8月5日公開『夜明けの祈り』マドレーヌ・ポーリアック”本人のポートレート解禁!


映画情報どっとこむ ralph このたび、本年度仏セザール賞で主要4部門ノミネートを果たした映画『夜明けの祈り』が8月5日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。
『ココ・アヴァン・シャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』で強く美しく女性の生き様を映し出してきたアンヌ・フォンテーヌ監督が70年以上闇に埋もれていたヒロインたちを目覚めさせた。

このたび解禁されたのは、第二次世界大戦末期から戦争終結直後にかけポーランドで医療活動に従事し、本作のモデルとなった女性医師“マドレーヌ・ポーリアック”本人のポートレート。
ポーリアックが航海日誌のようにとっていた治療の記録には、ソ連兵によるポーランド人女性への暴力や性的虐待に関する事実が克明に記されていた。

映画情報どっとこむ ralph さらにその手記には“いつかこの陰の天使をヒロインに…”という司祭からの手紙が添えられており、フォンテーヌ監督は、プロデューサーが持ってきたこの物語に感銘を受け、製作に取り掛かかったのだそう。

フォンテーヌ監督:すべて実際の出来事ですがこれまで忘れ去られ、隠されてきたことです。女性への暴力や性的虐待は70年前の出来事ではなく、今なお戦時下の国々で行われていることを忘れてはいけません。

とコメント。本作は悲惨な歴史を描きながらも、国境を越えた女性たちの絆の物語であり、カトリックの大本山であるヴァチカンでも上映時には、フランシスコ教皇の側近である大司教から

大司教:カトリックの修道院でも同じようなことが行われていた。物語の人物を通して悲劇に向き合うことで、教会にとってもセラピーとなるような作品だ!。

と絶賛しています。

フランス赤十字に入った彼女が終戦後のポーランド全土およびソ連の一部でチーフドクターとしてフランス軍の帰還任務に当たったことや、200件に達したポーランドでのフランス軍兵士の送還任務は、女性で構成された赤十字のボランティア部隊とともに果たすなど彼女の功績はとても大きなものである。しかし、ポーランドの人里離れた修道院に危険を冒しながらも通い続け、繰り返される性的暴力に傷ついた修道女たちの命と心までを救った実話も含め、マドレーヌ・ポーリアックの存在は長い間公になることはなかった。マチルド役のルー・ドゥ・ラージュは、

ラージュ:真の英雄はスーパーヒーローではなく、実際の歴史の中に息づくポーリアックのような人のことよ。

と思いを語ります。

映画情報どっとこむ ralph これまで知られることのなかった衝撃の事件、そして絶望の闇の中にいた修道女たちの希望の灯火となったヒロインの姿は多くの人々に感動と平和への祈りを思いを・・・。

映画『夜明けの祈り
原題:Les Innocentes

は、8月5日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

yoake-inori.com

物語・・・
1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってゆく……。

***********************************

監督&翻案:アンヌ・フォンテーヌ
製作:エリック・アルトメイヤー、ニコラス・アルトメイヤー
音楽:グレゴワール・エッツェル
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ

出演:ルー・ドゥ・ラージュ『世界にひとつの金メダル』、アガタ・ブゼク『イレブン・ミニッツ』、アガタ・クレシャ『イーダ』

2016年/フランス=ポーランド/フランス語、ポーランド語、ロシア語/1時間55分/アメリカンビスタ/カラー/音声5.1ch

日本語字幕:丸山垂穂 提供:ニューセレクト、ロングライド
配給:ロングライド
後援:アンスティチュ・フランセ日本/フランス大使館
協力:ユニフランス
© 2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM MARS FILMS FRANCE 2 CINÉMA SCOPE PICTURES
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ