「SF」カテゴリーアーカイブ

シャア出撃! VR体験してきた!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のアニメシリーズ。

ジオン公国が地球連邦に対し宣戦布告した独立戦争に、ついに突入します。「ルウム戦役」を全2話で描いていく『ルウム編』。その人類史上初となる宇宙での人型兵器を投入した未曾有の戦争を描いていきます。

「激突 ルウム会戦」を2017年9月2日に上映スタート!
「誕生 赤い彗星」が2018年5月5日(土)に劇場上映されます!

そして! 9月19日(火)より新宿ピカデリー1F 特設ブースにて開始されるVR体験を、一般公国民への公開に先駆け、体験してきました!
*なお体験写真はスタッフのお嬢さんにモデルになってもらいました!

日時:9月14日(木)
場所:新宿ピカデリー
搭乗:記者TJ

映画情報どっとこむ ralph VRのタイトルは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』


ルウム戦に向けて、出撃準備中のMS-06S 専用ザクⅡに搭乗し、シャア中尉になりきりパプアから出撃! 地球連邦軍の主力艦隊に立ち向かいに行く! ジオン軍のエースパイロットとして活躍する様を体感せよ! というもの。
モビルスーツが横になって格納されているジオンスタイルの艦内。自機となる赤いザクを見下ろすところからVRは始まります。
コックピットに乗り込むと自分の足が赤い制服になってます!


それでは、見せてもらおうかVRの性能とやらを!
出撃!!!

映画情報どっとこむ ralph この体験ができるのは9月19日から新宿ピカデリー1階ロビー特設ブースにて!

特設ブースの壁面には第5話「激突 ルウム会戦」の名シーンの原画展示もありますので、こちらも楽しんで!

映画情報どっとこむ ralph 【参加方法】
体験を希望される当日の日付が入った「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突 ルウム会戦」の新宿ピカデリー劇場入場券を会場へお持ちください。

予約優先となりますので、専用サイトでの事前予約をおすすめします。

※視聴予約受付:9/2(土)12:00より
※前売券は対象外となります。体験を希望される当日の劇場入場券をお持ち下さい。
※劇場入場券の再発行は応じることができません。

VR映像演出:京極尚彦(「ラブライブ!」監督)
制作:サンライズD.I.D.スタジオ
企画・製作:サンライズ
©創通・サンライズ

映画情報どっとこむ ralph そして、

現在、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』は全国 35 館にて劇場上映中!(4週間限定)

物語・・・
宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進む ジオン公国軍。

それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。

交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた。

そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

***********************************

CAST
シャア・アズナブル:池田秀一/セイラ・マス:潘めぐみ/デギン・ソド・ザビ:浦山 迅/ギレン・ザビ:銀河万丈/ドズル・ザビ:三宅健太/ガルマ・ザビ:柿原徹也 ランバ・ラル:喜山茂雄/クラウレ・ハモン:沢城みゆき/タチ・オハラ:北沢 力/ガイア:一条和矢/オルテガ:松田健一郎/マッシュ:土屋トシヒデ ヨハン・I・レビル:中 博史/ アムロ・レイ:古谷 徹/カイ・シデン:古川登志夫/ハヤト・コバヤシ:中西英樹/ユウキ:小野賢章/ファン・リー:瀬戸麻沙美 ナレーション:大塚明夫

STAFF
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原邦男
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、明貴美加、アストレイズ
脚本:隅沢克之
演出:江上 潔、カトキハジメ
総作画監督:西村博之
メカニカル総作画監督:鈴木卓也/美術監督:東 潤一/美術設定:兒玉陽平/軍装装備デザイン:草彅琢仁/ディスプレイデザイン:佐山善則/SF考証:鹿野 司/色彩設計:安部なぎさ
撮影監督:葛山剛士
CGディレクター:井上喜一郎 編集:吉武将人
音響監督:藤野貞義/音響効果:西村睦弘/音楽:服部隆之
総監督:安彦良和
企画・製作:サンライズ
©創通・サンライズ




玉城裕規&中村龍介『メサイア外伝 ―極夜 Polar night―」DVD 発売記念イベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017 年 6 月 17 日(土)より、渋谷 TOEI2 ほかにて全国公開された映画『メサイア外伝 ―極夜 Polar night―」 の DVD 発売記念スペシャルイベントが 12 月 10 日(日)埼玉県三郷市にて開催決定しました。
イベントには本作で主演を務 める玉城裕規(周 康哉 役)と中村龍介(三栖公俊 役)が登壇。映画、舞台、ドラマと「メサイア」シリーズを支えて きた彼らのトークを見届けられる、メサイアファン必見のイベントです!(※DVD 発売日:2017 年 10 月 25 日(水))

高殿円 作「MESSIAH -警備局特別公安五係-」をもとに、秘密任務のために設立された特殊機関“チャーチ”で育成されたスパイ・通称サクラたちの活躍や葛藤、友情を描く大人気舞台シリーズ「メサイア」。映画『メサイア外伝 ―極夜 Polar night―」は、そのサクラたちと時に衝突し、協力し合ってきた周 康哉と三栖公俊の物語が描かれます。

9月22 日(金)より大阪公演がスタートするシリーズ最新舞台「メサイア ―悠久乃刻―」の公演会場もしくは東映ビデオオンラインショップで予約した場合、DVD 発売記念スペシャルイベント参加券(応募者全員ご招待)の特典が付く【限 定予約版】の予約を期間限定で絶賛受付中。また、本 DVD のボーナスディスクには完成披露舞台挨拶や初日舞台挨拶の模 様を収録予定です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『メサイア外伝 ―極夜 Polar night―』DVD 発売記念イベント

日時:2017 年 12 月 10 日(日)
会場:埼玉県三郷市
内容:トークショー

出演:玉城裕規、中村龍介 ゲスト:山口ヒロキ監督 MC:ボブ鈴木 (敬称略)
※出演者は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

<参加方法> 舞台「悠久乃刻」会場あるいは、東映ビデオオンラインショップ(8 月 31 日~9 月 24 日まで)にて、 映画「メサイア外伝 ‐極夜 Polar night‐」限定予約版の DVD をご予約頂いたお客様を全員ご招待。

限定予約版 DVD 商品情報ページ:
http://ur0.biz/FRXX

映画情報どっとこむ ralph DVD商品仕様

タイトル:映画『メサイア外伝 ―極夜 Polar night―』

発売日:2017 年 10 月 25 日(水) 価格:6,800 円+税
販売元:東映株式会社・東映ビデオ株式会社
発売元:ダブルアップエンタテインメント

【限定予約版】 収録内容(予定): ・DISC1(本編ディスク):
●本編 ・DISC2(ボーナスディスク):
●完成披露舞台挨拶(予定)
●初日舞台挨拶(予定) ・発売記念スペシャルイベント参加券(応募者全員) DFZS04602/ COLOR /114 分/ 片面 2 層+ボーナスディスク片面1層 /1.主音声:ステレオ /16:9 LB(シネスコ)

【通常版】 収録内容(予定): ・DISC1(本編ディスク):
●本編
・DISC2(ボーナスディスク):
●完成披露舞台挨拶(予定)
●初日舞台挨拶(予定) DFZS10041/ COLOR /114 分/ 片面 2 層+ボーナスディスク片面1層 /1.主音声:ステレオ /16:9 LB(シネスコ)

■限定予約版 DVD 商品情報ページ:
http://ur0.biz/FRXX

※【限定予約版】のご予約方法は下記となります。
予約場所:公演会場(東京・大阪)と東映ビデオオンラインショップ
受付期間:
【東京会場】8 月 31 日(木)~9 月 10 日(日)
【大阪会場】9 月 22 日(金)~9 月 24 日(日)
東映ビデオオンランショップ:8 月 31 日(木)18:00~9 月 24 日(日)24:00 まで


(C) MESSIAH PROJECT
(C) 2017 映画メサイア外伝製作委員会

***********************************



三瓶由布子、名塚佳織、古谷徹 登壇!交響詩篇エウレカセブン 第1弾初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化。

その第一弾『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が、9月16日本日より全国107館にてロードショーとなりました。

この度、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の初日舞台挨拶が新宿バルト9で行われました。

イベントでは、主人公・レントン役三瓶由布子さんと、
ヒロイン・エウレカ役名塚佳織さんの“交響詩篇コンビ”と、
2005年のTVシリーズからのオリジナルスタッフ、京田知己総監督が登壇。

さらに、レントンの父である、英雄・アドロック・サーストンを演じた古谷徹さんが登壇致しました!

日付:9月16日
場所:新宿バルト9
登壇:三瓶由布子、名塚佳織、古谷徹、京田知己総監督 ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph <いよいよ本日から全国上映が開始され、今日を迎えての感想は?>

三瓶さん:本当に感無量です。今回テレビシリーズから12年ぶりにエウレカセブンが新しい劇場作品となって皆様にお届けできるのは、この作品を愛してくださっている皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。もう、胸がいっぱいです。

名塚さん:いま三瓶ちゃんがいってくれたとおり、ついに公開ということで、先週くらいまでは不安ではあったんですけれど、これだけ皆さんが集まってくれているのもすごく嬉しいですし、こうしてやっと皆さんの元へお届けできるんだなぁ、という気持ちです。公開してここからがスタートだと思うので、いろんな感想をいただきながらこれからも『エウレカセブン』がんばっていきたいです。

古谷さん:『エウレカセブン』というビッグタイトルで、初めて登場するアドロック・サーストンという、とても重要な役を仰せつかりまして、非常に緊張していました。自分では納得のできるお芝居ができたと自負しておりますが…みなさんはいかがでしたか?(会場から大きな拍手)ありがとうございます。ちょっとホッとしました(笑)

京田総監督:この『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が完成するまでにすごく紆余曲折があったので、たどり着けるのか?と思ったこともありましたが、こうしてみなさんにお届けすることができて本当によかったなと思いつつ、今、始まったばかりだなとも思います。これから皆さんに数年の間楽しんでいただけるものを作る、ということで、やっと始まったなぁという感触が強いです。


<注目の一つでもある、今作でやっと描かれた『サマー・オブ・ラブ』にて、やっとアドロックの声を聞くことができました。演じられての感想は?>

古谷さん:プレッシャーでした。僕はひげをはやした親父というのは今までほとんどやったことがないんですよ。しかも、息子がいる父親で。ずっと少年役が多かったので、キャラクターのルックスに僕の声は合わないんじゃないかと思いました。でもきっちりお芝居ができれば、皆さんに納得してもらえるんじゃないか、という想いであまりルックスにはこだわらずにやりました。結果、アフレコでは自分の頭が真っ白になってしまうくらいのめり込めたので、よかったんじゃないかな、と自負しております。

映画情報どっとこむ ralph <古谷さんと共演しての感想は?>

名塚さん:本当にすばらしかったです。私達がテレビシリーズから作ってきた、作品に対する想いをすごく大事にしてくださっていて、収録前から監督たちとたくさん話し合いをしてキャラクターを作っていらっしゃいました。いざ収録がはじまると、思い出すと鳥肌がたちます(笑)強さとあたたかさの中に人間らしさがあり、レントンの父親なんですが、レントンのような少年らしさも持っていて、というのをあの短いシーンの中すべて見えてしまうというか。今までレントンが思い描いていたものが実体化されたような感じがしました。
エウレカにとってアドロックという存在の大きさを収録で体感することができ、とても幸せな時間でした。

三瓶さん:その感想を聞いて思うのは、かおりん、ずるいよ…。(笑)私は親子としての会話はすることはなかったので、今回の映画で初めて実際にアドロック生きていている姿を見て、涙がとまりませんでした。それは私の中のレントンなのか私自身なのかはわからないんですが、やっとアドロックに会うことができてすごく感動しました。


<古谷さんにアドロックを演じてもらっていかがでしたか?>


京田総監督:アドロックは、レントンにとって会ったことのないお父さんであると同時に、レントンの物語が始まる、前の物語の主人公なんです。なので、あんな結末になりましたが、主人公だったお父さんがどういうことをがんばっていたかを今回は見せる、という話だと思ったんです。主人公というのは、ただ強いだけではなく、いろいろな迷いや壁にぶち当たったりするということを感じさせつつ、最終的には人を救ったりすることができる存在だと思うんです。そういう意味では古谷さんにお願いするしかない、と思いましたし、最初の第一声を聞いたときに、本当にグッとつかまされました。

映画情報どっとこむ ralph
<最後に一言ずつご挨拶をお願いいたします。>

三瓶さん:まだまだエウレカセブンの世界、続きます。今回レントンの気持ちにすごくフォーカスしていただいて、2、3とどうなっていくのかわかりませんが、今後のエウレカセブンにもぜひ期待していただきたいです。

名塚さん:いま三瓶ちゃんの話を聞きながら、テレビシリーズでもレントンのことをがんばって受け止めていたなぁ、と思い出しました。これからも精一杯、レントンを受け止めながら最後までがんばっていきたいとおもいますのでこれからもよろしくお願いいたします。

古谷さん:せっかく素敵なキャラクターをやらせていただいたので、ぜひまたやりたい!と。なので、なんとか監督に考えていただいて、皆さんにも映画をたくさん観ていただいて、Blu-rayをたくさん買って頂いて(笑)そうすれば、また皆さんにお目にかかれる日が来るのではないかと。

京田総監督:『2』は、ちょうど稼働しはじめたところなんですが、今回よりもさらにエウレカらしいエウレカセブンをやろうと考えてつくっています。新しい雰囲気を醸し出しながらも、みんなが思ってくれていたエウレカを描きたいなと思っています。

公式サイト:eurekaseven.jp

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹
総監督:京田知己 
脚本:佐藤大 
キャラクターデザイン:吉田健一 
アニメーション制作:ボンズ
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE 
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)