「したコメ」タグアーカイブ

「したまちコメディ映画祭in台東」小松政夫リスペクトライブ&クロージング


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台にコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」

今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)の期間で開催!本日クロージングを迎えました。

そして、セレモニーの前の『小松政夫リスペクトライブ』には小松さんも参加!しらけ鳥音頭・電線音頭を披露!そして、表彰式にはあの人がサプライズ!
日付:9月18日(月・祝)
場所:浅草公会堂
ライブ出演者:ポカスカジャン、浅草ジンタ、ホフディラン、SCOOBIE DO、フラワーカンパニーズ、Gentle Forest Jazz Band special guest vocal 浜野謙太
登壇:小松政夫
MC:いとうせいこう、大場しょう太

映画情報どっとこむ ralph 本日9月18日(月・祝)、コメディ栄誉賞を受賞した小松政夫さんの笑いと音楽に敬意を表して【小松政夫リスペクトライブ】を開催!

ポカスカジャン

浅草ジンタ

ホフディラン

SCOOBIE DO

フラワーカンパニーズ

Gentle Forest Jazz Band special guest vocal 浜野謙太

映画情報どっとこむ ralph 6組の豪華アーティストのライブの終盤では、小松政夫さんも飛び入り参加し、当時はマペットを使用し大ヒットした『しらけ鳥音頭』のジャズバージョンを披露!

小松さん:(「しらけ鳥音頭」の音楽で登場すると)この音楽が鳴ると体が勝手に動いてしまいます。たかだか40年ぐらい前のですかね。
(当時から使用しているマペットを持参し)あの鳥も、もう毛が全部抜けちゃいました(笑)
さらに、バラエティ番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で一世を風靡した『電線音頭』も熱唱し、
小松さん:(「電線音頭」を披露するにあたり)私はこう見えてもジャズミュージシャンになるか民謡歌手になるかという時期があって私はコメディアンを目指していたんですが、親父がどうしても民謡歌手になれと月謝を払って3年ぐらい教室に通わしてもらったんですよ笑

年齢を感じない切れのある踊りを披露、場内は大喝采に包まれました。

いとうさん:(リスペクトライブについて)今日はすごいメンバーが集まってくれました。貴重なものを生でみられる機会ですし、アーティストの皆さんも思いっきり個々の世界をみせていただいて、お客さんも笑ったり泣いたりして気持ちよく帰って貰いたいですね。

映画情報どっとこむ ralph ライブ後の「クロージングセレモニー」では、服部征夫台東区長より表彰状、河野純之佐台東区議会議長より金一封、全国米穀販売事業共済協同組合よりお米券が小松政夫さんに贈られました。
小松さん:(受賞してみて)本当に感激いたしました。この時代にとても嬉しいです。50年もやってきたのでご褒美かなと。もう映画祭は10年になるそうですが、これからどんどん大きくなるのかと思うとちょうど節目のいい時にこれを私がいただけてみなさん本当にありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph そして、共にお笑い界を支え、第4回コメディ栄誉賞でもある伊東四朗さんがサプライズ登場し、盟友小松さんへ表彰状を授与!
読みはじめるとボケを挟みつつ「あんたは偉エライ!と盛大な一言で締めくくり、昔と変わらぬ二人の掛け合いは会場を大いに盛り上がりました。

伊東さん:(小松さんをみて一言)パンフレットだと真っ黒い髪の毛だったのにわざわざ真っ白に染めてきたんですか?笑 (小松さんから「悪いねデートリッヒ」のギャグが飛び出し)今の若い人にこのギャグはわからないですよ。

小松さん:これは本物?

伊東さん:そしたら俺なんのために来たんだよ(笑)今年は昭和で言うと92年なんですよ、俺12年生まれだから80歳になるんですけど誰も祝ってくれないんだよ笑 本当は俺が今日もらいたいくらいです(笑)

本当のサプライズにしたいので伊東さんは車の中で待っていたとのことで

伊東さん:下に駐車場あるんですけど係の人が、俺がいつまでたっても出てこないから、あの人は何者なんだろうと怪しまれちゃいましたよ。(笑)

小松さん:(伊東さんの登場に対し)大サプライズですね。まさか伊東さんが来てくれるなんて。この前の別の打ち上げの時に私が遅れてしまって挨拶できなくてこの間はすいませんでした笑。

映画情報どっとこむ ralph
いとうさん:(クロージングセレモニーについて)サポーターの方々、映画業界の方々、コメディアンの素晴らしい先輩方、そしてお客さんというたくさんの方々に支えられてきました。したまちコメディ映画祭を10回続けてまして素晴らしい形になりました。今後どうなっていくのかわかりませんが、今回僕は本当に集大成だと思っております。たくさんの方々に本当に感謝しております。本日はどうもありがとうございました。
最後はゲストアーティスト・登壇者・サポーター・お客様による、「スーダラ節」の合唱で大盛り上がりの中、幕を閉じました。

***********************************

    


羽佐間道夫 したコメ声優口演10年間皆勤賞「エイドリア~ン!」と雄叫び


映画情報どっとこむ ralph 今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催しております。

水上音楽堂のラストを飾るのは、毎年恒例の人気企画、声優口演ライブ!!

今回は「没後40年チャップリン特集」を、羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、若本規夫さん、山寺宏一さんら豪華ゲストによる競演で盛り上げていただきました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:不忍池水上音楽堂
登壇:羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一、田原アルノ、中野裕斗、たなか久美、大野裕之(日本チャップリン協会会長)ほか

映画情報どっとこむ ralph オープニングトーク

キャストの皆さんが登壇すると、まずは羽佐間さんからのご挨拶。

羽佐間さん:嵐でどうなるかと思いましたが、稽古中、野沢雅子が『あたしが心で晴れにするから!』の一言で晴れてしましましたね。

流石、神様とトモダチ悟空!前日は大雨の影響でどうなることかと心配されていた会場も当日はラストにふさわしい天気に恵まれました。

「したコメ」第1回から毎年かかさず開催されるこの名物企画も、今年でちょうどしたコメと同じく10周年を迎え、羽佐間さん・野沢さん・山寺さんの三人は皆勤賞。

山寺さん:こんなにたくさん面白い企画がある中で10年この声優口演が、このしたコメでやらせていただけるのはうれしいことですよね。

と感慨深げに喜びのコメント。今回初めて声優口演をお客様も多く、

羽佐間さん:初めての方は大変ですよ~、笑い転げて。

今回はお客様にガヤ(アニメーションなどで「その他大勢」のガヤガヤした効果音のこと。)をやってもらう、という参加型のパートもあり、会場にはたくさんの声優志望の方達もたくさん来場していたこともあり、会場は大盛り上がり。

羽佐間さん:声優の最初の仕事はなんといっても、ガヤです。ガヤを経て私たちは少しずつ役をもらっていますリトマス試験紙のひとつで、ここでいい声か悪い声か、いい声だと若本(規夫)くんみたいになっていくんです。(笑)。


そんなオープニングトークの途中で、総合プロデューサーのいとうせいこうさんが登場。なんと羽佐間道夫さんの「したコメ」の皆勤賞をサプライズで表彰するため!

したコメサポーターたち手作りの、メガネケースでできたトロフィーと、ロッキーのような手作りのチャンピオンベルトのプレゼント。ここですかさず、ベルトをして、

羽佐間さん:エイドリア~~ン!!!

一言いただきました。

羽佐間さん:本当にありがとう。これをまいたのはロッキー以来ですが、大事にさせていただきます。寝るときには巻いて寝たいと思います。今日はよかった。ここまで生きてて。ありがとうございます。

と感無量のコメント。そして『チャップリンの勇敢』がスタートしました。大勢の豪華キャストの競演により、会場は大盛り上がりでした。


映画情報どっとこむ ralph スペシャルトーク

『チャップリンの勇敢』の上映後の会場に、山寺さんがお一人で再び登場。

山寺さん:第1回の公演でも、この水上音楽堂でやらせていただいたんですよね。なのでしたコメのスタートから携わらせていただいており、非常にうれしく思います。その時も『犬の生活』をやらせていただいたんですが、ほぼ100年前の作品で、音楽もチャップリンがつけているので、本当は誰もいじっちゃいけないんですよね。声入れなくても面白いからやっちゃいけないのに、やっちゃってて(笑)今回は、チャップリン協会の大野さんにご尽力いただき、久しぶりにやらせていただきます!

今回の演目実現の裏話を披露。

山寺さん:チャップリン家の人がやっていいといってくださって…なのでプレッシャーを感じています。(笑)

と緊張のご様子。何人もの役を一人で演じるということで、

山寺さん:目について、やりたい、と思った人に声を当てていくので皆さんの見ている人と声を当てている人が違うこともあるかもしれませんが、頑張ってついてきてください!

と上演前の意気込みを語りました。そして山寺宏一さんによる『犬の生活』がスタート。“七色の声”で会場を魅了しました。

映画情報どっとこむ ralph ゲストトーク

山寺さんの呼び込みで、キャストの方々が全員舞台に登場。

羽佐間さん:これをライブでご覧になった方は本当にラッキーですね。チャップリンがもし生きていたら、見事だなぁと思うんじゃないかと思いますね。

と大絶賛。

山寺さん:やっぱりやっちゃだめだって言われませんかね?

と恐縮

羽佐間さん:ここにくるまで何度も訓練して、徹夜して昼寝して…。

と羽佐間さんのボケに対し、

山寺さん:はい昼間寝てます!

と息の合ったトークも垣間見せつつ、

山寺さん:見れば見るほど、奥深く素晴らしい作品だなと思います。

と、チャップリンの魅力について改めて語った山寺さん。

羽佐間さん:声優口演に、こういう役者がいて本当に助かっています。マコ(野沢雅子さん)はこの口演では女をやらせていて、僕は制作会社になんでマコに女役をやらせないんだ!と文句を言おうと思っている。だってオッス!ばっかりじゃおかしいじゃない!女性役もすばらしいんです。

と、野沢さんの声優としての魅力についても熱弁しました。

山寺さん:世界の悟空ですから。

と山寺さんがすかさずフォロー。

するとここで、羽佐間さんの呼び込みで、日本チャップリン協会の大野さんが登場。チャップリンについての裏話をたくさん披露いただき、『犬の生活』には山寺さんだけが声をあてることが許されていることについて、

羽佐間さん:本当に誇りに思います。これだけ大野さんのように頑張っている人がいるおかげで、山寺だけに声をやらせよう、と。本当は僕のほうがうまいんですよ。(笑)

とコメント。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

羽佐間さん:小さいこどもさんからお年寄りまで、劇場に来ていただきたいというのが発端だったんです。チャップリンをあるおじいちゃんおばあちゃんと、アニメが好きなお孫さんが会話できる、そういう劇場空間を作りたいなと思ったんです。私たちががんばれば、家庭の雰囲気が良くなる、そんな狙いがあったんです。そしてまた、お年寄りになったら、お孫さんを連れて見に来ていただければとおもいます。今日は本当にありがとうございました。

と感謝のコメントでしめたのですが・・・サプライズのQ&Aのコーナーが設けられ、最後まで大盛り上がりの中イベントは終了しました。

***********************************



立川志らく師匠 シネマ落語 『素晴らしき哉、人生!』上映&落語『人情医者』


映画情報どっとこむ ralph 「第10回したまちコメディ映画祭in台東」2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)で開催。

「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただくとコンセプトの映画祭。

今回、シネマ落語 したコメ亭では、映画はフランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』を上映
監督:フランク・キャプラ、出演:ジェームズ・ステュアート、ドナ・リード

と共に、立川志らく師匠の落語の演目は『人情医者』。
普段では味わえない映画と落語の両方を堪能出来る贅沢な組み合わせを堪能しました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:雷5656会館・ときわホール
演者:立川志らく
MC:大場しょう太

映画情報どっとこむ ralph 志らく師匠:普段は、映画の上映をせずに(シネマ落語を)行うので、内容を丁寧に言いますけど、今日は前に映画を上映してるので、話さなくてもみんな知ってますね(笑)基本は同じですからね、でも話の先が読めないように、オチも変えてみたり、笑いがないところに笑いを入れてみたり。

MC大場:志らく師匠は映画も大好きで、日本映画監督協会に入っており監督もされてますよね

志らく師匠:自主映画で5本ほど制作しました、ジャンルは駄作ですけどね(笑)

MC大場:以前は別の映画祭でお会いし、舞台もされていて、多彩でありながら、シネマ落語をされるきっかけは何だったんですか?

志らく師匠:昔、映画監督になりたいという夢があったんですよね。それが今は落語をしていて。もし、自分が好きな映画を監督したらどうなるんだろうと思っていて、日本を舞台にリメイクするとしたら時代は江戸や明治にして、こうしてなど考えていたら落語でストーリーのベースは残しつつ、落語で挑戦してみようかなと。『スケアクロウ』で挑戦してみたんですけど、始めは評判が良くなかったんです。でもマニアックな映画だったんで、映画好きの人にしか分かってもらえなくて、わざわざその為に映画見てくださいっていうのも押し付けがましい気がして…それでお客さんを何とか、もう少し入れたいって思って、次回は『ダイ・ハード』の落語をします!と言ったらチケットがすぐ売れて、次の本番まで、1か月考えても何のアイデアも出てこない。苦し紛れで「姜馬」(落語の演目)がシチュエーションが『ダイ・ハード』に似てるなと思い、「姜馬」を一席した後、続けてしよう!徳川の埋蔵金を狙って、強盗が家に入り、妹が人質になって、天井裏に隠れながら進んでく。映画の中では、封鎖されたビルの中と外で無線でやり取りするシーンがあるのはどうやって、落語に置き換えようと考えていると「たぬきの恩返し」(落語の演目)のアイデアを使い、狸を無線代わりに使ってみたり、その為に「姜馬」の前に「たぬきの恩返し」も一席してから、『ダイ・ハード』のシネマ落語をしたのが受けて、そのあとからシネマ落語の前に一席、二席しておいて前振をするようになりました。そのやり方であれば『タイタニック』や『オーメン』、何でも出来ますね!でも『エクソシスト』は難しかったですね、30分やるほどのネタが出来ませんでしたね(笑)『ゴッドファーザー』も難しかった、登場人物が40人くらいいるので大変でしたね。『ジュラシックパーク』だけは、どう頑張っても恐竜は何に置き換えられるか、思いつかないですね(笑)


MC大場:話題作から、志らく師匠の好きな作品まで幅広く行っていて、皆さんが興味を持って落語を見るきっかけになればいいですね。

と、締めました。

***********************************