コミカライズオーディショングランプリ たむら純子に決定『8年越しの花嫁 奇跡の実話』


映画情報どっとこむ ralph 主婦の友社のマンガ投稿サイト 「コミカワ」では、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 公開を記念し、コミカライズを担当する漫画家オーディションを3月より実施していましたが、この度グランプリを決定しました。

現在、グランプリほか受賞された方々のネームを掲載中です。

オーディションは、プロ、アマチュア、メジャー、インディーズ問わず誰でも応募が可能で、映画の原作本である『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』(主婦の友社刊)の中から好きなシーンを選びネーム(コマ割り、 構成案)を描いて「コミカワ」上でご応募。グランプリに輝いた作品は、「コミカワ」に掲載後、 コミックスの発売を予定しています。

書籍や映画作品のコミック化で漫画家を募集するのは、非常にまれなケースで、「コミカワ」では初の試み。

【グランプリ】 たむら純子
たむら純子さんは、今後「コミカワ」にて、「8年越しの花嫁」のコミカライズを連載。その後、コミック (全1巻)を発売。

受賞コメント 「作者さんの思いが伝わるような素敵な作画ができればいいなと思っています。」

たむら純子 プロフィール
大阪府出身。白泉社のLaLaでデビュー。 コミカライズ『恋に唄えば』『もうひとつの冬のソナタ』『浅見光彦シリーズ』『不思議の国のアリス』な ど。現在はハーレクイン、電子コミック書きおろし連載を中心にオールマイティに活躍中。

映画情報どっとこむ ralph 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話

物語・・・
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー 結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突 然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。

いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう 麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。

長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。 そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。

8nengoshi.jp

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子

監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「最後から二番目の恋」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
      
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ