「第10回したまちコメディ映画祭 in 台東」入選作品&審査員発表


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメ ディ映画祭 in 台東」(略称したコメ)。

今年も2017年9月15 日(金)~9月18 日(月・祝)に「第 10 回したまちコメディ映画祭 in 台東」を開催いたします。

今年で 9 回目となるコンペ部門「したまちコメディ大賞」。全国から応募のあった20分以内のオリジナル・コメ ディ作品の中から、見事入選した全 11 作品を上映いたします。今年も魅力的な審査員を迎え、会場の皆さんと一緒 に栄えある『グランプリ』『準グランプリ』『観客賞』を決定いたします!

今年の審査員は現在『22 年目の告白 -私が殺人犯です-』が大ヒット上映中の入江悠監督。そして、KinKi Kids ほか多数アーティストへの楽曲提供のほか、映画・舞台で俳優としても活躍中の堂島孝平氏、映画『モテキ』では主 人公の務める会社のモデルとなった、ナタリー創設者大山卓也氏、『冷たい熱帯魚』『日本で一番悪い奴ら』などの映 画プロデューサー千葉善紀氏と、様々なジャンルの審査員が集結!多角度から作品を審査します!

果たして、栄光をつかみ取るのはどの作品なのか、、、熱い戦いをお見逃しなく! また当日は、劇団ヨーロッパ企画の新作短編 3 作品を招待作品として上映します。

映画情報どっとこむ ralph ◆審査員

入江悠(いりえ ゆう)
1979 年、神奈川県生まれ・埼玉県育ち。自主制作による『SR サイタマノラッパ ー』(09)が大きな話題を呼び、ゆうばり国際ファンタスティック映画オフシアタ ー・コンペティション部門グランプリ、第 50 回映画監督協会新人賞に輝く。その 後、同シリーズ『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』 (10)『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(12)を発表。2017 年に は連続テレビドラマ化された。『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴 り止まないっ』(11)で高崎映画祭新進監督賞。その他に『日々ロック』(14)、『ジ ョーカー・ゲーム』(15)『太陽』 (16)。17 年 6 月~『22 年目の告白~私が殺 人犯です~』公開中。12 月には新作『ビジランテ』の公開が控えている。


千葉善紀(ちば よしのり)
1965 年生まれ。日活株式会社企画編成部長、チーフ・プロデューサー。1991 年 に『ゼイラム』(雨宮慶太監督)を初プロデュース。その後、『『地獄甲子園』(03/山 口雄大監督)『ヤッターマン』(09/三池崇史監督)、『冷たい熱帯魚』(11/園子温監 督)『凶悪』(13/白石和彌監督)などを製作。08 年の『片腕マシンガール』(井口 昇監督)ではニッチで過激なバイオレンスが海外で話題となり、爆発的な人気を得る。 その経験を基に海外をメインターゲットとした「SUSHI TYPHOON」レーベルを設 立。プロデュース最新作は『孤高の遠吠』の小林勇貴監督メジャーデビュー作『全員 死刑』。


大山卓也(おおやま たくや)
ポップカルチャーメディア「ナタリー」創設者。ゲーム雑誌の編集部勤務を経て、 2007 年に「ナタリー」をスタートさせる。以降は音楽、マンガ、お笑い、映画、舞 台といった各ジャンルのニュースを発信。2017 年からはナタリーの運営会社である ナターシャの取締役会長として同媒体の運営に携わっている。


堂島孝平(どうじま こうへい)
これまでにオリジナル・アルバム 17 枚をリリースしているシンガー・ソング・ラ イター。多数のアーティストへの楽曲提供やプロデュースも担当。「こちら葛飾区亀 有公園前派出所」テーマ曲の作曲のほか、近年では KinKi Kids の共同プロデューサ ーとして、レコーディングだけでなくコンサートメンバーとしても活動している。

また、俳優として、2014 年公開映画「さよならケーキとふしぎなランプ」での主演、2016 年には劇団鹿殺しの舞台「名なしの侍」にも出演のほか、フジテレビ「オ モクリ監督」では短編映像作品を監督した。三井住友銀行のキャラクター「ミドすけ」 の CV、テレビ/ラジオの CF ナレーションも数多く担当している。

映画情報どっとこむ ralph したまちコメディ大賞 2017 入選作品

(1)『アサップ!』(2016/日本/13 分) 監督=Passion(岡 政樹) 出演=那須拓郎、江守沙矢、野村涼乃、佐藤一樹

主人公・大森太一は、受験や恋愛、今まで自分に起きた出来事全てがうまくい かなかった理由が、自分にスピードが足りなかったせいだと気づき、何事もス ピーディーにテキパキとこなす“最速の男”を目指すようになる。 ある通勤の朝、信号待ちの横断歩道で美しい女性に一目惚れをしてしまい、信 号が赤から青に変わるまでの 30 秒の間に“最速”でこの女性を落とす方法 を考えるのだった。

(2)『アパートメントコンプレックス』(2017/日本/15 分) 監督=山村もみ夫。 出演=三枝翠、仲田天使。、廣田百合子、江梨子、中村たいぞう

団地に暮らす、柴崎家の日常を描いた物語。父親が長期の海外出張で家を離れ ており、現在は母親である秋子と、息子の太郎、娘の花の 3 人暮らし。ある 日、秋子の身に起きたとある事件、秋子は子供たちのどちらかが犯人だと確信 する…。

(3)『Windows Update は突然に』(2017/日本/20 分) 監督=大北 栄人 出演=藤原 浩一、7A、宮部 純子、松村 翔子、川口 花乃子、スミマサノリ

ウイルスセキュリティ会社に務める藤原は心配性であるためパソコン のアップデートに敏感である。一方その性格が彼女に気に入られてな い。藤原に次々とおそいかかるアップデート途中の電源強制オフ。その せいでパソコンはガタガタ、彼女との関係もうまくいかなくなってい く。私達が Windows Update をする意味を問う物語。

(4)『くたばれ!サムライカメン』(2017/日本/20 分) 監督=佐野航 出演=佐野航、中野大輔、山下未莉、佐藤いづみ、ヴィンセント一朔、 篠原寛作

人気特撮ヒーロー映画シリーズ『サムライカメン』制作二十周年を記念 し、リブート作品『SAMURAIKAMEN』が公開された。シリーズの熱 狂的なファンである大学生、目黒と五反田はこの最新作に不満を抱き、 主演の渋谷、監督の恵比寿に復讐を誓う。

(5)『結婚騒選挙』(2017/日本/17 分) 監督=古新舜 出演=土井克馬、大竹佳那、むかい誠一、吉良達也、和村康市、石原瞳

売れないロックシンガーの達矢は、同棲して 10 年が経つ結夏の妊娠を 機に結婚を決意する。厳格な結夏の父・定男は、定職に就いていない達 矢を真っ向から否定するが、初孫が産まれてくることへの喜びから、結 婚の条件として、達矢に【結婚騒選挙】でライバルと対戦をするように 伝える。

(6)『ケンダマスター』(2016/日本/5 分) 監督=新井健市 出演=ほりかわひろき、村田広美、今谷フトシ、中川慶二

けん玉の玉が何度やっても棒に刺さらない!おっさんと、けん玉クレー ム処理センターとの戦いが始まる。


(7)『子供座長』(2017/日本/15 分) 監督=笹木 彰人 出演=飯阪翔、山口ゆり、大力

男が劇団のオーディションにやってきた。その内容は理不尽だらけ。何 が真実で何が嘘なのか?”演じる”とは観客だけでなく自分自身も騙す ことなのか?そんな意地悪シュールコメディー。


(8)『なめくじ劇場 2017』(2017/日本/19 分) 監督=イッキ 出演=イッキ、亀岡孝洋、アフロ後藤、五十嵐雅

声を出して笑える映画がモットーのなめくじ劇場。代名詞である「ボラ ギノールシステム」(静止画と字幕による映像表現)で日常を切り取っ た、ミドルな笑いのオムニバス。

(9)『はりこみ』(2017/日本/20 分) 監督=板垣雄亮 出演=池田香織、鳥谷宏之、板垣雄亮、鶴町憲

住宅街で重要参考人を張り込む車内、刑事たちの雑談。年代・役職を異 にする刑事たちが繰り広げる様々な会話のなか、期待を裏切る結末は 新たな事件の予感を誘う…。


(10)『目』(2017/日本/5 分) 監督=土肥耕作 出演=上大星、西村琢馬

見えたら言おう。


(11)『就活 Days』(2017/日本/5 分)※U-25特別枠 監督=ふれ D 出演=大野皓太朗、村田千晶、ふれ D 他

就活を迎え、自分の個性を面接でぶつけた。しかしなんだ。就活用に言 い換えられた自分の経験はひどく空疎に響いた。面接官も引いている。 行きたい企業はおろか、箸にも棒にも掛からぬ日々。最後に残ったのは 大好きだったヒップホップだった。「ヒップホップに就職します」彼の 出した答えを待ち受けるものは…。

※「U‐25特別枠」とは? 通常の入選作品とは別に、25歳以下の監督による優秀な作品を「U-25特別

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ