満島ひかり は大女優になると津嘉山正種が太鼓判!『海辺の生と死』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 4年ぶりの満島ひかり単独主演となる映画『海辺の生と死』が7月29日より、テアトル新宿ほか全国公開となり

初日舞台挨拶には、主演の満島ひかりさん。トエの恋人の朔(さく)中尉を演じた永山絢斗さん。トエの父親役を演じた津嘉山正種さん。朔中尉の部下大坪役の井之脇海さん。日本兵の象徴兵士の川瀬陽太さん。そして『アレノ』で監督デビューし、本作が長編2作目となる越川道夫監督が登壇しました。
さらに、劇中で満島が披露している奄美の島唄の歌唱指導をした奄美島唄の第一人者、朝崎郁恵さんがスペシャルゲストとして登場し、島唄を披露しました!

日時:7月29日(土) 
会場:テアトル新宿
登壇:満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種、越川道夫監督、朝崎郁恵

映画情報どっとこむ ralph 満島さん:初日に、お集まりいただきありがとうございます。初日と言うのは映画と離れる日だと思っているので嬉しさと寂しさがあいまっています。

先日奄美で上映会があったことに関し、

満島さん:この舞台にいる5人以外は島の人たちに出ていただいているのですが。上映会に来てくれた子供たちが、少し大きくなっていて。映画の撮影は眠れないから勘弁と言う子や案外俳優に向いてると言う子もいて、かわいかったですね。朝崎郁恵さんから教わった島の歌を多用しているんですが、歌の部分や私が躍ってるところに島のおばあさんたちが喜んでくれていたりしました。歌や映像は言葉を超えますね!って言われて嬉しかったです。

と、感慨深げな満島さん。
越川監督:島を歩いていると、「島を撮っていただいてありがとうございました。」と言われたりして、島が写ってないとと撮っていたので良かったです。島の生活、島の映画。どこまで撮れるのかが、一番大きな課題だったので嬉しかったですね。

映画情報どっとこむ ralph 永山さん:東京から来て島に段々なじんでいくのは心地よかったです。今回兵隊の役ですが、監督はこれは戦争映画じゃなくて戦争色を匂わせないようにと。言われて演じました。浜辺でのシーンは目に見える機材を全部どけて撮影してくださって。ありがたかったです。贅沢な空間でした。他の現場でもそうだといいなと(笑)

子供たちとの共演が多かった井之脇さん。
井之脇さん:新宿ですが奄美時間を感じて下さい。僕が島に到着したときにはみんなトエ先生を大好きになっていて、環境が出来ててやりやすかったですね。でも、子供たちから蹴られてて・・・トエ先生(満島)を守るつもりか本番でも蹴ってくるんです。やんちゃな子たちが生き生きと映ってると思います。(笑)

満島さん:海くんのシーンはいつも蝶々が飛んでいてね。

井之脇さん:奄美で死者の魂が宿る生き物だと。ちょうど役にもあっていたと思います。

唯一戦争側の役
川瀬さん:抵抗はありましたが、やりやすかったですね。

ここで、津嘉山さんの出身の沖縄の話になり・・・そのまま満島さんの話に
津嘉山さん:俳優は努力してなれる人と俳優になるべく生まれた人の2種類がいます。西田敏行のような俳優になるべくして生まれてきたやつがいるんですね。そして、満島さんもそう。大きな女優さんになると思ってます。一緒に芝居ができてうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph ここで朝崎郁恵さんがスペシャルゲストとして、花束を持って登壇。満島さんに贈呈。

今回、口伝えで歌唱指導してくれた恩師。
朝崎さんが島唄を歌唱!

満島さん:奄美大島の半しです。小さな島の小さな物語。美しさと怖さとか、自分たちの土地に住む精がまだあった時代のお話です。
こうやって島の受け継がれる愛の形として映画となりました。色々感じていただければ思います。



物語・・・
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・

***********************************

出演:満島ひかり 永山絢斗 
井之脇海 川瀬陽太 津嘉山正種
脚本・監督:越川道夫
原作:島尾ミホ「海辺の生と死」(第15回田村俊子賞受賞・中公文庫刊)島尾敏雄「島の果て」ほかより/
脚本監修:梯 久美子
参考文献:『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』(新潮社刊)
歌唱指導:朝崎郁恵
企画・製作:畠中鈴子
製作:株式会社ユマニテ
制作:スローラーナー
配給:フルモテルモ、スターサンズ 
2017年/日本/155分/DCP/5.1ch/16:9/カラー  
(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
津嘉山さんは沖縄出身。

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ