モントリオール世界映画祭へ!『幼な子われらに生まれ』コンペ出品決定


映画情報どっとこむ ralph 今週末の8月26日(土)よりテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国にて公開となる三島有紀子監督作品『幼な子われらに生まれ』。



浅野忠信さん、田中麗奈さん、宮藤官九郎さん、寺島しのぶさんという個性溢れる豪華キャストで、ついに映画化となりましたが、この度、カナダで開催される第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門への正式出品されることが決定しました!

本年度の映画祭では、コンペティション部門に選ばれた18作品の中で、『幼な子われらに生まれ』が唯一の日本映画となります。

また、三島有紀子監督は、2014年に『ぶどうのなみだ』で第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待されていて、自身2回目のモントリオール世界映画祭となります。

映画祭の開催期間は8月24日から9月4日で、『幼な子われらに生まれ』の上映は9月1日(金) 19時と9月3日(日) 11時にImperial Cinemaで予定されている様です。

映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督コメントが届いています!

スタッフ・キャストみんなで心を込めて作った作品が、憧れのモントリオール世界映画祭のコンペティション部門に選ばれ、このうえない幸せを感じています。

文化によって家族のコミュニケーションの仕方は異なりますが、家族は普遍なもの。日本のある種の家族の姿が世界中でどう受け止められるか、興味深いですし、伝わってくれるといいと思っています。

いま世界で起こっていること、日本で起こっていることを見ていると、人間を嫌いになることが多くなってきました。でも、人間は愛おしい生き物だということをこの映画では再認識してもらえると思います。だから英語タイトルは『DEAR ETRANGER』にしました。たくさんの皆さまに届きますよう祈っております

映画情報どっとこむ ralph 幼な子われらに生まれ

8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー


「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」

―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

「普通の家族」を築けない、不器用な大人たちの、愛すべき物語。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。

実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

osanago-movie.com

***********************************

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「しあわせのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)
8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ