小松政夫リスペクトライブ「したまちコメ ディ映画祭 in 台東」


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメ ディ映画祭 in 台東」(略称したコメ)。今年も 2017 年 9 月 15 日(金)~9 月18 日(月・祝)に「第 10 回したまちコメディ映画祭 in 台東」を開催します。

したまちコメディ映画祭 in 台東」では、コメディ栄誉賞に決定された方に敬意を表し、毎年リスペクトライブを開催。

受賞者にちなんだ楽曲を演奏、多くの人々の心をつかんだ“笑い”を、音楽を通して、若い世代にもしっか りと受け継いでいきます。 今年の「コメディ栄誉賞」は、日本コメディ界の伝説、小松政夫氏。

植木等の一番弟子として芸能界のキャリ アをスタートさせ、一躍お茶の間の人気者に。俳優としても TBS「水戸黄門」シリーズなどの TV ドラマで、飄々と、 かつコミカルな演技を披露するほか、近年も映画『岸辺の旅』や『オケ老人! 』などにも意欲的に出演。日本のコメディを支え続け、2011 年からは日本喜劇人協会第 10 代会長を務められている“コメディ界の親分“小松政夫 氏をリスペクトしたライブとなります!

今年の参加アーティストは、本映画祭のテーマ曲を担当している浅草ジンタ、ライブ&司会で毎年おなじみのポカスカジャン、ROCK と FUNK の最高沸点“Funk-a-lismo!”貫くサムライ四人衆 SCOOBIE DO、“日本一のライブバンド”フラワーカンパニーズ、マルチに活 躍中の POP デュオホフディラン、そして、ジェントル久保田率いる 21 人編成のビッグバンド Gentle Forest Jazz Band に special guest vocal として浜野謙太が登場! したコメでしか見られない、映画を愛するミュージシャンたちの集い。

至極のステージをお見逃しなく!


映画情報どっとこむ ralph 「コメディ栄誉賞」受賞者

2008 年(第 1 回):小沢昭一 上映作品:『大当たり百発百中』『しとやかな獣』『“エロ事師たち”より人類学入門』 2009 年(第 2 回):コント 55 号 上映作品:『コント 55 号世紀の大弱点』『コント 55 号俺は忍者の孫の孫』『俺は眠たかった!!』 2010 年(第 3 回):谷啓 上映作品:『クレージー黄金作戦』『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』『図々しい奴』 『ニッポン無責任時代』『日本一のゴリガン男』『喜劇負けてたまるか!』『イチかバチか』 2011 年(第 4 回):伊東四朗 上映作品:『THE 有頂天ホテル』『スーパーの女』『進め!ジャガーズ敵前上陸』 2012 年(第 5 回):ザ・ドリフターズ 上映作品:『ズンドコズンドコ全員集合!!』『ドリフターズですよ!特訓特訓また特訓』 『舞妓はんだよ全員集合!!』 2013 年(第 6 回):堺正章 上映作品:『街の灯』『ザ・スパイダースの大進撃』、『ペ子ちゃんとデン助』(関連作品) 2014 年(第7回):西田敏行 上映作品:『釣りバカ日誌』(第 1 作) 2015 年(第 8 回):ビートたけし 上映作品:『菊次郎の夏』 2016 年(第 9 回):山田洋次 上映作品:『男はつらいよ 第1作』『母と暮せば』

文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭 in 台東」(略称したコメ)。

今年も 2017 年 9 月 15 日(金)~9 月18 日(月・祝)に「第 10 回したまちコメディ映画祭 in 台東」を開催いたします。 「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。

「映画(Cinema)」「したまち(Down town)」 「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇 を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっており今年で10年目を迎えます!

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ