染谷俊之・赤澤燈・廣瀬智紀 シリーズ4『逃げた魚はおよいでる。』製作決定


映画情報どっとこむ ralph 舞台を中心に活躍し絶大な人気を誇る【染谷俊之・赤澤燈・廣瀬智紀】の3名が出演し好評を博した、シリーズ1作目『カニを喰べる。』(15)、2作目『羊をかぞえる。』(15)、3作目『天秤をゆらす。』(16)に続く、完結編となるシリーズ4作目 映画『逃げた魚はおよいでる。』の製作が決定しました。

本シリーズは、染谷演じる田宮と赤澤演じる青島のアラサーコンビの珍道中を描き、2作目からはそんな2人をさらに騒動に巻き込む、廣瀬演じる丸井が登場。

シリーズを追うごとに巻き込まれる騒動もスケールアップしてきたが、ファイナルとなる4作目では、その舞台は日本を越え、台湾へ!!
すでに雲 行きが怪しいが、ダメ男 3 人の行く末はいかに!? 田宮・青島役はシリーズを支えてきた染谷俊之と赤澤燈が四たび演じる。舞台「剣豪将軍 義輝」(17)や映画『星 降る夜のペット』(17)など主演作が相次ぐ染谷と、映画・ドラマ・舞台と活躍の場を広げ続ける赤澤の当たり役 にもなったダメ男役だが、ファイナルではそんな 2 人の真価が問われる状況に。完結編となる本作で、それぞれが選 んだ道とは!?さらにお人好しの丸井役を演じるのは、映画『HiGH&LOW』(17)や劇団☆新感線『「髑髏城の七 人」Season 月<下弦の月>』(17 年 11 月~)への出演が控える廣瀬智紀。

映画情報どっとこむ ralph 本シリーズでキーパーソンとなる丸井 を演じてきた廣瀬だが、ファイナルでは今まで見たことのない新たな一面を披露。田宮・青島と同様に、丸井が選んだ“道”にも是非注目なんです。

監督・脚本はシリーズの生みの親である毛利安孝。
シリーズ 1 作目から出演している田宮役の

染谷さん:このシリーズを今まで支えて下さったみなさん、本当にありが とうございました!撮り終わった今でもファイナルの実感はありませんが、今回は海外での撮影もあり、今までで一 番盛りだくさんな内容となっています。このシリーズを観た事がない方にも楽しんで頂ける内容となっていますので、是非劇場まで足を運んでみてください!

と呼びかけています!

映画情報どっとこむ ralph 映画『逃げた魚はおよいでる。』は2017年初冬の公開を予定です。

また、劇場公開に先駆け10月21日(土) に北神区民センター(神戸)、翌22日(日)に日テレらんらんホール(東京)にて完成披露イベントが開催されます。

詳細は映画公式サイトで確認!!
サイト:sakana.united-ent.com
公式 Twitter:@nigesaka_movie

物語・・・
商店街の福引でひょんな事から台湾旅行券を譲り受けた田宮(染谷俊之)、青島(赤澤燈)、丸井(廣瀬智紀)の 3 人。いつものようにノープ ランで台湾の地に降り立った一行だったが、到着するやいなやトミー(輝山立)と名乗る青年に執拗に付きまとわれる。何とか振り切ろうと逃 げ込んだ部屋で、突然銃声が鳴り響き、そこにはアタッシュケースを抱えた瀕死の男がいた。さらに、その現場を目撃した一行は何者かに追わ れる羽目に。逃げる道中に、田宮とはぐれてしまった青島と丸井は追ってに迫られ絶体絶命の状況。そんな2人の目の前に現れたのは、いつも と雰囲気が違う田宮?だった。 こうして田宮・青島・丸井のシリーズ史上もっとも最悪の 1 日が幕をあけた

***********************************


出演:染谷俊之 赤澤燈 輝山立 宋順鴻 王勇達/廣瀬智紀

監督・脚本:毛利安孝
製作:長田安正/菅谷英一
企画:村田 亮
プロデューサー:髙槻 華/菅谷英一
撮影:葛西幸祐
照明:常谷良男 録音:光地拓郎 編集:佐藤 崇 音響効果:岡瀬晶彦 助監督:土岐洋介 製作担当:三島翔一
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ スチール:蒔苗 仁 音楽:鷹尾まさき 美術:石佩 姍

特別感謝:高雄市政府文化局影視發展暨拍片支援中心、GJ94 Film Studio、鏡頭銀行、Ally 演員經紀工作室、Judy 模特兒演藝工作室、 高雄市五甲龍成宮、高雄市蚵仔寮漁會、高雄市我家大飯店

製作:「魚」製作委員会(ユナイテッドエンタテインメント/GFA)
製作プロダクション:GFA 宣伝・配給:ユナイテッドエンタテインメント
2017/日本/カラー/ステレオ/92 分 公式
©2017「魚」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ