菅田将暉、ヤン・イクチュンらが本気で肉体駆使と!『あゝ、荒野』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司が、唯一遺した傑作小説を岸善幸監督で映画化。
菅田将暉と韓国映画『息もできない』の名優ヤン・イクチュンをダブル主演に迎えた『あゝ、荒野』が 10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日(土)後篇全国順次公開となります。

前篇の完成披露上映会に菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん、下あかりさん、モロ師岡さん、今野杏南さん、山田裕貴さん、 でんでんさん、木村多江さん、ユースケ・ ン マリアさん、岸善幸監督による舞台挨拶がおこなわれました!
ボクシングを通して現代の孤独に挑む若者の魂の叫びを闘うことでしかつながることのできない二人をイメージして
孤独をブチ壊せ!の文字をパンチで破って登場する演出から始まったイベント!

日時:8月27日(日)
会場:丸の内ピカデリー
登壇:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・ ン マリア、岸善幸監督

映画情報どっとこむ ralph 菅田さん:こんにちは!撮影中は鍛えてたのに衰えたのか、1発で敗れなくて・・・恥ずかしかった!前編156分を見に来てくれているのが嬉しいです。構えず観て下さい。ミニオンだと思って観て下さい!(笑)

ヤンさん:撮影中は頑張って鍛えてたんですが、今はおなかが出てしまいました。(笑)
と、菅田君をフォローするヤンさん。

木下さん:こんなに沢山の方の前で話すのは始めてなので、緊張しています。この日を迎えられて本当にうれしいです。
モロさん:劇中では病気で減量してたのですが・・・今年の熱さでその時より痩せています(笑)ふらふらです。
今野さん:映画の舞台挨拶が初めてで。この場に立ててとても光栄です。
山田さん:本当に素晴らしい映画になってます!観終えたときに、俺、ちゃんと今を生きてるかなと?皆さんにとって衝撃の作品になると思います。
でんでんさん:主役二人を鍛え上げる鬼コーチ。気合入れ過ぎて初日に指を怪我してしまいまして。大変でしたが頑張りました!
木村さん:この映画は胸の熱くなる、締め付けられる瞬間が沢山ある映画です。前編を見るお客様たち、すぐ後編を見たくなると思いますが。周りの方たちにその気持ちをお伝えください。
ユースケさん:皆さん!新年あけまして(菅田さん:おーい!)おととい前編後編イッキに観ました。凄い映画です。ふつうは1時間30分ぐらいが限界ですがこの映画は、途中映画トイレに1回。5時間ちょっと。目が離せないんです。前編はプロローグに過ぎません。
岸善幸監督:ミニオンを超えるべく作りました!(笑)愛のあるストーリーになってます!楽しんでください。

映画情報どっとこむ ralph 本当に体を絞っている二人、

菅田さん:一緒にトレーニングはしてなくて、撮影の半年前にお会いした時は20kg差ぐらいあって。僕は増量して、ヤンさんは減量して、同じ体重になってました。ヤンさん『息もできない』の怖い人ですからね、頑張りました。

ヤンさん:菅田さんのボクシング映像を観て、緊張しました。レベルを合わせないといけないので頑張りました。


男たちの熱い芝居の中、女優陣はどう挑んだのか?

木村さん:菅田さんとは近づけない心の持ちようでいたので、喋らないように決めたんです。でも、喋りたくて喋りたくて。でも我慢しました。それがつらかったです。

菅田さん:えっつ!嫌われてるのかと思ってました!そんなキャッキャしてる木村さんはじめてみました。

ユースケさん:いつもこの人こんなよ。

木下さんは、菅田さんと濡れ場からスタートの撮影で

木下さん:初めましての3分後ぐらいには裸なので。緊張したんですけど初日で良かったなと。最初にすべて見せてるので、内に抱えるものが多い役でしたが、乗り切りました。
一方、今野さんは、

今野さん:自殺研究会のメンバーが、みな闇を引きづって楽屋にいるので、撮影現場が緊張感であふれてました。

映画情報どっとこむ ralph ユースケさんは、菅田さん達の練習をずっと見守る鬼コーチ役。
ユースケさん:僕の愛する、菅田君、イクチュン、山田くん。胸が痛かったです。ボロボロになっていくんですよ。下で見てるのが苦しいんですよ。あれあたってるよね。

菅田さん:俺と山田はありにしてたんで。信頼関係でね。
山田さん:顔はあれですけど。ボディーは鍛えてたんで、腹って耐えられるんです。ボクシングしました。

菅田さん:その後少女漫画原作であったら、格好つけてんの!山田!(笑)

でんでんさん:何度もやるんだもんね。よくスタミナあるよ。

ユースケさん:でんでんさんが初日に突き指して、スパーリングね!凄いです。

ヤンさん:ボクシングジムの前が工事してて、工事の方が一人入ってきて、それがでんでんさんでびっくりしました。

菅田さん:ほんまやね。その通り。で、すぐその人にシバかれる。(笑)

でんでんさん:そのシーンで笑わないでね。
モロさん:イクチュンさん殴るシーンがあるんですが、息もできない観てたので怖い人を・・・叩いてもいいのだろうか。。。思い切り来てくださいと言われて、思い切りやりました

こだわりは

岸善幸監督:ボクシングも濡れ場も、みな体を鍛えて臨んでくれています。是非堪能してください。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

菅田さん:これから観る映画は、原作は60年代ですが、今も昔も孤独や寂しさは荒野のようだったり、その反面愛情に飢えてたりだと思うんです。過去を埋め、そして未来を向いていく映画です。大事に観て下さい。

物語・・・
かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして 2021 年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと 健二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋の ッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口からボクシングジ へと誘われる。言われるがままボクシングジ を 訪れた2人は、それぞれの想いを胸にト ー ングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行 く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく健二。そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカンもまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸 撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション: テレビマンユニオン HP: kouya-film.jp ©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ R15+

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ