映画の父“リュミエール兄弟”東京国際映画祭特別上映決定 立川志らくがナレ


映画情報どっとこむ ralph マーティン・スコセッシ監督が「世界の至宝だ!」と絶賛する、映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』が、10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他にて全国順次公開することが決定!

この度、邦題『リュミエール!』、日本オリジナルのポスタービジュアル、第30回東京国際映画祭特別上映決定、そして日本語吹替版ナレーションを映画に造詣の深い落語家“立川志らく”氏に決定した旨が、あわせて解禁となりました!

ポスターは、映画を発明した人物として知られるリュミエール兄弟。
シネマトグラフで撮影された122年前の世界を描いた作品集を1本の映画として鑑賞できるこの作品の素晴らしさを、当時の写真のとともに表現したとものになっています。

映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭特別上映決定:10/25(水)-11/3(金)に開催される第30回東京国際映画祭の特別上映作品として正式出品が決定。

上映の際には監督でもあるティエリー・フレモー氏が来日登壇予定!

立川志らく (c)山田雅子

日本語版ナレーションに“立川志らく”決定!!

落語家立川志らく氏は、古典落語と映画のコラボ!をテーマにした「シネマ落語」を開催、キネマ旬報にも「立川志らくのシネマ徒然草」を寄稿するなど映画への造詣が深く、映画の原点となる本作の日本語ナレーションを担当することとなった。



映画『リュミエール!
原題:LUMIERE!

公式サイト
gaga.ne.jp/lumiere!/

***********************************

監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)
製作:リュミエール研究所 
共同プロデューサー:ヴェルトラン・タヴェルニエ 
音楽:カミーユ・サン=サーンス
映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)
2016年/フランス/フランス語/90分/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:古賀太/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:ユニフランス
© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon
©山田雅子 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ