「サスペンス」カテゴリーアーカイブ

『BLUE BIRD』舞台挨拶 沖縄国際映画祭


『BLUE BIRD』
3日目となる3月25日(月)、沖縄コンベンションセンターのシアター2にて、地域発信型映画『BLUE BIRD』が上映され、上映後舞台あいさつに石田明さん(NON STYLE)、池端レイナさん、葉山豪さん、黄泰安さん、堀江慶監督が登壇しました。

この映画は香港国際映画祭と沖縄国際映画祭のコラボレーション映画で、香港の中華料理店を舞台に何やら訳ありの多国籍男女4人が繰り広げるリアルタイムサスペンスムービーです。

石田明(NON STYLE)
石田さんは「今回、演技初挑戦でしたが、いい経験ができました。映画祭をこれから盛り上げたいです!」とあいさつ。全編にわたり流ちょうな広東語での演技を披露した石田さんは「この映画の撮影が始まる3日前まで新婚旅行でハワイに行っていたんですよ。新婚旅行中も広東語の勉強してて、嫁に怒られましたよ!」と広東語の難しさを語りました。

「映画のシーンで池端さん演じる女性に『行かないでくれ!』という意味合いで『カウレイ』と広東語で言うシーンがあるんですけど、せりふを言うとスタッフから爆笑が起こるんですよ。発音が微妙に違うみたいで、現地の方には『ナンパしてもいいですか?』って聞こえるらしくて…」と、石田さんの苦労話に客席からは笑いが巻き起こりました。

池端レイナ
石田さんと同じく広東語での演技に苦労したという池端さんは「現地のスタッフの方に何度も発音のことで注意されて大変でしたが、とてもいい経験ができたと思います。日本人、台湾人、香港人という、さまざまな人種、文化が混じり合ったこの作品はとても素敵だと思いますし、参加できてとても嬉しく思います」と語りました。

作品の中で銃を乱射する役を演じた黄泰安さんは「映画は面白かったですか? 面白くなかったって言ったら銃出しますよ!」と、強面の顔で冗談を言うと観客はドッと沸きました。

アジアで活躍している葉山さんは香港の魅力について「香港映画は町全体がロケ地になることがあります。映画を観てから香港に行くと、実際のロケ地が見学できて楽しいと思います」と、香港がロケ地の映画ならではの魅力を語りました。
葉山豪
堀江監督は「香港のスタッフは自由でした。サボったりもするけど、少年のようにはしゃいだりもする。とても楽しい撮影で、それが映画の中にも表れていると思います」と語りました。

最後に石田さんは「ラストの僕の顔がザブングルの『悔しいです!』の顔っぽいので、そこにも注目してください」と客席の笑いをさそい、会場を後にしました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

********************************************************************




アンチヴァイラル ポスター完成!


アンチヴァイライル

5月25日にシネマライズ他にて公開が決定しております、カンヌ他数々の映画祭でも評価されたブランドン・クローネンバーグ監督の長編デビュー作品『アンチヴァイライル』の日本版ポスタービジュアルが完成です。

この日本版ポスタービジュアルと同じデザインのポストカードと、本国ビジュアルの血に濡れた唇のデザインのポストカード2枚セットが、劇場窓口にてお買い求めになった方への前売り特典となります。

アンチヴァイライル
アンチヴァイライル
5月25日(土)より、シネマライズほか全国ロードショー

ポスタービジュアル中央の青年は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のバンシー役が記憶に新しい精鋭ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、バックスチールの美しい女性は『危険なメソッド』『コズモポリス』にも出演のサラ・ガドンです。バックスチールは、デイヴィッド・クローネンバーグの娘で写真家でもある、ケイトリン・クローネンバーグが撮影したものです。

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ演じるシドは、セレブリティのウィルスを求めるマニアに病原を注射することで利益を得ている近未来のクリニックに勤務する青年。

ウィルスを闇ルートに横流しするという裏家業のせいで常に体調がすぐれないことから、体温計が手放せない。クリニック専属セレブリティ、ハンナの巨大看板の前で体温を測るシーンから始まる映画本編冒頭のショットが殺伐としつつも美しく、少し歪んだ近未来の構図とも思えるビジュアルで、日本版ポスターが作成されています。

********************************************************************


ANTIVIRAL
『アンチヴァイラル』概要
監督:ブランドン・クローネンバーグ
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
サラ・ガドン『コズモポリス』、マルコム・マグダウェル『時計じかけのオレ・塔W』
2012年/カナダ・アメリカ/108分/カラー/ドルビー・デジタル/原題:Antiviral
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
© 2012 Rhombus Media(Antiviral)Inc.
HP:http://antiviral.jp

★5月25日(土)より、シネマライズほか全国ロードショー★


『シュリ』から14年『ベルリンファイル』


ベルリンファイル
ベルリンファイル
韓国国家情報院の要員チョン・ジンス(ハン・ソッキュ)
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

あの『シュリ』から14年。韓国スパイアクションはさらなる進化を遂げ、衝撃とともに日本に上陸します。

それは。。。。

1月29日に韓国で公開されるや、緻密に仕立てられたプロット、強烈で緊迫したアクション、破滅的なロマンスが話題を呼び、映画史上最高の完成度との評価を受け現在700万人以上を動員、いまなお、大ヒット爆進中の『ベルリン(原題)』。

日本では、邦題:『ベルリンファイル』として、

待望の7月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開されます。

東洋の国なのに、韓国のスパイ映画って妙にリアルで良いですよね。

監督は、アクション映画の第一人者そして、ストーリーテラーでもあるリュ・スンワン。

キャストはハン・ソッキュ『シュリ』、ハ・ジョンウ『チェイサー』、チョン・ジヒョン『猟奇的な彼女』といった韓国で最高の役者達。

東西冷戦の場であったベルリンを舞台に、南北朝鮮の工作員たちの抗争を描くだけでなく、CIA、モサド、中東、ドイツ政府が複雑に絡み合う緻密で壮大な物語を作り上げた。冒頭から始まる一つの事件。その事件がまるで蜘蛛の巣のように広がり観客の心を絡め取る。全てが伏線となり何一つ見逃せないストーリー展開、そして驚愕の結末。まさに韓国映画の枠を超えた、映画史上に残るハイブリッドスパイアクションの誕生である。
ベルリンファイル1
ベルリンファイル
妻で大使館の通訳官ヨン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)

ストーリーは

ベルリンに常駐する韓国国家情報院の要員チョン・ジンス(ハン・ソッキュ)は、アラブ組織の武器売買を監視中に、国籍不明、指紋さえ検出されない通称“ゴースト”と呼ばれている北朝鮮の秘密要員ピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)の存在に気づき、追跡を開始する。一方、ベルリン市内に同じく北の秘密要員トン・ミョンス(リュ・スンボム)が現れる。

北朝鮮主席・キム・ジョンイル死後、ベルリンの北朝鮮大使館を掌握するために派遣された男だった。 彼からジョンソンは、妻で大使館の通訳官ヨン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)に二重スパイの疑いがあることを知らされる。

その嫌疑を晴らすためジョンソンは奔走するが、彼女の亡命しようとしている行動を知り愕然とする。告発したミョンスの狙いは何処にあるのか?ジンスは敵か味方か?更には、アメリカ、アラブの思惑も交錯し世界を巻き込んだ戦いが“陰謀都市ベルリン”で始まる。


生き残るのは果たしてー

ベルリンファイル2
ベルリンファイル
北朝鮮の秘密要員ピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)
7月13日(土)

新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショーです!

早く観たい。。

『ベルリンファイル』
監督・脚本:リュ・スンワン(『生き残るための3つの取引』)
武術監督:チョン・ドゥホン(『G.I.ジョー バック2リベンジ』)
キャスト:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ハン・ソッキュ(『シュリ』)
      チョン・ジヒョン(『猟奇的な彼女』)
      リュ・スンボム(『クライング・フィスト』)
配給:CJ Entertainment Japan
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
********************************************************************