「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

あの『ヒプノティストー催眠ー』日本公開決定!



『ヒプノティストー催眠ー』の日本公開が決定致しました。

この作品『ドラゴン・タトゥーの女』に続く、北欧ベストセラー小説の完全映画化!

原作は翻訳権が各国で争奪戦となった程のスウェーデンの大ベストセラーなんだって。


監督は『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』、『サイダー・ハウス・ルール』など人々の心の機微を描く名手ラッセ・ハルストレム監督。

25年ぶりに故郷に戻って作り上げた、衝撃のサスペンスミステリーだそうです。

監督本人も「僕が今まで手掛けたことのないジャンル」と語る通り、ハリウッドでは決して観る事の出来ない、ラッセ監督の新境地を観ることが出来る作品です。

本作は企画上映“The North side もうひとつの北欧”内で公開され、ヒューマントラストシネマ渋谷とにて期間限定上映となります。

5/4(土)‐5/24(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷にて限定レイトショー


********************************************************************


【ストーリー】

ある日、ストックホルム郊外で一家全員がメッタ刺しされる陰惨な殺人事件が起こる。

一命を取りとめたのは長男である15才の少年ヨセフと、独立して家にいなかった姉のエヴェリンだけだった。捜査を担当する国家警察のヨーナ・リンナ警部は、かつて催眠療法の第一人者といわれていたエリック・マリア・バルクに、昏睡状態のヨセフから犯人の手掛かりを聞き出すため“催眠”を依頼する。ある理由から催眠は二度とやらないと誓っていたエリックだったが、姉のエヴェリンの命が危ないと訴えに負け、ついに催眠療法を解禁する…。


原作:ラーシュ・ケプレル著「催眠」
催眠〈上・下巻〉ラーシュ・ケプレル著
(ヘレンハルメ美穂訳/ハヤカワ文庫刊)
ISBN:〔上〕978-4-15-178851-2 〔下〕978-415-178852-9
刊行:2010年7月 早川書房

原作は2009年に発表され、スウェーデンで100万部を売り上げた大ベストセラー『催眠』(ハヤカワ文庫)。発表時、原作者のプロフィールが名前以外まったく不明であったため、ヘニング・マンケルなど有名作家の覆面作家説や、2004年に急逝したスティーグ・ラーソン(「ミレニアム」原作者)の生存説などもあがった。『催眠』は刊行前から翻訳権が各国で争奪戦となり、刊行後は爆発的なヒットとなった。本作はヨーナ・リンナ警部を主人公にシリーズ化され、既に8作まで構想があるという。2作目となる『契約』も既に出版済、映画化も決定している。

監督:ラッセ・ハルストレム(『サイダーハウス・ルール』)
キャスト:ミカエル・パーシュブラント(「未来を生きる君たちへ」)、レナ・オリン(『ショコラ』)
2012年/スウェーデン/117分/PG-12
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
© 2012 AB Svensk Filmindustri, Sonet Film AB,
  Filmpool Nord AB. All rights reserved.


5/4(土)‐5/24(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷にて限定レイトショー

6/1(土)‐6/14(金)
シネ・リーブル梅田にて限定公開


巨匠F.コッポラが誘う、ゴシック・ミステリーDVD


『地獄の黙示録』『ゴッドファーザー』3部作と映画界に偉大な功績を残している巨匠、フランシス・F・コッポラ監督。

近年も『コッポラの胡蝶の夢』や『テトロ 過去を殺した男』と精力的に作品を創出しているコッポラ監督の最新作、『Virginia/ヴァージニア』のBlu-ray&DVDのリリースが決定だそうです。

フランシス・F・コッポラ監督最新作『Virginia/ヴァージニア』
がついに1月11日(金)レンタル開始! 25日発売!

フランシス・F・コッポラ監督最新作
『Virginia/ヴァージニア』
がついに1/11(金)レンタル開始! 25日発売!
© Zoetrope Corp.2011

本作はあらゆるミステリー小説の原点といえる作家エドガー・アラン・ポーをモチーフにし、『トップガン』『ドアーズ』のヴァル・キルマー、『SOMEWHERE』『SUPER8/スーパー8』でイノセントな魅力を芳す美少女エル・ファニングを迎え描いたゴシック・ミステリー。ナレーションでコッポラの作品にも数多く出演してきた吟遊詩人トム・ウェイツが参加しています。

内容は

【OUTLINE】
★巨匠コッポラ×エル・ファニングの耽美なゴシックミステリー!
★映画界の若きミューズ、エル・ファニングが
 コルセット姿のゴシックロリータコスチュームで魅せる!
★エドガー・アラン・ポーをモチーフに、<過去>と<現在>
 2つの殺人事件が交錯する。
★コッポラ監督念願:ヴァル・キルマー主演!
 元妻ジョアンヌ・ウォーリーとの夫婦役。
★コッポラの独特な世界に誘うナレーションに、トム・ウェイツ。
★<セル特典>メイキングがコッポラの孫で写真家の
 あのジア・コッポラが撮影。
★ミニシアター公開ながら、東京では3週間すべての
 上映回が満席!映画ファンが劇場に殺到!
★フランス カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2012年の映画で
 堂々ベスト3に入る、シネフィル必見作品!

【STORY】
ミステリー小説家ボルティモア(ヴァル・キルマー)が訪れた呪われた街。そこでは、つい数日前に胸に杭を打たれた身元不明の少女が発見されたばかりだった。ミステリー好きの保安官にこの事件を題材とした小説の共著をもちかけられるボルティモア。そしてエドガー・アラン・ポーが宿泊したとされるチカリング・ホテルで起きた過去の凄惨な事件を知る。作家は謎の少女V.[ヴィー](エル・ファニング)に誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、<現在と過去>2つの事件の真相を紐解いてゆく。その先に予想しえない結末が待ち受けているとも知らずに・・・。

********************************************************************


『Virginia/ヴァージニア』


監督・脚本・製作:フランシス・F・コッポラ
出演:ヴァル・キルマー『ドアーズ』、エル・ファニング『SUPER8/スーパーエイト』
    ブルース・ダーン『モンスター』、トム・ウェイツ『Dr.パルナサスの鏡』
2011年/アメリカ/89分/カラー/アメリカンビスタ/
原題:TWIXT

□===========================================================□
【レンタル】1月11日(金) (TSUTAYAだけでDVDレンタル開始)
【セル】 1月25日(金) ¥3,990(税込)
■分数:本編89分
■レンタル: 発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル:発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:東宝

© Zoetrope Corp.2011
□===========================================================□

********************************************************************


パラノーマル・アクティビティ4


『パラノーマル・アクティビティ4』が世界でついに解禁された!
日本公開は… 11月1日  です
あまりに怖すぎるという口コミが広がり、世界中で“現象”を巻き起こした『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ待望の最新作『パラノーマル・アクティビティ4』が世界でついに解禁されました!

なぜ、ケイティは消えたのか─?
あれから5年─。事件は、遂に急展開を迎えます。


先週末から待ちに待った世界中の“パラノーマル・アクティビティ ファン”が劇場へ駆けつけ、全米を除く世界33か国でのオープニングが、シリーズ最高となるトータル興行収入2,650万ドルを叩き出した!!この数字は、シリーズ2の24.8%増、シリーズ3の11.5%増の成績です。

日本上陸するのは11月1日(木)…..です!
***********************************************************


◆イントロダクション

1988年、2006年にカリフォルニア州で発生した謎の未解決事件。その衝撃的映像は一般公開され、世界中で社会現象を巻き起こした。監視カメラに映るのは次々とエスカレートしていく信じがたい超常現象<パラノーマル・アクティビティ>。一連の事件に関与したとされる女性ケイティと、彼女に連れ去られた幼い男児ハンター。二人の消息はいまだつかめていない。だが、あれから5年後の昨年2011年、ある少女が撮影した映像から、二人とみられる姿が発見されたとの情報が。ケイティはなぜ消えたのか?連れ去られたハンターに何が起きたのか?全世界が注目する中、“すべて”がつながる<第4の映像>が、遂に解禁される??。
監督は、3作に引き続きヘンリー・ジューストとアリエル・シュルマンが手掛ける。製作は、1作目では監督を、全作でプロデューサーを務めている、本作品の生みの親、オーレン・ペリ。そして、脚本には、人気TVシリーズ「プリズン・ブレイク」の脚本を手掛けたザック・エストリンと、オーレン・ペリが担当し、2作目で失踪したケイティとハンターの新たな真相が果たして描かれているのか?世界中が注目をしている!!



◆ストーリー

2011年11月 ネバダ州ヘンダーソン。
閑静な住宅街に住む一家。ある日、近所に引っ越してきてから、原因不明の謎の現象が起こり始める。高校生のアレックスは、ホームビデオやモバイルPCを使いながら、この奇妙な現象を記録することに。ある日の夜、アレックスはテレビ電話で部屋を撮影しながらボーイフレンドに状況を伝えていた。画面は窓の外へ移る。すると、家の前で不気味にたたずむ一人の少年の姿が。目が合った瞬間、部屋の照明がちらつき、モバイルPC画面にノイズが走る。更に、家中のドアというドアが一斉に開き始めた。やがてアレックスの背後に想像を絶する「何か」の姿が…。
後に発見された映像には、身も凍る衝撃の決定的瞬間が映し出されていた。いったい何が起きたのか?

———————————————————————————————

 監督:ヘンリー・ジュースト & アリエル・シュルマン
 製作:オーレン・ペリ
 脚本:ザック・エストリン & オーレン・ペリ
 キャスト:ケイティ・フェザーストン
 
11月1日(木・映画ファーストデー)より
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国公開!