「青春」カテゴリーアーカイブ

菅田将暉「帝一の國」クリープハイプの「イト」が主題歌に!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 4月29日全国東宝系にて公開の「帝一の國」は菅田将暉主演の学園政権闘争コメディー。
菅田さんが“生徒会長選挙に命をかける男”主人公赤場帝一を演じ、他キャストも野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、千葉雄大さんら超人気イケメン俳優が大集結した、今年のゴールデンウィーク公開最注目映画です。

その主題歌を4人組ロックバンド クリープハイプが担当。
L→R:Gt.小川幸慈 Vo./Gt.尾崎世界観 Ba. 長谷川カオナシ Dr. 小泉 拓

これは、永井監督をはじめとする映画スタッフ陣から「映画のテーマ、世界観にはまるバンドはこのバンドしかいない!」と熱いオファーがあり実現した今回のコラボレーションが組まれたそう。クリープハイプが映画主題歌を担当するのは2015年5月公開真木よう子主演「脳内ポイズンベリー」以来約2年振りとなります。

映画情報どっとこむ ralph 今回書き下ろし楽曲「イト」は、ライバルを蹴落として勝ち残ろうともがく若きキャスト達の人生模様を、操り人形に例えての“糸”と生き抜く戦略の“意図”とを掛け、クリープハイプの真骨頂といえる現代社会を生きる人々へのメッセージを尾崎の作家経験で更に磨かれた巧みな表現力で紡いだ作品です。

アレンジにもホーンセクションを導入し、さらに転調を効果的に織り混ぜるなど、バンド史上最もキャッチーなサウンドを追求した“ポップと狂気が交錯するキラーチューン”に仕上がっております。

尚、今楽曲はシングルとして4月26日に発売。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌「イト」に関してクリープハイプ 尾崎世界観さんと菅田将暉さん、そして永井聡監督からコメントが届いています!

尾崎さん:「ミュージシャンはどうせ言っても聞かないでしょ」と笑ってくれた永井監督に、初対面の打ち合わせで心を掴まれました。音楽を信頼して、音楽に任せてくれる姿勢に感動して、それに応えたいと思い、本編終了後のエンドロールにしっかり自分達の居場所があるという喜びを感じて作りました。原作、脚本、制作チーム、役者の方々、どれを取っても得体の知れない勢いを感じます。そこに引っ張られて、「この曲で届かないなら仕方がない」と思える程の曲が出来ました。きっと同じように、この映画に関わった皆さんも「この映画で届かないなら仕方がない」と思う程の作品になっていると信じています。

菅田さん:僕らが溢れる生命力を使って演じた「帝一の國」は間違ってなかった。勢いのあるメロディと包み込んでくれる歌詞と尾崎世界観さんの温かくも鋭い声に背中を押された気がしました。まさに帝一達は、いつの日か運命と呼べるその日まで壊していたな、と。ちょっと泣きそうになりました。

永井監督:尾崎世界観さんに初めてお会いした時、驚いたのは、彼は細かく脚本を読み込んでいて「ここのシーンはどういうイメージになるのか?」など質問をたくさんして撮影前の映画の世界を一生懸命頭に描こうとしていた。個人的な意見だが、クリープの曲は良い意味でヴィジュアルが浮かばない。サウンドと歌詞が脳に直接刺さってくる、まるで映画「独裁者」の演説を聴いているようだ。なので、彼が映画のヴィジュアルをものすごく気にして映画と真摯にコラボしようと歩み寄ってくれたのは本当に意外で嬉しかったです。

現実、映画と主題歌がバラバラの作品もよく有るので。

「イト」は正に僕らが求めていた映画の読後感を表現しており、ラストシークエンスに相応しい作品だと思う。クリープには珍しい程のポップさを持ちながら、狂気も感じる。これって、古屋兎丸先生の作品そのものじゃないかなと感動しました。


映画『帝一の國

4月29日(土)全国東宝系ロードショー
公式サイト:http://teiichi.jp/

映画情報どっとこむ ralph クリープハイプ プロフィール
尾崎世界観(Vo./Gt.)、長谷川カオナシ(Ba.)、小川 幸慈(Gt.)、小泉 拓(Dr.)からなる4人組。01年、クリープハイプを結成。3 ピースバンドとして活動を開始する。05年、下北沢を中心にライブ活動を活発化。多くの人から言われる「世界観が」という曖昧な評価に疑問を感じ、自ら尾崎世界観と名乗るようになる。 08年9月、メンバーが脱退し、尾崎世界観の一人ユニットとなる。 09年11月、Gt. 小川幸慈 Ba. 長谷川カオナシ Dr. 小泉 拓を正式メンバーに迎え、本格的に活動をスタート。12年4月メジャーデビュー。 14年4月、日本武道館2Days公演開催。16年6月、尾崎世界観 小説「祐介」発表。

・5曲収録作品集「もうすぐ着くから待っててね」
2月22日発売
DVD付初回限定盤:UMCK-9895 ¥2,300円税別
・通常盤:UMCK-5619 ¥1,500税別

・ニューシングル「イト」(映画「帝一の國」主題歌) 4月26日発売

詳細後日発表


全国ツアー
クリープハイプモバイル会員限定ツアー 「秘宝館」〜満開栗の花〜
3月12日(日)仙台darwin
3月16日(木)新木場STUDIO COAST
3月20日(月・祝)横浜Bayhall
3月26日(日)札幌cubegarden
3月31(金)梅田CLUB QUATTRO
4月2日(日)福岡BEAT STATION
4月6日(木)名古屋BOTTOM LINE
4月8日(土)神戸チキンジョージ
4月9日(日)岡山EBISUYA PRO

イベント
5月3日(水・祝) 「VIVA LA ROCK 2017」(さいたまスーパーアリーナ)
5月5日(金・祝) 「rockin’on presents JAPAN JAM 2017」(千葉市蘇我スポーツ公園)
5月7日(日) 「尾崎世界観の日 特別篇 2017」(上野恩賜公園水上音楽堂)

***********************************

菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大 /永野芽郁 吉田鋼太郎

原作:古屋兎丸(集英社ジャンプコミックス)
監督:永井 聡 脚本:いずみ吉紘 音楽:渡邊 崇
製作:フジテレビジョン 集英社 東宝
©古屋兎丸/集英社 


『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』マイネッティ監督×永井豪イベント開催&初日決定


映画情報どっとこむ ralph このたび、日本アニメ「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにした注目のイタリア映画

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の初日が、5月20日(土)に決定、

ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開する運びとなりました。

本作は、75年に日本で放送開始、79年にイタリアでも放映された永井豪さんのアニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにし本国で大ヒット、大きな話題を呼んだ噂のダークヒーロー・エンタテインメントです。昨年のイタリア・アカデミー賞では最多16部門ノミネートの末、最多7部門を受賞し、名実共に2016年のイタリア映画を代表する1本となりました。

そしてこのたび、日本公開のプロモーションのため来日するガブリエーレ・マイネッティ監督と、アニメ「鋼鉄ジーグ」原作・永井豪先生のスペシャル対談付き最速上映会の実施が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作へ“犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!「ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!」“と絶賛のコメントを寄せた永井豪さんと、幼いころから永井作品はもちろん数々の日本アニメを見て育ったというマイネッティ監督、国境を越え遂に実現する奇跡の邂逅。

どのような話が展開されるのか乞うご期待ください。


皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

原題:Lo Chiamavano Jeeg Robot

5月20日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
公式サイト

テロの脅威に晒される、現代のローマ。
孤独なチンピラ エンツォは、ふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。

始めは私欲のためにその力を使っていたが、世話になっていた“オヤジ”の遺された娘 アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、正義に目覚めていく。

日本製アニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的ファンのアレッシアは、怪力を得たエンツォをアニメの主人公と同一視して慕うが、二人の前に狂気に満ちた闇組織のリーダー ジンガロが立ちふさがる…。 


***********************************

監督・音楽・製作:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア『海と大陸』『緑はよみがえる』、ルカ・マリネッリ『グレート・ビューティー 追憶のローマ』、イレニア・パストレッリ、ステファノ・アンブロジ

2015/イタリア/カラー/119分/

日本語字幕:岡本太郎 
提供:ザジフィルムズ/朝日新聞社
配給:ザジフィルムズ 
特別協力:イタリア文化会館 
PG-12
©2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.
永井豪さんの写真 撮影:丸山尚(㈲アーネスト)
ガブリエーレ・マイネッティ監督の写真:(c)Fabio Lovino


生田斗真 x 広瀬すず 王道恋愛映画 『先生!』公開日決定&特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 少女コミックを代表する、純愛名作コミックとして広く親しまれ、7年間に渡って別冊マーガレット(集英社)で長期連載した、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化!

この度、『僕等がいた』以来、5年ぶりとなる“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真さんと映画界にひっぱりだこの広瀬すずさんの初共演作である本作のビジュアルと特報映像が初公開。また、10月28日(土)の公開も決定しました!


映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となったビジュアルには、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師、伊藤貢作(生田斗真)に“初恋”をしてしまう広瀬すず演じるごく普通の女子高校生、島田響の姿。自分自身も思いもよらなかった相手、“先生”への初恋・・・。「片想いのままでいいから、好きでいたい」、初めての気持ちに戸惑いながらも、教室の窓から外を見つめ、どこまでも純粋に“近くて遠い存在”である伊藤先生に想いを馳せる、17歳の響の切ない表情が印象的。



また、映画公式サイトでは、そんな響が一途な想いをこらえきれず、ベンチで眠ってしまった無防備な伊藤先生にキスをしようとする、思わずキュンとしてしまうポスタービジュアルも公開!

柔らかい光が二人の恋を優しく包み、これまでの少女コミック原作ものとは一線を画す珠玉の<純愛映画>の誕生に期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph そして、お二人のインタビュー内容も到着!

伊藤先生を演じた生田さんは、響を演じる広瀬さんに対して、

生田さん:広瀬さん、響、ともに、まぶしすぎて直視できないくらいの輝きを放つ子。お芝居に対してまっすぐだし、一生懸命だし、本当に響に見える瞬間がたくさんありました。

今作ではトレードマークともいえるボブをショートカットにして挑んだ広瀬さんも、生田さんに対して

広瀬さん:伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。神様みたいな人でした。

とお互いの演技に惹かれあった様子。自身の役についても其々、

生田さん:ぼくは大人の恋愛ものはあまり経験してこなかったので、自分が30代になって初めてのラブストーリーに呼んでいただいて、自分の中でもたくさんのチャレンジがあったし、得るものがたくさんあったんではないかと。広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかったです。

広瀬さん:(初めての王道ラブストーリーということで)何もかも初めての想い、感情だったので、ただただ伊藤先生のことを一途に考えようと思いました。「何いってるんだろう、私」とふとした瞬間現実に戻ることもあったのですが、恥ずかしがるのも全部伊藤先生を好きっていう気持ちに変えたいなって思って、そこが大きくなればなるほど全部が変わってくるので、ただ伊藤先生だけを見ていようって毎日思いながら現場に入っていました。

と初めての王道恋愛映画のヒロインを演じた充実感を滲ませました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが―。今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

公式HP:sensei-movie.jp
公式Twitter:@sensei_movie

***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年)  

監督:三木孝浩  
脚本:岡田麿里  
制作プロダクション:ドラゴンフライ エンタテインメント
製作:映画「先生!」製作委員会 
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社 
©2017 映画「先生!」製作委員会