを実施します。

ジャパンプレミアには、テレビドラマ『逃げ恥』OPほかドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供など幅広いジャンルで活躍中の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンがトークゲストとしてご登壇します!

チケットはチケットぴあにて発売中、ぜひお見逃しなく!

「ゆれる人魚」
(英語タイトル「THE LURE」)

Facebook:@yureruningyomovie  
Twitter :@yureruningyo
Instagram:@yureruningyo


物語・・・
はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。
ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。
一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。
たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

新宿シネマカリテほか2018年春公開 

***********************************


監督:アグニェシュカ・スモチンスカ
出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、
ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカ
2015年/ポーランド/ポーランド語/カラー/ DCP/92分
提供:ハピネット
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:エレクトロ89 
© 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE