『おクジラさま ふたつの正義の物語』ヨシダナギ×佐々木芽生監督対談映像


映画情報どっとこむ ralph 6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光をあてるドキュメンタリー映画。

A WHALE OF A TALE』の邦題が『おクジラさま ふたつの正義の物語』として9月9日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開となりました。

本作は、2010 年公開、東京で25 週間のロングランヒットを記録したドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の佐々木芽生監督による、最新ドキュメンタリー!

この度、対談企画第二弾としてフォトグラファーのヨシダナギさんと佐々木芽生監督による対 談<前編>が行われ、その模様を収めた映像が到着致しました。



<アフリカでも捕鯨問題と同じようなことが起こっている>

本作で描かれる捕鯨問題からヨシダナギさんが思い起こしたのはアフリカの「今」だったという。

ヨシダさん:グローバル化が進んでいて、アフリカの各国で裸族がいることを好ましいと思わない国が増えてきてしまっていて。政府が裸族っていうものを『なかったこと』 にするというような動きが始まっていて。でも、一方では、やっぱり自分たちが長いこと続けてきた文化に恥を感じるなんてこと はないっていう、民族と国とのぶつかり合いが結構起きていて。

アフリカに足繁く通うヨシダ氏だからこそ見える「変化」に対して、佐々木監督も呼応する。

佐々木監督:私も、最初はクジラとイルカって いう話から本作の製作に入っていったんですけど、撮ってるうちにやっぱり捕鯨の問題じゃなくて、まさに仰ったように、グロー バルとローカルの話だなって。グローバリズムって、ものすごく強引に色んな所に入ってきちゃってるじゃないですか。そこを黙っ てると、簡単に飲み込まれてしまうっていうか。

アフリカと太地町。遠く離れた二つの地域ではあるが、今そこで失われつつあるモノの共通点を見出した二人の話は「グローバリズム」をテーマに深く進んで行く。世界を舞台にする日本の女性だからこそ見える視点。

吉田さん:アフリカと出会ってなかったら、 ずっとうちにこもっていて、何もできてなかったと思う。

とまで語るヨシダさんの真摯な思いと情熱がたっぷり語られる対談に。

映画情報どっとこむ ralph
おクジラさま ふたつの正義の物語
原題:A WHALE OF A TALE
9月9日(土)よりユーロスペースにて待望の公開

公式HP:
okujirasama.com

【SYNOPSIS】
紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争 に巻き込まれた。「くじらの町」として 400 年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒート アップする対立が沸点に達しようという2010 年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 ― 捕鯨を守りたい 日本人とそれを許さない外国人 ― という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギ ー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか? 今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。

***********************************

制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ、ミュート、朝日新聞社
協賛:アバンティ、オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
2017年 / 日本・アメリカ / 97分 / HD / 16:9
© 「おクジラさま」プロジェクトチーム
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ