映画『海辺の生と死』上海国際映画祭正式出品 ワールド・プレミア


映画情報どっとこむ ralph 『夏の終り』(13)以来、4年ぶりの満島ひかり単独主演となる映画『海辺の生と死』が、7月29日(土)テアトル新宿ほかにて全国公開となりますが、この度、6月17日から開催される第20回上海国際映画祭SPECTRUM部門に正式出品され、ワールド・プレミア上映の機会となることが決定いたしました!
【上海国際映画祭上映スケジュール】 
6/17(土)10:30、18(日)10:30、21日(水)10:30、25日(日)10:30

傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。

後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ執筆した戦時下での鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行し、完全映画化を果たした『海辺の生と死』。 

今回の映画祭上映が、ワールド・プレミア上映となる本作は、日本海軍が開発した特攻兵器・特攻艇「震洋」隊の隊長として島に赴任し、出撃命令を待つ若い将校と、ただどこまでもついていきたいと願った島の女性の美しい恋の物語だ。 

映画公開に向け、島尾ミホの同名小説(中公文庫刊・第15回田村俊子賞受賞)が増刷を重ねるほか、同じく原作となった島尾敏雄著「島の果て」(集英社刊)の復刊が7月20日に決定するなど、関連作品の増刷、復刊が相次ぎ、映画公開前に早くも盛り上がりを見せています。

映画情報どっとこむ ralph そして今回の上海国際映画祭選出に寄せて、越川道夫監督からコメント
越川監督コメント:
どこよりも先駆けて、上海のみなさんに『海辺の生と死』をご覧いただくことになりました。この映画を選んでいただいた方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。この映画は、南の島で育ったひとりの女性と迷いながらも特攻艇隊の隊長として島に着任したひとりの青年の恋愛を描くと同時に、大きな災厄や戦火の下で、わたしたちが、そのようなものにどのように抗することができるのか、どのように狂わずに日々を営むことができるか、ということが描こうとしました。わたしたちは、もうそれがいかに困難であるかということも知っています。満島ひかりさんが演じたトエという、可憐であると同時に、その内側に強さを秘めたヒロインを通じて、そんなことを感じていただければ、こんなに嬉しいことはありません。
物語・・・
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・



7月29日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開!

***********************************

出演:満島ひかり 永山絢斗
井之脇海 川瀬陽太 津嘉山正種

脚本・監督:越川道夫
原作:島尾ミホ「海辺の生と死」(第15回田村俊子賞受賞・中公文庫刊)島尾敏雄「島の果て」ほかより

脚本監修:梯 久美子
参考文献:『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』(新潮社刊)
歌唱指導:朝崎郁恵
企画・製作:畠中鈴子
製作:株式会社ユマニテ
制作:スローラーナー
配給:フルモテルモ、スターサンズ
2017年/日本/155分/DCP/5.1ch/16:9/カラー
(C)2017島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ