「実話」カテゴリーアーカイブ

ディカプリオ最新作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」公開日決定


レオナルド・ディカプリオ主演 、マーティン・スコセッシ監督最新作の『THE WOLF OF WALL STREET』(原題/全米11月15日公開)の邦題と初日が決定しました。

邦題は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

初日は12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショーです。

ウォール街には金にまつわる豪快な逸話がいくつも転がっていますが、中でも特別スケールの大きな話<ウォール街のウルフ>と呼ばれた男の話です。

26歳で証券会社を設立、年収4900万ドル(49億円)を稼ぎ出し(もう少しで週給100万ドル(1億円)!)、誰も思いつかない大胆なアイディアと、一瞬にして人を虜にする話術で瞬く間に成功。常識を超えたありえない金遣いで世間を驚かせ、ダイナミックな成功と同じくらいセンセーショナルな破滅の道をたどった男、ジョーダン・ベルフォートの実話です。

破格の伝説の数々を打ち立てた男は、学歴もコネもないのにどうやってのし上がり、<ウォール街のウルフ>と呼ばれるようになったのか?誰が聞いても耳を疑う、あり得ない金遣いとは?そして、すべてを手に入れた男が、一夜にして頂点から転がり落ちたその理由とは???破天荒な人生を楽しく描く、驚愕のエンターテイメントが完成です!

アントレプレナー卒の僕としては気になるところ。

本作は、1980年代ー90年代のニューヨーク、ウォール・ストリートを舞台に、実在の株式ブローカージョーダン・ベルフォートが、20代で証券会社を設立し億万長者に登り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでの栄光と挫折の10年間を描いている。ベルフォート自身の回顧録「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(早川書房刊「ウォール街狂乱日記-「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)をもとに映画化。

監督はアカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシ。主演はレオナルド・ディカプリオ。二人にとって5度目となるこの<映画界最強のタッグ>に、早くもアカデミー賞 最有力との呼び声が高いところ!さらには、ディカプリオにとっては悲願の初オスカー受賞がかかります。

このたび解禁された初の「特報」映像では、スーツを着た主人公(ディカプリオ)が、自分の証券会社の社員達の前に立つ自信に満ち溢れた姿や、クルーザーの上からドル札をばら撒いたり、100ドル札を丸めてゴミ箱に投げる常識を超えた金遣い、カメラ(こちら側)に向かって「合法だって?ノーだ」と話しかけるような驚愕のシーンが満載!ハリウッドのトップスター、ディカプリオが初めて演じる<欲にはキリがない>キャラクターに目が離せません。

公式サイト:www.wolfofwallstreet.jp

12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー!

********************************************************************


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
監督:マーティン・スコセッシ 全米公開:11月15日
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、
マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー

公式サイト:www.wolfofwallstreet.jp

12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー!


スコセッシ監督&ディカプリオ 5度目のタッグ


『ウルフ・オブ・ウォールストリート(原題:The Wolf of Wall Street)』

が、パラマウントピクチャーズジャパン配給にて、2013年12月正月第1弾として、全国公開されることが決定したそうです。

監督にはアカデミー賞常連のマーティン・スコセッシ、主演には全世界の注目を集めるレオナルド・ディカプリオ。
スコセッシとディカプリオは『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』『ディパーテッド』『シャッター アイランド』に続き、5度目のタッグを組みます。

共演はジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、マーゴット・ロビーロブ・ライナーなど豪華キャストが脇を固めます。

本作は、実在する株式ブローカーであるジョーダン・ベルフォートの回顧録「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(早川書房刊「ウォール街狂乱日記-「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)をもとに映画化。ディカプリオ演じるジョーダンはウォール街で株式ブローカーとして成功し、20代で億万長者なるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるというヤバ過ぎる波乱万丈な男。

巨匠スコセッシが1980年から1990年の金融街を舞台に巨万の富、栄光と挫折を10年間でイッキに味わった男の人生を描きます。

主演のディカプリオは、早くもアカデミー賞レースの最有力候補と目され、既に注目率NO.1、年末の超話題作となることが期待されています。
 
正月第1弾(12月)、全国ロードショー決定!
  

********************************************************************


『ウルフ・オブ・ウォールストリート(原題:The Wolf of Wall Street)』

監督&製作:マーティン・スコセッシ
     『ヒューゴの不思議な発明』『ディパーテッド』
原作:ジョーダン・ベルフォート
  「ウォール街狂乱日記-「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」
脚本:テレンス・ウィンター
主演&製作:レオナルド・ディカプレイオ
『華麗なるギャツビー』『シャッター アイランド』
共演:ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、マーゴット・ロビー

配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン


『フライト』ジャパンプレミアのレポ


アカデミー賞(日本時間2月25日午前)まで後少し。
待ち遠しいですね!

で、アカデミー賞ノミネート作品でもある名匠ロバート・ゼメキスと名優デンゼル・ワシントンの最強のタッグが贈る、衝撃と感動の物語『フライト』。
この度3月1日の公開に先立ち、本年度アカデミー賞<主演男優賞>にノミネートをはたし、3度目の受賞に期待の高まる主演のデンゼル・ワシントンと、名匠ロバート・ゼメキス監督が、緊急来日しジャパンプレミアが開催されましたのでご報告。

2月21日(木) 17:50~19:00
【ジャパンプレミア ブルー・カーペットイベント&舞台挨拶】
会場:丸の内ピカデリー1(エスカレーター前&劇場内)
登壇者:
<ブルーカーペット>
デンゼル・ワシントン(58)、ロバート・ゼメキス監督(61)
ウォルター・F・パークス(プロデューサー/61)、
ローリー・マクドナルド(プロデューサー/59)

<舞台挨拶>
デンゼル・ワシントン(58)、ロバート・ゼメキス監督(61)、武井咲(19)

2月21日(木)丸の内ピカデリーで『フライト』のジャパンプレミアが開催されました。
劇場前のロビーには、映画のイメージカラーにあわせて、“ブルー・カーペット”が特設され、ロビー天井からつるされた「フライト」の巨大垂れ幕を背景にデンゼル・ワシントンとロバート・ゼメキス監督の二人がエスカレーターからゆっくりと降り立つと登場を待ちわびていたマスコミからフラッシュの嵐。

“ブルー・カーペット”上にはサウンドバイツ取材をするために日本全国から駆け付けたテレビ局がところ狭しと並び、反対側には、一目デンゼルとゼメキス監督を見ようと大勢のファンが集まり、大きな声をかけられると山のように差し出されたポスターやノートに、にこやかにサインをしたり握手をして応え“ブルー・カーペット”イベントが行われました。

一方、ジャパンプレミア舞台挨拶では、場内を埋め尽くした観客に、「アリガトウ」という言葉で挨拶したデンゼル・ワシントン。
「日本に来ることができて本当に嬉しい。皆さんの温かさが心に染みます。」と日本の観客に感謝を述べた。

さらに、本年度日本アカデミー賞新人賞を受賞した武井咲が特別ゲストとして登場。武井の登壇時にデンゼルが手をさし伸ばしスマートにエスコートすると、ジェントルマンぶりに照れた様子だった。舞台上でも、オスカー俳優とハリウッドの巨匠に挟まれ終始、緊張の面持ち。

「(デンゼルとゼメキス監督)にプレミアでお会いできて、本当に光栄」と感激した様子。
本作について武井は「ラストシーンに胸がどきどきする映画。人間ドラマにも感動しました。」と映画の感想を述べ、デンゼルへ25日に発表されるアカデミー賞主演男優賞を願った。

そして、武井から、二人へ質問が。
デンゼルへ「(俳優として)“役作り”にかける時間」について尋ねると

「事前にも長く役作りの準備をするし、撮影中も毎日準備をしているのでどのくらいとはいえないですね。」オスカー俳優の意識の高さに感心した。

ゼメキス監督からは「“ハリウッド映画”への出演」の秘訣を伝授。「今の良い仕事を、これからもやり続けること。」とアドバイスがあった。

締めくくりとして、デンゼルのアカデミー主演男優賞と映画大ヒットを祈願し、デンゼル、ゼメキス監督、武井の3人で“就航記念のテープカット”しました!

『フライト』は3月1日(金・映画ファーストデー)より、丸の内ピカデリーほか、全国ロードショーです!



********************************************************************



<『フライト』作品紹介>

多くの命を救った、高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸。

彼は英雄か、犯罪者なのか?
アカデミー賞最有力、衝撃と感動の話題作。

デンゼル・ワシントン
男は一夜にして、ヒーローになった。フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が原因不明の急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し、多くの乗客の命を救う。それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。

デンゼル・ワシントン
ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。ヒーローは一夜にして地に堕ちた。あの時、機内で何が起きたのか?様々な人の人生を巻き込みながら語られる、衝撃の事実とは??人生の闇にのみ込まれた男が、本当の栄光とは何かを見出すまでの魂の軌跡を描き出す。

デンゼル・ワシントン
監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、メリッサ・レオ、ジョン・グッドマン、ケリー・ライリーほか
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
© 2012 Paramount Pictures.All Rights Reserved.