僧侶VS煩悩に世界中が爆笑&喝采!!『仁光の受難』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 昨年の東京フィルメックスで日本初上映され、受賞こそ逃したものの、その強烈な個性で審査員を唸らせた映画『仁光の受難』が、ついに9月23日(土)より角川シネマ新宿にて劇場公開することとなり、合わせてポスタービジュアルと予告も到着しました!



快進撃の皮切りは2016年に開催されたバンクーバー国際映画祭。
ワールドプレミア上映が決定するや否や、無名の新人監督の作品にも関わらず即完売。
あまりの人気に追加上映が決定し、その上映も満席となるなど、大きな話題を生みました。
その評判は瞬く間に世界に広がり、釜山国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭などに続々出品が決定した怪作。

手掛けたのは期待の若手監督・庭月野議啓(にわつきののりひろ)。
フリーの映像ディレクターとしてCM制作などを手掛ける傍ら、本作『仁光の受難』をクラウドファンディングなども募りながら4年の歳月をかけて完成させました。

映画情報どっとこむ ralph 誰よりも実直なのに煩悩に翻弄される僧侶と、刀に魅入られ人斬りとなった侍、そして男の精気を吸い取る妖怪(あやかし)が邂逅する摩訶不思議な世界を、実写とアニメーションを融合させるなど、映像の現場で培った様々な技術を駆使して一遍の魅力的な妖怪譚として昇華させています。僧侶が煩悩と戦う衝撃作品にご注目ください!

主演は俳優だけでなく映画監督としても活躍する辻岡正人。
「人生でこんなにモテたことがない」という彼が色欲に翻弄される仁光を文字通り体当たりで演じた姿は、コミカルながらも奇妙な哀愁を漂わせ、観る者を魅了します。
さらに、劇中ラヴェルの「ボレロ」を演奏するのは、世界的に活躍する尺八奏者・神永大輔。
現世と魔境の狭間で揺れる仁光の心情を見事に表現し、本作をより魅力的に彩ります。

『仁光の受難

9月23日(土)、角川シネマ新宿にて公開

***********************************

監督:庭月野議啓
キャスト:辻岡正人
尺八奏者:神永大輔
(C)TRICYCLE FILM
配給:ポニーキャニオン

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ