芳根京子 主演短編 外山文治監督映画『わさび』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『心が叫びたがってるんだ。』が大ヒット中の女優・芳根京子が主演する短編映画『わさび』の公開日が近づくなか、本日、その予告編が解禁されました。



本作は「心の病を抱えた父を守るため、実家の寿司屋を継ごうと決めた女子高生」を描いた骨太な人間ドラマ。

厳しい現実に立ち尽くしながらも必死に生きる17歳の心の葛藤と決断が、見る者に深い感動を与える感動作です。富田靖子や下條アトムほか実力派俳優達の中で、みずみずしくも研ぎ澄まされた演技力を発揮する芳根京子の姿は圧巻のひと言。ぜひ御期待ください。
ニューヨーク、ベルギーでも多くの観客から好評を博し、5月には「ロサンゼルス日本映画祭」で最優秀短編作品賞を受賞した『わさび』。

昨年大ヒットした映画『君の名は。』 の聖地・岐阜県の飛騨高山で撮影されており、8月13日には東京公開に先駆けて現地先行上映会も実施されます。

映画情報どっとこむ ralph なお本作は、「映画監督外山文治短編作品集」と題し、吉行和子主演、共演に村上虹郎を迎えた話題の短編映画『春なれや』(外山文治監督作品)他と同時上映で8月26日よりユーロスペース(渋谷)にて2週間限定レイトショー公開されます。

物語・・・

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵(芳根京子)。今は離れて暮らす母・房子(富田靖子)や周囲の大人達は、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとはしない。
そんな葵の前にかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉(下條アトム)が現れた。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。葵は子供の頃から、庄吉が投げるボールの軌道を「魔法」だと信じていた。せめて今は魔法のような力を信じたい……。

葵が噛みしめるのは、人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望。

公式HP: http://haru-wasabi.com
公式Twitter:@wasabi_film
***********************************

製作・監督・脚本:外山文治(映画『燦燦–さんさん–』『春なれや』ほか)
出演:芳根京子、杉本凌士、下條アトム、富田靖子 

2016年/日本/日本語/カラー/ビスタ/ステレオ/ 30分
公開日:2017年8月26日(土)劇場:ユーロスペース 渋谷 
© 外山文治2016
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ