大力拓哉&三浦崇志の代表作『ニコトコ島』 & 『石と歌とペタ』 遂に劇場公開!


映画情報どっとこむ ralph 10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される、知られ ざる奇才、大力拓哉と三浦崇志の共同監督による『ニコトコ島』と『石と歌とペタ』2作品の予告編、メインビジュアルが解禁です。

2007 年のデビュー作『タネ』からコンビを組み、以降旺盛に作品を発表し続けてきた大力拓哉と三浦崇志。

映画情報どっとこむ ralph イメージフォーラムフィルムフェスティバル2009で大賞を受賞し、第 62 回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に招待された『ニコトコ島』(08)は、細緻で大胆な構図によるモノクロームのビジュアルが印象的な作品。

監督ら自身が出演し、大阪弁の不 可思議なモノローグが続く中、、三人の男がフェリーに乗って謎の 島を旅するという物語である。この度は、解禁された予告編では、 登場人物たちが“山”とは何なのかを巡って一見、他愛の無い言 葉のやり取りをした後に「僕ら、もしかして何にも分かってない んちゃうん」というセリフが映画全体を貫く通奏低音のように聴 こえてくる。 続く『石と歌とペタ』は第 7 回ローマ国際映画祭で招待上映された作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ニコトコ島』とは一転、軽快な音楽と、 ビビッドなカラー映像のセンスが光る。物語は「石」と「歌」、そして全く正体不明の「ペタ」と名乗る者たちが“ど こかへ向かう”ロードムービー。「石」「歌」「ペタ」と名乗ってはいるものの、やはり監督自身らがそのまま登場して いる。森に行き、草原を走り、まるで子供のように遊び続ける彼らはどこに向かっていくのか? 「死ぬときは死ぬも んなあ。もっと遊ばななあ」という劇中の言葉からも分かる通り、本作は彼らなりの青春映画なのかもしれない。 海外の高い評価にもかかわらず国内では映画祭以外ほとんど上映されてこなかった彼らの作品がついに一般公開と なる。世界でも類を見ないオリジナリティを発揮し続けている大力拓哉&三浦崇志の作品は、引き延ばされた無為の 時間に遊びながら、「ひとはなぜ生きるのか」「死とは何か」という根源的な問いを、いたって軽やかに問い続ける。

今回、解禁されたメインビジュアルを手がけたのは、80 代より「ガロ」「ヘヴン」「クイック・ ジャパン」「ユリイカ」など数多くの雑誌デザインの仕事も印象的な羽良多平吉氏。二人の作品をかねてより高く評価 してきた羽良多氏たっての希望で今回のコラボが実現。

映画情報どっとこむ ralph しりあがり寿先生、岡田利規先生からのコメントです

しりあがり寿(漫画家)
「デジタル」とか「パソコン」の時代に、すごく手作り感あふれる映像で、一つの画面の中にちっちゃーな事から、大き な事まで、くだらなーい事から、大切な深ーい事まで入っていて、それがユーモラスに語られて長い時間飽きさせな い。素晴らしいとおもいましたね。新鮮なスタイルの作品で、「オレもああいうの作ってみたい」と思う人がこれからどん どんでてきそうな、新しい可能性を感じました。(『ニコトコ島』へのコメントより)

岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ代表)
『ニコトコ島』も『石と歌とペタ』も、出てくる三人組は生半可なこどもみたい。もしくは、生半可な原始人。退屈さとたわ むれる、ということだけをしている。それだけをして生きているような、夢を造形した映画。わたしが彼らから目が離せ なかったのは、たぶん羨ましかったからなんだろう。 意味の無い、目的の無い、価値の無い、その自由。 彼らの生半可さは挑発的で、かつ魅惑的だ。


ぜひ映画公開を楽しみに!

『ニコトコ島』
Exif_JPEG_PICTURE

『石と歌とペタ』
シアターイメージフォーラムにて 10 月 14 日(土)より公開!以降全国順次

***********************************

『ニコトコ島』(2008/日本/47 分/モノクロ/4:3/DV) 大力・松田・三浦の3人は船に乗る。船に乗って、彼らは「どこか」へ向かう。とある 島に到着した3人は、どこへ向かうでもなく、おしゃべりしながら岩山や森を歩き続け る。誰か一人が死んでも、彼らは歩き続ける。 ◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志◆音楽:松 田圭輔、大力拓哉

『石と歌とペタ』(2012/日本・フランス/60 分/カラー/4:3/DV) 石と歌とペタの3人は、出会い、一緒に旅をする。目的地があるから迷う、ということ に気付いた3人は、目的を「いろんなところへ行く」に変更する。 話したり、遊んだり、歌ったり、夢を見たりしながら、3人の現実と非現実の狭間の 旅は、終わることを知らない… ◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志、中尾広道◆音楽:松田圭輔、松永康平、ラ シャード・ベッカー、大力拓哉◆サウンドエディット:大力拓哉◆タイトルデザイン: 橋本新◆協力:中尾広道、岡本珠希◆プロデューサー:岡本珠希(CaRTe bLaNChe)、 Dairiki&Miura◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

シリーズ完結編『バーフバリ 王の凱旋』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 2016年にインド映画史上歴代最高興収!!!

本年4月に世界各国で公開され、全米映画ランキング初登場第3位&インド国内興収歴代1位!と前作の記録を全ての面で塗り替えた『バーフバリ 伝説誕生』の待望の続編にして完結編の邦題が『バーフバリ 王の凱旋』に決定!

規格外のスケールで世界を魅了する本作の日本公開日は、12月29日(金)より新宿ピカデリー、丸の内TOEI他全国順次ロードショー!にて決定しました。

そして本編同様強烈なインパクトを放つ日本版ティザー・ビジュアルも完成。解禁です!

映画情報どっとこむ ralph インド映画の歴史を変えた驚異のアクション・エンタテインメント「バーフバリ 伝説誕生」そのすべての記録を塗り替えた待望の続編にして完結編。数奇な運命に導かれた伝説の戦士バーフバリ。祖父、父、息子、三代に渡る壮絶な愛と復讐の一大叙事詩が、ここに興奮と感動のフィナーレを迎える!

さらに激しく、巨大に!伝説のその先へ!
前人未到、宇宙最強の愛と復習がスクリーンに裂する!

これは全世界を熱狂&驚愕させたインド映画史上最大のスーパー・エピック・スペクタクル、映画を超えた体験がここにある!!

映画情報どっとこむ ralph 数奇な運命に導かれた伝説の戦士バーフバリ。祖父、父、息子、三代に渡る壮絶な愛と復讐の一大叙事詩が、ここに想像を遥かに超えた興奮と感動のフィナーレを迎えます!ご期待ください!!

『バーフバリ 王の凱旋』

原題:Baahubali2-The Conclusion
公式HP:
http://baahubali-movie.com/

物語・・・
遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

***********************************

監督・脚本:S.S.ラージャマウリ(『バーフバリ 伝説誕生』『マッキー』)
撮影:K.K.センディル・クマール
音楽:M.M.キーラヴァーニ

出演:プラバース/ラーナー・ダッグバーティ/アヌシュカ・シェッティ/サティヤラージ/ラムヤ・クリシュナ/タマンナー/ナーサル

2017年/インド/テルグ語
配給:ツイン
© ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
      


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

深川麻衣 初主演!相手役は三代目JSB 山下健二郎『パンとバスと2度目のハツコイ』


映画情報どっとこむ ralph モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー

昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣さんが、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演、初主演、初映画祭出品することが決定しました!!

深川麻衣さんは、乃木坂46一期生としてメンバー入りし、14thシングル「ハルジオンが咲く頃」で初のセンターを務めるなど人気を博すなか2016年6月に卒業。
本作は初となる映画出演であり、初主演です!

深川麻衣さんからのコメント
登場人物達が、今泉監督の描く、あたたかく繊細な時間の中で、色々な「好き」の形を模索していく作品です。劇中に出てくる人達は、みんなどこまでも正直で愛嬌があって、とても魅力的でした。映画の撮影は、私にとってこの作品が初めてだったので、自分の中でも凄く大切な作品になりました。東京国際映画祭へ出品されるという事で、1人でも多く、たくさんの方の元へこの映画が届いたら嬉しいです!

映画情報どっとこむ ralph 共演は、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する他、舞台や映画へ俳優として出演、ラジオのパーソナリティーと、今の時代に合わせた変幻自在な表現を求め、幅広い活動を行っている山下健二郎さん。

山下健二郎さんからのコメント
・本作に参加しての感想
今泉監督の世界観を肌で感じる事ができたので自分にとってとても貴重な時間でした!役者をやるにあたって何かとても大切な物を得た作品だったので感謝しております。自分にはない引き出しが増えたような気がします。

・お客様への見所
全く異なる恋愛観を持つ2人の人間模様です。モヤモヤした感じ、ホッコリ出来る場面などがあり色々と想像をかきたてられる作品となっています。

映画情報どっとこむ ralph 作品は、恋愛映画の旗手:今泉力哉監督が描くオリジナル恋愛ストーリー。

今泉力哉監督からのコメント
これは、私の家の近所にある路線バスの車庫に、洗車機を見つけたところから着想した物語です。
私はいつも、どこか自信がない人、孤独な人、不器用な人などを描きたいと思っていて、今回もそんなお話になっています。
キャストの深川さんはもちろん乃木坂の頃から知っていて、その穏やかさ、真面目そうなところ、気を遣いすぎそうなところなどが(どれもイメージですが)ふみにぴったりだったと思います。山下さんにも同じことを感じました。すごく誠実で実直でどこかチャーミング。たもつそのものだったと思います。ご一緒できて楽しかったです。これはどこにでもいる普通の人々の恋愛話です。ぜひご覧ください。

また、主題歌は、その歌声の温かさと力強さから「太陽の歌声」の異名を取るLeolaさんが担当。映画制作段階から監督とディスカッションを行い本人が書き下ろした楽曲「Puzzle」。映画本編のエンディングにそっと寄り添い優しくも深みのある余韻を与える。

Leolaさんからのコメント
「この度は、映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の主題歌に起用して頂き、本当に光栄です。
とってもピュアで透明感のあるこの映画の世界と、深川麻衣さん演じる主人公の”ふみ”の心の色や表情の奥にある言葉たちを、この曲で表現できていたら嬉しいです!」

映画情報どっとこむ ralph 物語は、「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まります。

プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。

「初恋相手は、今でも相変わらず魅力的だぁぁぁぁあ!!」”恋愛こじらせ女子“の面倒な恋が動き出す!?「結婚」をテーマに、コミカルで人間交差点的な今泉力哉ワールド全開の恋愛群像劇が繰り広げられます。



本作は、10月25日〜11月3日開催される第30回東京国際映画祭に、特別招待作品として出品することが決定しており、映画祭期間中にワールドプレミア上映が予定されています。


パンとバスと2度目のハツコイ

2018年2月17日イオンシネマにて全国公開

公式サイト:www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)
     伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」 Leola (Sony Music Associated Records)
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ