「社会派」カテゴリーアーカイブ

『BPM(Beats Per Minute)』が第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出


映画情報どっとこむ ralph この度、第70回カンヌ国際映画祭において、FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞とグランプリをW受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM(Beats Per Minute)』(原題)が、第90回アカデミー賞外国語部門・フランス代表に選出されました。

カンヌでの受賞後、アカデミー賞フランス代表の有力候補と言われてきた本作。

8月23日の公開以降、フランス全土で60万人を動員し、選定会議の直前にフランスの大手週刊誌Paris Matchが「BPMがフランス代表に選ばれるべき理由」という見出しの記事を出すほど、メディアでの高評価を得てきました。

CNC(フランス国立映画センター)のフレデリック・ブレディン会長は本作について、

「新世代の役者たちの素晴らしい演技が原動力となっている、野心的かつ情熱的な映画で、カンヌからトロントまで世界中に衝撃を与えてきた。ユニバーサルな問題を描いた格別な作品である」

とコメント。

日本での公開は、2018年を予定です。


映画情報どっとこむ ralph 【作品情報】
本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。

舞台は1990年代初めのパリ。
エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」(*)の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。

ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

*ACT UPとは?➡

正式名称:the AIDS Coalition to Unleash Power =力を解き放つためのエイズ連合

アクトアップ・ニューヨークは1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。

エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対しデモなどの直接行動に訴えることもしばしばある。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにもアクトアップが作られている。

***********************************

出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー(グランド・セントラル)、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネル(午後8時の訪問者) 他

脚本・監督:ロバン・カンピヨ
製作国:フランス
© Céline Nieszawer


チ・チャンウクが銀幕デビュー!『操作された都市』空白の3分16秒に一体何が!?


映画情報どっとこむ ralph 空白の3分16秒。仕組まれた殺人。俺は一体、何をした!?

「奇皇后 ~ふたつの愛 涙の誓い~」や人気ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」など、時代劇からラブストーリーまで幅広い作品で主演を務め、大人気のイケメン俳優チ・チャンウクがスクリーンデビュー!

操作された都市

日本でも2018年1月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定しました!!

ゲームの世界で名が知れているが実生活ではうだつの上がらないフリーターのクォン(チ・チャンウク)が、わずか3分16秒のうちに殺人犯に仕立てられ刑務所に入れられてしまう。しかし、この仕組まれた殺人には、街全体を操作する巨大な力を持った男の存在があった。

クォンは、それぞれの特技を持ったゲーマー仲間5人とともにリベンジすべく黒幕に立ち向かうが・・・果たして彼らに勝機はあるのか!?
大ヒット映画『トンマッコルへようこそ』の監督パク・クァンヒョンが作り出した、これまでにない新しいビジュアルの新感覚サスペンスアクションが日本上陸です!

『操作された都市』
2018年1月20日(金) シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

***********************************

監督:パク・クァンヒョン 『トンマッコルへようこそ』
出演:
チ・チャンウク 「THE K2」 シム・ウンギョン『怪しい彼女』
アン・ジェホン「応答せよ1988」 オ・ジョンセ「さまよう刃」
配給:ツイン
(c)2017 CJ E&M CORPORATION, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED


福山雅治の神対応で生Q&Aを追加!『三度目の殺人』


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』が、9月9日(土)より公開を迎え大ヒットスタートを切っています!

『そして父になる』から4年、是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治を主演に、是枝組初参加となる名優・役所広司を迎えた本作は、監督が近年描いてきたホームドラマから一転し、かねてより挑戦したいと考えていた法廷を舞台にした心理サスペンスです。

そしてこの度、本作の大ヒットを記念して、主演を務めた福山雅治さんと、さらにトロント国際映画祭から帰国直後の是枝監督が久々の再会!イベントは、一般の方から募った質問にお二人に答える形式!

が、せっかくだから、皆さんから質問を受けようよ!で、急きょ生Q&A大会に。

映画『三度目の殺人』公開記念舞台挨拶
日付:9月19日(火)
場所:TOHOシネマズ スカラ座
登壇:福山雅治 是枝裕和監督

映画情報どっとこむ ralph コンサート会場のような大歓声の中、登場の福山雅治 是枝裕和監督。

福山さん:どうも今晩は!観終わった後ですよね?そういう感じのリアクションだと思ってませんでした!

と、少々戸惑い気味の福山さん。ですが嬉しそう。
事前にWEBで募集した質問に答えるイベントがスタート。

Q:4年前のタッグから、変わったことと、三度目のタッグはありますか?

福山さん:監督も僕も年を取ったなと。先日TVで「そして父になる」観て、リリーさんが凄い若い。リリーさん進行が速い。三度目のタッグですよね。僕は1本と言わず何本でも・・・。

是枝監督:思ってます。スッゴイ悪い奴。(福山さん:当てが気ですか?)犯罪者をどこかで描きたいなと。いくつかの企画のキャッチボールはしています。

福山さん:どっちが観たい。犯罪者!(拍手)神対応、パニーニ的なの!(拍手&笑)

どちらにも監督が同意の拍手!どちらに転んでも、再タッグが!なファンには朗報に。

映画情報どっとこむ ralph ベネチア、レッドカーペット格好良かったですよね。現地の反応は?

是枝監督:現地の方たちも受け止めてくれた感じはしました。暖かかったです。お墓の十字架壊したところで、声が出たこと。敬虔なクリスチャンの方だ思います。面白かったですね。

福山さん:映画の内容のせいでしょうか。空気は堅かったんです。良くないのじゃなくて集中ししてるのを感じましたね。終わってすぐ拍手来ないかと思ったら、すぐスタンディングオベーション始まったのは驚きでした。

と、驚きを感じるもさらなる驚きが福山さんに!

福山さん:上映終わってすぐに監督が、僕の膝に手を。やっと安堵されたんだなと。その手を握ろうか・・・・照れちゃいました。

Q:もやもやした気持ちになりましたがこれは監督の意図した狙い?

是枝監督:狙いです。初めて見た、もやもやもや。主人公がはっきり真実がつかめないで、彼がもやもや、悶々として。裁判所を出る。その気持ちを感じながら劇場を出ていただく。もやもやしてるなら成功かな。

福山さん:監督にどうなっちゃうんですか?って聞きました。参加型のエンターテインメントとと最初から言っていましたから。まあ、三度目観てからメキシコへ行って、その解釈がわかったんです!と監督に伝えたら、まだその向こうがあると、返されました。

Q:19歳。2度目は、どの角度から見るといいですか。

是枝監督:二十歳になってみると違うかも。

福山さん:『地獄の黙示録』『ディアハンター』、大人になってから見ると違う観方になる。20、25、。。。とかね。

是枝監督:誰目線で見るかでも、違いますよね。でも何度も来てくれとはね(笑)。トロントの取材で三度目に殺されたのは?と言う質問が来て、逆になんだと思うと聞いたら「TRUTH(真実,真相,事実)」ではないかと。いい答えだなと。今使いました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、MC荘口が「お時間です」と、切り出すと
福山さん:一つ二つ折角ですから、皆さんから聞きましょうよ!

と、急きょ生Q&Aに。

Q:三度目観たお客さん。雪のシーンで、足跡が別の方向にあるのは、意図?

是枝監督:あれは動物の足跡。意図に見えるでしょ。いい具合なんで残しました。

と、チャンと監督のファンに伝わってる。

Q:階段が印象的でした。階段マニアには

福山さん:父になるの時も階段を撮りに行きましたよね。

是枝監督:あの法律事務所は階段で選んでます、法廷も階段。階段好きなんですよ。光とか角度とかワクワクします。

福山さん:意図って届くんですね。もう一個。

Q:みんな 誰かの娘。特に最後に出てくる小さい女の子とか、意図があるのですか?

監督:どう詰めていくのか、接していくのか。雪景色の共有。そして、同じように娘との関係に、失敗している。その3人を形にしたポスターにしています。最後の小さい女の子は・・・そこまで考えていませんでしたが、それ使わせていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

是枝監督:チャンスがあれば、またやりたいですね。

福山さん:大筋に向かうべく、細かいところまで作りこんだのが映画になっています。届くものは届くんだなと思いました。良かったなと思う瞬間でした。

三度目の殺人

公式HP:
gaga.ne.jp/sandome


過去記事:
ベネチア レッドカーペットの模様はこちら


初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

監督・脚本・編集:是枝裕和 (『そして父になる』『海街diary』)
撮影:瀧本幹也(『そして父になる』『海街diary』)
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ(『最強のふたり』)
撮影:瀧本幹也(『そして父になる』『海街diary』)
美術監督:種田陽平(『キル・ビルVol.1』『空気人形』)
出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、市川実日子、橋爪功
製作:フジテレビジョン アミューズ ギャガ
配給:東宝 ギャガ
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ