岡山アピール!弥尋・木ノ本嶺浩・北村友彦 登壇『桃とキジ』東京初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『桃とキジ』が9月9日(土)よりシネマート新宿、他全国順次公開となりました。東京での初日舞台挨拶に、キジこと秋山洋介役の弥尋さん、サルこと山口海人役の木ノ本嶺浩さん、イヌこと岸本成多役の北村友彦さん、喜多一郎監督が登壇しました。

日程:9月9日(土)
場所:シネマート新宿
出演:弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 喜多一郎監督 
SPゲスト:ももっち 岡山桃太郎くん
映画情報どっとこむ ralph 立ち見も出る中、盛況の中、弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 喜多一郎監督が登壇。
映画の成り立ちと思いを

喜多監督:去年の2月に岡山のプロデューサーを紹介して頂き、吉備津神社に行ったら、感じるものがあり、ここでだったら素敵な映画が撮れるなと思いました。今の時代なかなか夢が叶えにくくて、すぐ挫折してしまう人が多いけれど、決して負けることがダメなのではなく、諦めなくちゃうのがダメだというメッセージを受け取ってほしいですね。

と答えた。

キャストの3人キジ弥尋さん サル木ノ本さん、イヌ北村さんは、想いの詰まった脚本を読んで、どう思ったか。どう役作りをしたかを聞かれ、
弥尋さん:最初題名で、時代劇かと思いましたが、ちゃんとがっつり現代劇でした。(笑)で、本読みの時に、桃役の櫻井綾さんに桃がキジの何を好きになるのかわからないと言われ、そこを意識して演じました。(笑)
木ノ本さん:本読みで?手厳しいね!

と反応する木之元さんは続けて
木ノ本さん:監督に『土着的な人間が欲しい』と言われ、土地の人ということを意識してやりました。台本の台詞は岡山弁ではなかったけれど、イヌ役の北村くんに初めて会った日に一緒にご飯を食べに行って、北村くんに岡山弁を教わりました。

と撮影時のエピソードを語り、方言指導もしていた?北村さんは
北村さん:主人公の桃が役者を目指して東京に来ている役で、僕と同じ環境の役なので、感情移入して読みました。

と脚本の感想を話した。

映画情報どっとこむ ralph 本日ご欠席の主人公のお父さん役の甲本雅裕さん、お母さん役の手塚理美さんとの印象的なエピソードを聞かれると、
弥尋さん:初日に甲本さんに、『台本は標準語だけれど、岡山弁を使った方がいいよ』とアドバイスを頂いて、北村くんに怒られながら頑張りました。

とエピソードを披露。
北村さん:撮影の時に手塚さんが差し入れで持ってきてくださったきび団子が美味しかった。

と話しました。


岡山でオススメの場所を聞かれると

弥尋さん:吉備津神社が気持ち良かったです。
木ノ本さん:岡山後楽園に行って、岡山城に登り、岡山の街を見ました。岡山の自然は、この物語を包んでくれていると思っていて、撮影前に自然に触れられて良かったです。

とし、

唯一岡山出身の北村さんは・・・

北村さん:うらじゃ踊り!映画で見ることはあまりないので良かったです。

と回答。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
喜多監督:この三人が出るシーンでハードなシーンもあるので、じっくり見てください。また、岡山の素敵な場所が沢山出てくるので、岡山の良さを再発見して頂き、モチーフの桃太郎伝説をどう生かして新しいストーリーになっているかを楽しんで頂ければと思います。

とメッセージを送った。

フォトセッションには、岡山を代表するヒーローの桃太郎をアレンジして誕生した岡山県マスコットの『ももっち』と、映画のキャラクター『岡山桃太郎くん』も駆けつけました。


映画『桃とキジ』

が9月9日(土)よりシネマート新宿。他全国順次公開

「桃太郎」を岡山の保育園で演じたのがきっかけで、女優を目指し上京するも上手くいかず、父が亡くなってから5年故郷に帰れていなかった女性が、母親が父の死後一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知り、帰郷して自身や家族、郷土の友人との絆を見つめ直すハートフルストーリーです。

主人公・桃を演じるのは、本作が映画主演デビューの櫻井綾。主人公を支える同級生・キジ役は、元・MENS’ NONNOモデルで、現在は俳優業に専念をしている弥尋(みひろ)。

その他、主人公に親子の絆を思い出させる亡き父親役で、『踊る大捜査線』シリーズなどの岡山県出身の甲本雅裕、厳しくも影で主人公を支える母親役でベテランの手塚理美が脇を固める。

また、主人公を追い詰める謎の男役で、岡山県出身の千鳥・大悟、映画プロデューサー役でベンガルらも出演。

メガホンを取るのは『Life on the longboard』、『ヨコハマ物語』などの喜多一郎。

物語・・・
保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃(櫻井綾)。同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。その後、演劇に目覚め、女優を志し、岡山から18歳で上京するも、そこは厳しい世界だった。それでも頑張って来られたのは、女優を応援してくれた父がいたからだった…。ところが、その父は病死。その後も全く芽が出ず、生活も苦しく、気付けば26歳に。でも、どこかで思っていた。「自分には帰る実家がある」と。そんなある日、母が一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知る。慌てて実家に戻り、すっかり大人になった保育園の同級生でキジ役だった秋山洋介(弥尋)、サル役だった山口海人(木ノ本嶺浩)、イヌ役だった岸本成多(北村友彦)と再会するのだったが……。

http://momotaro-kun.com/

***********************************

出演:櫻井綾 弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 千鳥・大悟 桃瀬美咲 江西あきよし ベンガル 甲本雅裕 手塚理美
監督:喜多一郎
脚本:金杉弘子  
エグゼグティブ・プロデューサー:成廣通義 
主題歌:『未来RAIL岡山』岸田敏志
製作:HIROPRO 
制作プロダクション:オフィスキタ 
配給:ベストブレーン

2016年/日本/DCP/カラー/ビスタ/83分/G 
©2017「桃とキジ」製作委員会  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ