「映画情報」カテゴリーアーカイブ

坂本龍一氏が国際映画製作者連盟賞を受賞


本日、アジア太平洋スクリーンアワード(Asia Pacific Screen Awards : APSA) および国際映画製作者連盟(International Federation of Film Producers Associations: FIAPF)により、2012年の国際映画製作者連盟賞(以下:FIAPF賞)が国際的に有名な日本の作曲家、俳優、そして音楽家として活躍する坂本龍一氏に授与されることが発表されました。氏のアジア太平洋地域の映画界における優れた業績を評価してのものです。



坂本龍一氏は、映画音楽の作曲において、これまでにアカデミー賞(Oscar®)およびグラミー賞(Grammy®)の受賞、またゴールデン・グローブ賞(Golden Globe®)を2回受賞されており、11月23日にオーストラリアのブリスベンで開催される第6回APSA授賞式に自ら出席される予定です。
今年の授賞式で、坂本氏による2曲の演奏が確定しており、オーストラリアでの特別パフォーマンスは授賞式のハイライトになると思われます。

また長編アニメーション部門に挙げられた5作品のうち4作品が日本からで、各候補作品のプロデューサーには(以下敬称略)、『コクリコ坂から』(鈴木敏夫)、『ももへの手紙』(石川光久 池田宏之、渡辺繁、濱名一哉)、『虹色ほたる』(梅澤淳稔)、『おおかみこどもの雨と雪』(齋藤優一郎、伊藤卓哉、渡邊隆史)が候補に挙がっています。

子ども映画部門の候補に日本から是枝裕和氏の監督作品、『奇跡』(プロデューサー:小池賢太郎 / 田口聖、協力プロデューサー:小竹里美)が挙がりました。ドキュメンタリー映画部門では日・韓・フィンランドの合作『かたつむりの惑星(Planet of Snail)』 (プロデューサー:キム・ミンチュル、ギャリー・カム、協力プロデューサー:ジェン・ニスカラ、今村研一)がノミネートされています。

今年で6回目を迎えるアジア太平洋スクリーンアワードでは、日本から6作品がノミネートされており、トルコと並んでノミネートの本年最多数の国です。日本からの映画は、ドキュメンタリー映画部門、長編アニメーション、および子ども映画部門の3部門で候補入りを果たし、各部門の最優秀賞の受賞者はアジア太平洋スクリーンアカデミー会員により選出されます。

アジア太平洋スクリーンアワードは、イベンツ・クィーンズランドの協賛によるオーストラリアのクィーンズランド州政府の国際的な文化イニシアティブで、ユネスコおよび国際映画製作者連盟の支援を受け、欧州映画アカデミー、オーストラリア映画協会(Australian Film Institute: AFI) 、およびオーストラリア映画テレビジョン芸術アカデミー(Australian Academy of Cinema and Television Arts: AACTA)と提携しています。


少女たちは涙の後に何を見る?


AKB48の2012 年を追ったドキュメンタリー映画

『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain
 少女たちは涙の後に何を見る?』

は2013年2月1日(金) 全国公開です!。



本作は、今年最大の事件となった前田敦子の卒業公演や念願の東京ドーム公演の感動の舞台裏、さらに前田卒業後の新たに進化し続けるAKB48 の第2 章へ突入していく姿を完全密着しています。

「2012年のAKB48は、ドラマティックな一年だった。
しかし、その裏側は、もっと、ドラマティックでセンセーショナルなものである。」
秋元康さんのコメントです。

***********************************************************


『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』
公開:2013年2月1日(金)全国公開
企画:秋元 康/監督:高橋栄樹/
出演:AKB48/
公式HP:www.2012-akb48.jp
©2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

2012 年1 1 月下旬より全国上映劇場、AKB48SHOP にて販売(予定)


アクセッション 増殖


東京国際映画祭(TIFF)

南アフリカのリックス監督に直接いただいたチケットで
「アクセッション 増殖」観て来ました。



映画終わりには監督を交えたQ&Aが行われました。


感想は。。。。

重いです。

題材がHIVに、レイプ。


そして、これが南アフリカの現実。

監督の話では1つのこれという事件ではなく、日々起こっている多くの事例を映像にしたそうです。

27日(土)にも 18:10 – 19:58 で上映されますので興味のある方はごらんになってみてはいかがでしょうか。

この映画が観れるのも東京でやる映画祭ならではな気がします。

映画好きでどんな作品も観るヘビーユーザー向きかもしれません。

作品解説

アクセッション ― 増殖   Accession [ Accession ]

監督:マイケル・J・リックス

南アフリカの都市郊外で、定職もなく手当たり次第のセックスで気を晴らす青年が、HIV感染の疑いから逃れるために取った恐るべき行為とは。迷信と無知の恐ろしさが徹底してミニマルな手法で描かれ、監督の強い個性に貫かれた衝撃の作家映画。

撮影地は、ヨハネスブルグの南東に位置するドゥドゥザ地域近辺。現地の暮らしがリアルに描かれる一方、目を背けたくなるような深刻なテーマを強烈な作家性で描き切っている。英題のAccessionという単語には「何らかのものの所有者になり、それを受け入れること」、そして「何かが加わることによる増殖」という意味があると監督は語る。主人公の置かれた環境、彼の感情とその行動を示唆するタイトルの真の解釈は、観客に委ねられている。


***********************************************************