東京国際映画祭×京都ヒストリカ国際映画祭 若手向けワークショップ共同開催


映画情報どっとこむ ralph 東京国際映画祭×京都ヒストリカ国際映画祭 「京都フィルムメーカーズラボ」にて 若手クリエイター対象のワークショップを共同開催

2015 年から、東京国際映画祭は京都ヒストリカ国際映画祭と連携し、「京都フィルムメーカーズラボ」に て若手クリエイターを対象にしたワークショップを共同開催しています。 「映画の未来の開拓」を重要な柱のひとつとして掲げる東京国際映画祭では、国内外の若手クリエイターを 対象に人材育成のワークショップとして実績のある京都ヒストリカ国際映画祭と連携し、新たな才能の育成を 目指しています。 今年も、京都ヒストリカ国際映画祭が実施しているワークショップ「京都フィルムメーカーズラボ」のプロ グラム、「マスターズ・セッション」に東京国際映画祭に参加する多彩なゲストを講師として派遣し、刺激的な レクチャーを企画しています。

このワークショップを通して、若い作り手たちを活性化させ、未来のフィルム メーカーを育んで行くそうです。

映画情報どっとこむ ralph <京都フィルムメーカーズラボ 2017 概要>

京都ヒストリカ国際映画祭が 2007 年から継続的に実施している短編時代劇製作ワークショップ。選抜された約 20 名の国 内外の若手クリエイターが、京都にある松竹および東映の各撮影所に分かれ、3 分程度の時代劇を実質 2 日間で撮影する。各 撮影所のプロのスタッフがサポートすることで、参加者は京都ならではの時代劇の撮影現場とその技術に触れることが出来 る。また 2015 年より「マスターズ・セッション」を新設。東京国際映画祭に参加する多彩なゲストや、映画人を講師として 招き、参加者との議論が交わされる場となっている。今年は時代劇の俳優・女優を育成するアクターズ・ラボも開催。京都で 磨かれた時代劇演技、所作、心得の修練だけではなく、世界から集まる映画作家、映画マスターとの交流の中で広い視野を培う場を提供する。

日程:2017年10月28日(土)〜11 月5日(日)
会場:京都文化博物館 フィルムシアター他
公式サイト

(1) ハンズオン時代劇
日程:2017年10月28日(土)〜11月3日(金祝)7日間 東映・松竹撮影所の時代劇スタッフと世界から集まる若手クリエイターが短編時代劇を製作するワークショップ。 後半はマスターズ・セッションに合流しレクチャーを受講しながら業界内の様々なゲストとも交流。

(2) マスターズ・セッション
日程:2017年10月31日(火)〜11月3日(金祝)4日間 現役で活躍する映画人と世界から集まる若手クリエイターのトークサロン。東京国際映画祭に参加する 多彩なゲストも講師を務める。その他、東映剣会の協力により、殺陣講座の開催も予定。

(3) アクターズ・ラボ 日程:2017年10月28日(土)〜10月30日(月)3日間 若手俳優・女優を対象に、時代劇の所作・心得・演技の指導を行うワークショップ。 詳細は後日発表いたします。

会場:東映京都撮影所、松竹撮影所、京都文化博物館ほか

公式サイト


主 催:京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会
(京都府、京都文化博物館、東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、株式会社東映京都スタジオ、巖本金属株式会社、株式会社ディ
レクターズ・ユニブ、立命館大学)
共催:第 30 回東京国際映画祭実行委員会、KYOTO Cross Media Experience 実行委員会
協力:京都クロスメディア推進戦略拠点、日中映画祭実行委員会、上海戲劇学院、イタリア文化会館-大阪

映画情報どっとこむ ralph 京都フィルムメーカーズラボ 2017 参加者募集

京都フィルムメーカーズラボへの参加者を現在募集しています。
【参加対象者】 映像作家、映画監督、映画プロデューサー、撮影技術者、照明技術者、編集、録音、
サウンドエンジニア、音楽、アニメーター、ゲームクリエイター、CG クリエイター、シナリ
オライター、俳優など。

【募集期間】
1.ハンズオン時代劇:
2017年8月10日(木)〜9月17日(日)
2.マスターズ・セッション:
2017年8月10日(木)〜9月17日(日)
3.アクターズ・ラボ:
2017年8月10日(木)〜10月7日(土)(予定)

【応募方法】
1. ハンズオン時代劇:オンラインエントリーの後、作品の提出
2.マスターズ・セッション:プロフィールのオンラインエントリー
3. アクターズ・ラボ:プロフィールと写真データのオンラインエントリー
【渡航補助】 海外居住者には 6 万円の渡航補助金を支給(ただしアクターズラボ参加者は除く)

応募の詳細は「京都フィルメーカーズラボ」公式サイトをご確認ください

All photo ©Kyoto Filmmakers Lab

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ