桃井かおり、イッセー尾形 監督は自由な演技見守った! 『ふたりの旅路』初日舞台挨拶

投稿日2017/06/25

映画情報どっとこむ ralph 6月24日(土)に、LAを拠点に国内外で活躍する唯一無の俳優・桃井かおりと、世界の巨匠から熱いラブコールを受ける個性派俳優・イッセー尾形の、『太陽』(06)以来2度目となる豪華共演が実現した日本とラトビアの初共同製作映画『ふたりの旅路』(原題:Magic Kimono)の初日舞台挨拶が渋⾕・ユーロスペースにて行われ、主演の桃井かおり、イッセー尾形、そしてラトビアから来日したマーリス・マルティンソーンス監督が登壇。
上映後に行われた舞台挨拶では、桃井かおり、イッセー尾形、マーリス監督がお客さんからの質問に直接答えるティーチインを行い、客席は大いに盛り上がりを見せました。

映画『ふたりの旅路』初日舞台挨拶
日程:6月24日(土)
会場:渋⾕谷・ユーロスペース
登壇:桃井かおり、イッセー尾形、マーリス・マルティンソーンス監督

映画情報どっとこむ ralph 震災ですべてを失くした女性・ケイコ役の主演・桃井かおり、一言挨拶

桃井さん:ラトビアの街の中で、ものすごく大事な人をいっぱい失くしてきたラトビア人のマリス監督と、大自然と不条理な津波とか地震にやっつけられている私たち日本人と、失った人たちの思い出ごと育てるようなおとぎ話が作れるんじゃないかというのが映画のはじまりでした。とにかく、「死んでてもいいから、そばにいてくればいい」という、夫婦のいい話になったと思います。

ケイコの夫を演じるイッセー尾形さんは

イッセーさん:マリス監督と、桃井さんに連れられて、ラトビアのリガという初めての街でお芝居をしたのですが、物語の設定とか自分の役割とか色々ありますが、それらを全部差し引いて、最終的に残るのは、”かおりさんと見知らぬ街の石畳の上で芝居ができる喜び”。これに勝るものはないなと今もつくづく実感しています。今日は、みなさんのご質問にお答えします(笑)

ラトビアから来日した、マーリス監督、一言挨拶

監督:ラブディエン!(ラトビア後で「こんにちは」と挨拶)9年前にとても素晴らしい出会いがありました。桃井かおりさんとの出会いです。桃井かおりさんに、映画の制作の過程でも、ずっと支え、信頼、そしてアドバイスをもらいました。感謝しています。同じように、イッセー尾形さんとも信頼し合って一緒に仕事ができたことを嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph ここからは会場とのQ&Aに。

観客:素敵な映画をありがとうございました。ちょっと泣いてしまいました。今回は、台本は最初にしっかりしたものはあったのでしょうか?

桃井さん:台本は勿論あったんですね。でも、ラトビアから英語に直して、英語から日本語に直しているから、もう、わけわからないの(笑)もう想像して、こういう映画になるといいなって、それぞれが違った違った方向に走った結果、こういう映画になったって、そういうところありますよね(笑)

イッセーさん:僕は、台本というか、紙(笑)よりも、かおりさんの言葉でここはこんなシーンなんだと感じました。(自分が演じる)男がべらべらしゃべる料理の話、あそこのシーンは大事だから、あれは”紙”をみましたね(笑)

桃井さん:セリフは言ってもいいし、言わなくてもいいの(笑)。それはね、大きな信頼ですよね。動きも何回もリハーサルするんじゃなくて、やってもみようってところでやってみて監督にみてもらいました。

イッセーさん:台本通りやりました、監督さんもそうだね、台本通りだね、と。でも、それでは何かが足りないね、とずっと言われる映画だと最初は思っていたんです。なので、きっちり台本通りやるよりは、例えるなら、サッカーで練習は一生懸命やったけど本番で負けちゃったらしょうがない、みたいな。アスリートのような本番への感覚、その感覚がとても大事な映画だと思いました。

桃井さん:監督は、「こいつらが勝手にしゃべるんだ、本当に困るんだ」って言ってる?(笑)

監督さん:お二人の俳優が自由に演技なさるのを、見守っていました。編集するのは自分だから、最後はどうにでもなると思っていました。(笑)

桃井さん、イッセーさん:本音ですね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 桃井さん:ラトビアって綺麗な街なんですね。全部街を使わせていただいて、役者もラトビアで映画賞をとった俳優だし、市長にも助けてもらったし、大使館も協力してくれて。日本映画がここでロケをするからではなく、マリス監督がラトビアの方から尊敬されている芸術家なので、みなさんにご尽力いただけたんですね。で、日本に帰ってきたら神戸の方に助けてもらうんだけど、いまひとつ日本人の方は協力の力が弱く、桃井かおりとしては残念だった(笑)。AKBの一人でもいれとくべきだったかって(笑)。でも本当にいい撮影ができて、私たちの年齢のいい夫婦の話ができたような気がします。

イッセーさん:かおりさんは、どのシーンが一番印象に残っている?

桃井さん:一番最初の道、二人で喧嘩している夜道のシーンですね。

イッセーさん:あそこはラトビア・リガの旧市街で、昼間は観光客の方がいっぱいいて、夜は若者たちで賑わっていて、すごく活気があるんですけど、街が暴力的じゃない、ひっそりした路地を選んで撮影したんですよね。

桃井さん:イッセーさんも、(台本のセリフを)言ったり言わなかったりなので、途中でそこのセリフを入れてくる!?ってところがあったので、私自身、本当によくイッセーさんのセリフの内容に聞きいったシーンでした。

イッセーさん:あれは、マリス(監督)が編集でセリフいれたんじゃない(笑)?

観客:画が左から右に流れてる印象がありました。そういうところは意識して立ち位置として立ったのですか?

桃井さん:カメラ的なプラン設計は照明も含めてとてもきっちり出来ていて、無駄がなく、大きなハリウッド映画のシステムと同じくらいかっちりしていました。監督とカメラマンで作り上げられていたカット割りなので、その枠を壊さない程度に自由に動くというのが最低ルールでしたね

イッセーさん:左から右へ動いてた?気づかなかった(笑)。怒るんですよ,カメラマンが。それ以上動くんじゃない!その線よりこっちに来るんじゃないって(笑)

桃井さん:普通俳優が想定される速度とは違う速度で私たちが歩くから(笑)「かおり、ここで止まってセリフ言えないの?」って。「ここで言わないと、(撮影ができる)ノーチャンスだから)ってカメラマンに怒られるんです(笑)反対に、おにぎりのセリフのシーンは、あのセリフをいれたいなとマリスと言っていたんですけど、ちょっと質問がずれていってしまって。それが面白いっていうシーンだったんですけど、質問がずれていることすら、もうわからなくなっちゃう現場だったので(笑)

イッセーさん:今みたいな感じね(笑)

桃井さん:この映画にとっては大事なことを言ってるんだけど、カメラマンはただのカメラ中継の動きをしているんで、「おいおい、今いいこと言うのに、(カメラ)いっちゃうんかい!」って(笑)。で、言い終わった頃にカメラが戻ってきたりして(笑)

イッセーさん:こっちの気持ちと一致していないのね、カメラが。

桃井さん:なので、よくあるパターンにはまらない映画になったかなって。日本で封切りになれるなんて本当に嬉しくて。ここ何年か私が出た映画、映画祭でしかみれないっていう、本当にレアでしょ(笑)?

イッセーさん:日本の皆さんにみてもらえて、今度は、ラトビアのリガでも9月に公開するんですよね。

桃井さん:みなさんも、その頃リガに旅行に来て!琥珀もお安く売っています(笑)

映画情報どっとこむ ralph 桃井かおりさんと、イッセー尾形さんの絶妙な掛け合いが、劇中の長年連れ添った夫婦のような阿吽の呼吸で場内を沸かせ、大いに盛り上がった初日舞台挨拶となりました

ふたりの旅路

6月24日(土)から渋谷ユーロスペース、丸の内TOEIほか全国順次公開中です。

公式HP:
www.futarimovie.com



物語・・・
あることをきっかけに自分の殻に閉じこもったまま1人淋しく神戸で暮らしていたケイコ(桃井かおり)。

ラトビアの首都・リガで開 催される着物ショーに参加することになり、そこで過去の震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と不思議な再会をする。

現実とは思えない出来事に戸惑うケイコは、様々な場面で出没する“夫”に邪険な態度をとり続ける。やがて、心を閉ざしていたケイコがようやく “夫”を受け入れた時、再び悲しい別れが訪れる…。

***********************************

桃井かおり イッセー尾形 アーサース・スクラスティンズ、マルティンス・サーメイス 、アリス・ポラシェンコ 、木内みどり、石倉三郎

監督・脚本・編集:マーリス・マルティンソーンス
撮影:ギンツ・ベールズィンシュ
音楽:喜多嶋 修
プロデューサー:リンダ・クルク、グレイ水野詠子、ジェイソン・グレイ
製作:Krukfilms / Loaded Films
特別協力:一般財団法人民族衣裳文化普及協会、株式会社ジェイティービー、神戸フィルムオフィス、神戸市、リガ市
後援:駐日ラトビア共和国大使館、在ラトビア日本大使館
助成:文化庁、Riga Film Fund
©Krukfilms/Loaded Films
    
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。