「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

自縛。自分で自分の身体を縛ること


映画 『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』ポスタービジュアル第2弾 解禁 です!!

この度、竹中直人監督最新作、『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』のポスタービジュアル第2弾が完成しました!

とある海岸沿いで撮影された、映画の重要なシーン写真が使用されています。

さてどこなんでしょう。。。

『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』
のポスタービジュアル第2弾 ©吉本興業


本作は、新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」のシリーズ映画化を決定した、第一弾作品です。
主演に、平田薫(『るろうに剣心』)が抜擢。そのほか、安藤政信、綾部祐二(ピース)、津田寛治ら豪華キャストが出演しています。

主題歌は、本作のためのオリジナル楽曲LOVE PSYCHEDELICOの「No Reason」。

圧倒的共感力を呼び起こすこのバンドが、胸に沁み入るサウンドで、あたたかな余韻を授けてくれます。

2013年2月2日(土)、 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国ロードショーです!


********************************************************************




ストーリー

<自縛、自分で自分の身体を縛ること>

OLの百合亜は、奴隷のようなサービス残業、部下からのいじめ、など蓄積されるばかりのストレスを解放する手段として、自縛を密かな趣味としてあたためてきた。ブログ経由で知り合った「運命のひと」との出逢いから、次第に大胆な冒険を重ねてゆく。。

『R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私』
監督:竹中直人
主題歌『 No Reason 』LOVE PSYCHEDELICO
出演:平田薫 安藤政信 綾部祐二(ピース) 津田寛治
山内圭哉 馬渕英俚可 米原幸佑(RUN&GUN) 銀粉蝶
松尾諭 平田敦子 児玉絹世 鈴木奈々 福士誠治
蛭子能収 吉田照美 つみきみほ 杉本彩
原作:蛭田亜紗子「自縄自縛の私」(新潮社刊)
脚本:高橋美幸
製作統括:岡本昭彦
制作企画:奥山和由 プロデューサー:仲良平
企画協力:新潮社/「女による女のためのR?18文学賞」運営事務局
制作プロダクション:よしもとクリエイティブ・エージェンシー/チームオクヤマ
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:吉本興業株式会社
http://www.r18-jijojibaku.com/
2013/106分/Japan/color/1:1.85/R-15 c吉本興業


横道世之介 を観て


横道世之介 特別じゃない日々がいい感じ
©「横道世之介」製作委員会
先週、横道世之介を観てたのを書く暇が無かったのでここで。

最初ね。よこみちよのすけ「横道世之介」?
ってな感じだったんだけど。

折角なので、行ってみたら。
僕的に当たりな映画だったんです。

こう言うのうれしい。。。

吉田修一さんの小説を映画化。1980年代と現代を舞台に、長崎から上京したお人好しの青年の青春が描かれます。
主人公、横道世之介役の高良健吾さんと、ヒロインの与謝野祥子役の吉高由里子さんは『蛇にピアス』以来5年ぶりの共演。
監督は『南極料理人』、『キツツキと雨』の沖田修一さんです。

で、

憎めないやつな大学生 世之介君の普通の生活を軸に、

そこに絡んでくる人々のたわいも無い日常が描かれていくだけなのですが

160分の長さが気になりません。

場面の切り替え、オムニバス的にカラム人々のタイミング。


飽きさせません。

そして

台詞が秀逸です。のっけからこれでやられました。

言葉の選び方とっても好きです。
脚本家さんの腕なのか?原作の台詞なのか?

周り全員、プレス関係の人たちだったんですけど、あちこちでめっちゃ笑ってました。


決してハッピーといえる終わり方では無いんだけど。。

なぜか、映画館を出るときには心ほっこり。

人のつながり、出会いっていいねって思っちゃう。

ずっと会ってなかった学生時代の友人にメールでもするかな、
FACEBOOKで探してみようかなって思いながら帰ったのでした。
(後日FACEBOOK 3人友達足せました。)

因みに劇場公開日2013年2月23日です。

********************************************************************




「横道世之介」
監督・脚本:沖田修一
原作:吉田修一「横道世之介」
出演:高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、余貴美子
http://yonosuke-movie.com/
製作 「横道世之介」製作委員会
配給 ショウゲート
制作 日活
制作協力 キリシマ1945

********************************************************************


リターン・トゥ・ベース試写してきました


チョン・ジフン
チョン・ジフン(RAIN)主演『リターン・トゥ・ベース』。
チョン・ジフン(RAIN)主演『リターン・トゥ・ベース』、マスコミ試写に行ってきました!

面白かったですよ。

マスコミ資料にもあったように、まさに「空猿」。
海外に輸出できるエンターテインメントとして成立しています。

中でも、とても綺麗な空中戦の空撮とCGは、圧巻です。
空撮はハリウッドのウルフウェアが担当。

お金かかってます。

最近撮影・広報・配給にお金が無い監督やプロデューサーの話を聞いていたのでうらやましい限りです。

ストーリーは

「海猿」テイストにトップガンを加えたようなお話ではありますが、韓国と北朝鮮との関係を考えると、とても真実味があります。

穏やかに暮らすソウルの街が突然、戦場に。

全面戦争を避けるために、ミサイル発射の許可がなかなかおりない。。。。

撃てない軍隊。


そして、アメリカ軍との関係。

日本でも起こらないとは限らないシチュエーション。
と思うとぞっとします。

最後は、映画の感想じゃ無いじゃん!

私の感想ですが、空中戦本当に綺麗なんです。

大迫力の都心での空中戦はCGもこっていますし。
ソウルにいったことのある方は、特にリアルかもしれません。

そして

主人公の破天荒なテフン(チョン・ジフン)と整備兵のユン(シン・セギョン)の可愛い恋。

いいな~。

そして

テフンの肉体美も。。。

迫力の空中戦、恋あり、笑いあり、涙あり。

韓国の映画って自由度が高いですね。


『リターン・トゥ・ベース』の公開は12月1日より 
新宿バルト9、 シネマート六本木ほか全国ロードショーです。


『リターン・トゥ・ベース』

与えられた時間は7分。
500万人の未来は、1人のパイロットに託された-

【Story】
空軍特殊飛行チーム“ブラック・イーグルス”のパイロット テフン(チョン・ジフン(RAIN))は航空ショーで禁止されているはずの飛行技術‘ゼロノット’を敢行し、ショーを台無しにしてしまう。罰としてテフンは、実戦部隊21戦闘飛行団に移籍させられることに。次第にチームに慣れていくテフンだったが、凄腕のパイロット ‘トップガン’といわれるチョルヒ(ユ・ジュンサン)とはいつも衝突する。南北間に平和な雰囲気が漂っていたある日、 帰順を装った敵の一機がソウルまで降下してきた。哨戒飛行中の 21 戦闘飛行団と予想外の交戦をすることになる。激しいバトルを繰り広げどうにか平和を守りぬくが、これは朝鮮半島全体を脅威する巨大な陰謀のはじまりにすぎなかった。21 戦闘飛行団は究極の機密作戦 ‘リターン・トゥ・ベース’を開始するのだったが・・・



監督:キム・ドンウォン
出演:チョン・ジフン(RAIN)『スピード・レーサー』、ユ・ジュンサン「棚ぼたのあなた」、
シン・セギョン『青い塩』、キム・ソンス「フルハウス」、イ・ハナ『フェアラブ』、
イ・ジョンソク「シークレット・ガーデン」
★公式HP: R2B-movie.jp

【2012年/韓国/114分/カラー/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/原題:R2B】
(C)2012 CJ E&M CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

■配給:CJ Entertainment Japan