「か行」カテゴリーアーカイブ

リリー・フランキー映画『凶悪』キャスト発表&公開初日決定!!


若松プロダクション出身、白石和彌監督の長編デビュー作『凶悪』。

警察も知らない殺人事件を、死刑囚の告発を頼りに一人の雑誌記者が明るみに出し、首謀者逮捕に至らせたという実在の凶悪殺人事件を題材としたベストセラー 『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)の映画化です。

この度、公開日が9月21日(土)に決定したことと、キャストが発表されましたのでご報告。

主人公である、事件の真相を追う記者・藤井役には若手実力派俳優・山田孝之。
警察も知らない事件を暴くため奔走する様は、ジャーナリズムの真髄を衝きながらも、徐々に明らかになっていく事件の真相と心の闇に囚われ、正義心が狂気へと変貌していく様は人が持つ危うさを見事に体現していて、その鬼気迫る演技が注目を浴びることは間違いありません。

物語のすべての始まり―。

獄中から衝撃の告白を展開し、藤井と未解決事件の接点を見出す死刑囚・須藤役には大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧。
数々の殺人事件の実行犯であり、暴力の魔力に取り憑かれたかのような凶悪人物でありながら、時に垣間見せる人情味。その二面性ある繊細なキャラクターを演じます。

そして、須藤によって告発された殺人事件の首謀者と目される、先生(役名:木村)を演じるのは、イラストレーター、文筆業、俳優など多種多彩なジャンルで活躍するリリー・フランキー。
狡猾な知能と狂気を併せ持ち、金のためにいとも簡単に殺人を犯す、悪の権化ともいうべき絶対的”凶悪”を怪演。人が持つ善悪の境界線を崩壊させていく姿は、映画史に傷跡を残したキャラクター、『ダークナイト』のジョーカーを彷彿とさせます。

誰も観たことのない個性溢れるキャストのコラボレーションが、正義と狂気がせめぎ合うセンセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか!?

人間誰しもが持つ狂気をあぶり出す深いテーマは、日本国内に留まらず、世界中の映画祭で衝撃を与えることは必至です。

山田孝之
山田孝之@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会
 
【山田孝之 コメント】
脚本を読ませていただいたときに、是非この作品に参加したいと思いました。タイトルの通り「凶悪」な内容ですが、雑誌記者である藤井が、須藤と木村の狂気、事件の異常さに触れて変わっていくところに面白さを感じました。正義とはあくまで自分の中だけにあるもので、それは時として他人にとっては悪とも成りうるものだと思います。藤井が持つ正義心は木村への強い憎しみへ変わり、いつしか狂気の方向へ暴走してしまう。その感情の変化がこの映画では何よりも重要と感じていたので、実話ということを深く意識せず、脚本に書かれた藤井の人物像を理解し、表現することに注力しました。人間誰しもが持つ二面性を、リアリティをもって伝えることが出来ればと思っています。また、この作品には無視することのできない要素がたくさん含まれていると思っています。エンターテイメントとしてだけで終わることなく、観た方それぞれが、今自分が置かれている環境や社会について考えるきっかけとなれば嬉しく思います。

ピエール瀧
ピエール瀧@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会

【ピエール瀧 コメント】
人殺しで死刑囚の役と聞き、「須藤という人物と同じ気持ちになることはできない」と正直に思いました。ですが、監督から強い覚悟と決意を感じたので、この作品に参加させていただきたいと思いました。この事件について、お話しをいただくまでは知りませんでしたが、原作本の印象はリアリティがあり過ぎて、とてもネガティブな気持ちになったのを覚えています。暴力シーンを初めて演じた時は嫌な気持ちでしたが、お芝居を重ねるうちに徐々にその気持ちが薄れていく感覚がありました。それが、暴力が持つ魔力であり、暴力の本質なのではないかと思います。今回、「凶悪」なお芝居で競演したリリー・フランキーさんは日頃から親交がありますが、ここまでしっかりと二人でお芝居をしたことは初めてなのでとても新鮮でした。

リリー・フランキー
リリー・フランキー@『凶悪』
(C)2013 「凶悪」製作委員会

【リリー・フランキー コメント】
木村役を演じることにひどく消耗しました。木村という人物を「殺人を犯すことを何とも思わず、お金がなくなることへ恐怖を感じている人物」と理解していましたが、この役を演じることは本当に疲れました。そんな木村や須藤は常軌を逸した人物だけれども、どこか普通の人間らしい一面も時にはあり、また藤井は正義なのか偏執狂なのかわからない。それぞれの二面性が描かれて魅力的な脚本でした。原作も脚本の後に読ませていただきましたが、「こんなにも悲惨な事件が日常に行われていたのか」という驚きとともに、色々と考えさせられる部分がありました。木村は目的のために一見冗談っぽく殺人を起こしていきますが、監督の演出が素晴らしく、妙なリアリティがそこにはありました。またリアリティという面でいうと、劇中でピエール瀧さん演じる須藤に睨まれた時、役を越えて本当に悲しい気分になりましたが、昔からよく知っている彼との関係が、木村と須藤の関係性にも反映され、芝居によりリアリティを持たせることができたと感じています。

今秋、究極の狂気が全世界を挑発する!

日本公開は9月21日(土)。

********************************************************************



映画『凶悪』の紹介
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件の他に、数々の殺人事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?”先生”とは何者なのか?事件に取り憑かれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?

『凶悪』
出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編
    『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
企画協力:新潮社 配給・宣伝:日活 
(C)2013 「凶悪」製作委員会
www.kyouaku.com

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー


ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリスト 渾身を観賞!!


ミス・ユニバース・ジャパンは、2013年度のファイナリスト43名を対象とする育成プログラムを、本日1月18日(金)より 本格始動。

そして、日本特有の文化や家族、地域の人々との絆など、日本の心を学ぶプログラムとして映画「渾身 KON-SHIN」 を観賞し、日本大会への意気込みや地元への想いを“書初め”に込めました。

映画「渾身 KON-SHIN」を観賞後、

山口県代表の池田遥夏さんは「勝負は、ただ勝てばいいのではない。相手を気遣う 度量の大きさが必要だと、映画を通し、日本の心を感じられました」。

富山県代表の平野里奈さんは、「日本らしい文化や しきたりに触れ、清らかな気持ちになりました。古典相撲を通し、家族愛、地域の方々の温かさに感動し、私も地元の方々 に感謝したいと思います」

と、感想を述べています。

また、それぞれが自分の境遇と重ね合わせ、熱い想いを文字に込め、 真剣に筆を走らせました。腕前は写真を見てみて。

今後43名のファイナリストは、育成プログラムの一環としてトレーニング、チャリティー活動、プロモーション活動を行い、 2月中旬から2週間にかけて実施されるトレーニング合宿「ビューティーキャンプ」を経て、2013年3月4日に東京国際 フォーラム・ホールAで開催される「2013 ミス・ユニバース日本大会」に参加し、日本代表を目指します。

皆さんが観た 映画「渾身 KON-SHIN」とは

20年に一度開催される隠岐諸島の伝統行事・古典大相撲を通して、家族や地域の人々の“思いやり”や“絆”を描いた感動作。監督は「白い船」「うん、何?」など島根県を舞台にした作品で知られる錦織良成。

主演は伊藤歩、青柳翔(劇団EXILE)。

2013年1月12日より全国公開されてます。
公式ホームページ http://kon-shin.jp/


********************************************************************


みんな、誰かの初恋だった『建築学概論』公開決定


『建築学概論』2013年初夏ロードショー決定
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
みんな、誰かの初恋だった。

韓国で社会現象となる“初恋ブーム”を巻き起こした「建築学概論」の日本公開決定&特報が完成致しましたのでご紹介!



映画「建築学概論」は、大学の初恋の相手だった女性が15年後に突然現れ、建築士の自分に家を建ててほしいと頼むことから始まる物語。

過去と現在を行き来しながら、現在の家を建てる過程と初恋の思い出を回想する構成となっており、現在の主人公ソヨンとスンミンをハン・ガインとオム・テウンが、20歳のころのふたりをK-POPグループ“Miss A”のスジと俳優イ・ジェフンが演じます。

この映画は恋愛ものなのですが、男性たちが“泣ける”と熱狂。

爆発的クチコミと驚異的なリピート率で410万人を動員し、韓国のこれまでの「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えました。

そして、本作で抜擢された新人たちも大ブレイク。
若き日のソヨンを演じたスジは“国民の初恋”と呼ばれ、第二のチョン・ジヒョンと目され、2012百想芸術大賞新人女優賞を受賞。(スジさんはTVで放映されていた「ビッグ」の自由奔放な役の女優さんですね。)

また若き日のスンミンを演じたイ・ジェフンはプサン映画祭の閉幕式MCに抜擢され、スンミンの親友を演じたチョ・ジョンソクは2012青龍映画賞新人男優賞を受賞しました。

それから..
本作で撮影に使われたチェジュ島のソヨンの家は、撮影後一度取り壊されましたが、2013年3月に再建築され、ファンたちが集えるように『カフェソヨンの家』として開放される準備が行われています!

映画振興委員会主催’2012年韓国映画観客1億人突破記念イベント “で、1000万人動員した「泥棒たち」「王になった男」を押さえ『もう一度見たい映画NO1』に本作が選出され、また2012年流行語大賞では映画部門で唯一本作のナプトゥギの口癖「どうする、お前」が江南スタイルなどと一緒に選出され、さらなる“建築学概論”旋風をおこしているそうです。

で、まとめてみると

初恋現象その1:
公開されるやいなや爆発的口コミと驚異的なリピート率で「頭の中の消しゴム」(256万人)、「私たちの幸せな時間」(313万人)という恋愛映画の興行成績を6年ぶりに塗り替えた!

初恋現象その2:
映画振興委員会主催イベントで『もう一度見たい映画NO1』にイ・ビョンホン主演「王になった男」(日本公開2013年2月)などの数々のヒット作を抑え、本作が選ばれた!

初恋現象その3:
本作で人気グループ“MIss A”スジは“国民の初恋”と呼ばれ、大ブレイク!

初恋現象その4:
流行語大賞では本作のセリフ「どうする、お前」がノミネート!

初恋現象その5:
本作の撮影に使われたソヨンの家が、ファンの熱い声によって、撮影後取り壊されたものが再建築される!

そして、色々な賞のノミネート&受賞の数々。
2012青龍映画賞7部門ノミネート/
脚本・撮影・照明・美術・音楽・新人男優受賞(チョ・ジョンソク)・新人女優
2012大鐘賞4部門ノミネート/監督・助演男優・新人男優・新人女優
2012百想芸術大賞4部門ノミネート/新人男優・新人女優受賞(スジ)・男性人気・女性人気
2012韓国映画評論家協会賞 音楽賞受賞

公開は2013年初夏。
新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!

待ち遠しいですね。

********************************************************************

『建築学概論』

【STORY】
建築家スンミン(オム・テウン)の前に、15年ぶりに家を建ててほしいと現れた謎めいた美女ソヨン(ハン・ガイン)。彼女はスンミンの大学時代の忘れられない初恋の相手だった。ソヨンの難しい要望を聞きながら、スンミンは彼女の実家であるチェジュ島の家を完成させていく。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そしてよみがえる不器用に失ってしまった愛の記憶と、新たに生まれてくる暖かな感情。しかしスンミンには婚約者がいた。やがて、ふたりのつくる家が完成するとき?。

【STAFF】監督:イ・ヨンジュ 『殺人の追憶』(03)ポン・ジュノ監督のもとで演出部として参加。
『不信地獄』(09)で監督・脚本デビュー、本作は監督2作目。
監督自身が建築学科出身である。
【CAST】
オム・テウン 「シルミド」「魔王(TV)」
ハン・ガイン 「マルチュク青春通り」「太陽を抱く月(TV)」「赤と黒(TV)」
スジ 「ドリームハイ(TV)」「ビッグ(TV)」本作で2012百想芸術大賞新人女優受賞
イ・ジェフン 「高地戦」「ファッション王(TV)」2011大鐘賞&青龍映画賞&映評賞の新人賞受賞
チョ・ジョンソク 「キング(TV)」 本作で2012青龍映画賞新人男優受賞

(韓国/2012年/117分/カラー/韓国語/原題:建築学概論/2012.3.22韓国公開)
提供:ショウゲート/アット エンタテインメント
公式サイト:www.kenchikumovie.com
公式ツイッター:@kenchikumovie
公式FACEBOOK:kenchikumovie
© 2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
2013年初夏、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー!!