内田伸輝監督『ぼくらの亡命』初日舞台挨拶&サハリン映画祭コンペ部門にノミネート発表


映画情報どっとこむ ralph 2016年11月の東京フィルメックスで絶賛された内田伸輝監督、須森隆文さん・櫻井亜衣さん主演で『ぼくらの亡命』が、6月24日(土)よりユーロスペースにて公開となり、。須森隆文さん、櫻井亜衣さん、松永大輔さん、入江庸仁さん、鈴木ひかり さん、椎名香織さん、森谷勇太さん、高木公佑さん、が登壇して、映画の内容はハードですが舞台挨拶はアットホームな感じで行われました。
さらに、舞台上で本作がロシア・ユジノサハリンスク市で開催される第7回サハリン国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされたことが発表となりました。

日付:6月24日
場所:渋谷ユーロスペース
登壇:須森隆文 櫻井亜衣 松永大輔 入江庸仁 鈴木ひかり 椎名香織 森谷勇太
内田伸輝監督

映画情報どっとこむ ralph これから、映画を観ることとなる観客の前に、上映前舞台挨拶がスタート。
暖かな拍手の中、監督とキャストが登壇しました。

須森さん:今、この場から見える光景に幸せを感じています。 スタッフキャスト一丸となって頑張りました。この映画を何度も観て吐きたくなるほど愛してください。

櫻井さん:とってもこの日を楽しみにしていました。この作品で初めて名前のある役、しかもヒロイン。撮影の始まりは緊張したのを覚えています。皆さんに支えられて乗り越えてきました。私にとって、とても大事な作品。受け取ってください。

松永さん:観終わって嫌な気分になる方もいるかも。でもこれは愛の物語。愛して、傷ついて傷付けられての繰り返しのラブストーリーです。楽しんでみてください。

入江さん:誠実でまともだと思って演じていましたが、本編をみたら、とんでもなかったです。そんなところも観てやってください。

椎名さん:それぞれ皆さんが何かを感じていただければ嬉しいです。

鈴木さん:私も謙虚に生きている役。 結構重い作品だと思われがちですが、自分の感覚で観てください。滑稽だなところはクスッて笑ってください。

森谷さん:鈴木さん。重たい作品ですよね・・・・今日は写真沢山とっていただいて、ちょっとずつ拡散してください!

とキャストの皆さんの挨拶に続き・・・
映画情報どっとこむ ralph
内田監督:コツコツと時間をかけて作った作品です。約一年間、みんなの休みにあわせて土日にキャスト、スタッフさんたちと楽しく撮影しました。その時のリズムで撮影していましたね。

と長い時間をかけて作った作品であることを強調。一方、須森さんはこの作品で運が向いてきたようで

須森さん:この作品のオーディションの後、国内外のいくつか映画の出演、主演が決まって、ぼくらの亡命にかかわったからこそです。

と話すとヒロインの櫻井さんは撮影の過酷な部分にも触れ

櫻井さん:一年間で夏と冬に分かれて撮影しまして。特に冬は海で撮っていてって凄い寒かったんです。兎に角寒くて。リアリティーを追及する監督はカイロ貼るの禁止。私の冬は土日で風邪ひいて、平日に治してを繰り返して、冬の間はずっと風邪ひいていました(笑)。でも楽しかったんですけどね。

と、恨み節でも、うれしそうにエピソードを話す櫻井さん。

松永さん:この二人がいい雰囲気を作ってくれたんです。

と、マイクを撮って松永さんカットイン。

なぜ、今この映画を作ったか聞かれた監督は

監督:世の中が凄く不寛容な空気感で。それを恋愛を絡めて描いてみたかったんです。サハリン国際映画祭のコンペティション部門に選ばれました。僕らの亡命と縁が心の底から喜んでいます。
須森さん:本当に、観てください、味わってください、!ありがとうございます。

と、舞台挨拶は終了。。。そして上映へ。

映画情報どっとこむ ralph 今後も、トークイベント等行うようですので、気になる方はホームページをご確認ください。

ぼくらの亡命

http://makotoyacoltd.jp

物語
東京近郊の森でテント暮らしをする昇(ノボル)は、気に入らない人々への恨みを半紙に筆書し、テントに貼りつける日々を送っている。樹冬(キフユ)と重久(シゲヒサ)らの修羅場を偶然目撃した昇は、樹冬に興味を持ち、彼女の後をつけまわす。重久は樹冬を使って美人局をしていた。騙されている!と思った昇は、樹冬を助けようと誘拐を計画し、身代金を重久に要求するが「バーカ、勝手に殺せ」と重久に一蹴され失敗。捨てられまいと、樹冬は重久に擦りよるが、重久はすでに別の女に美人局をやらせていた。用済みにされた樹冬は重久をナイフで刺した。それを目撃した昇は、樹冬の後を追い「重久は死んだ」と嘘をつき、一緒に日本から脱出しようと持ちかける…。内田が撮り続けてきた「他者への依存」というテーマを掘り下げた。

***********************************

須森隆文 櫻井亜衣 松永大輔 入江庸仁 志戸晴一 松本高士 鈴木ひかり 椎名香織 森
谷勇太 高木公佑

脚本・監督・美術・録音・音響効果・整音・編集:内田伸輝
撮影監督・スチール・美術・衣装・メイク:斎藤文 録音:新谷寛行

音楽:Yamikurae[Jacopo Bortolussi, Matteo Polato] 制作:斎藤文・内田伸輝
共同プロデューサー:日下部圭子 プロデューサー:斎藤文 内田伸輝
製作:映像工房NOBU 配給:マコトヤ (c)映像工房NOBU
2017年/DCP・Blu-ray/カラー/ステレオ/16:9/115分/製作:映像工房NOBU
配給:マコトヤ
MATERIALS:(c)2017 Makotoya Co Ltd.,/(c)2016 NOBU Production
配給:マコトヤ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ