芳根京子主演 『わさび』JFF Los Angeles 2017で最優秀短編映画賞

投稿日2017/05/18

映画情報どっとこむ ralph 今もっとも注目を集める女優・芳根京子が主演を務める短編映画『わさび』が、ロサンゼルスで開催されていた「Japan Film Festival Los Angeles 2017」にて「Best Short Film Award」(最優秀短編映画賞)を受賞したことがわかりました。
12回目の記念開催となったロサンゼルス日本映画祭は、厳選した日本映画を通じて日本とロサンゼルスの文化交流を目的とした映画祭で、両国の関係を深めるべく今年も日本から多くのゲストが参加。
『わさび』は芳根京子が心の病を抱えた父を守るために実家の寿司屋を継ぐことを決めた女子高生・山野葵を瑞々しくも力強く演じ、共演に富田靖子、下條アトム等ベテラン俳優陣を迎えた短編映画の枠を超える重厚な感動作品です。

受賞の報告を受けた外山文治監督がコメントを発表。

外山文治監督:日本での公開の前に、素敵な報告を頂きましたこと嬉しく思います。日常から溢れ落ちてしまうようなテーマを扱った本作を、しっかりと掬ってくださった方々に心より感謝します。

『わさび』は、8月26日より「映画監督外山文治短編作品集」と題し、女優・吉行和子短編映画初出演となる『春なれや』(同監督)他と同時上映という形で、渋谷のユーロスベースにて2週間限定レイトショー公開されます。

また、6月から始まる「New York Japan Cine Fest 2017」での上映が決まっています。

映画情報どっとこむ ralph 芳根京子主演短編映画 『わさび』

物語・・・
心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵(芳根京子)。今は離れて暮らす母・房子(富田靖子)や周囲の大人達は、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとはしない。

そんな葵の前にかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉(下條アトム)が現れた。

粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。葵は子供の頃から、庄吉が投げるボールの軌道を「魔法」だと信じていた。せめて今は魔法のような力を信じたい。

葵が噛みしめるのは、人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望。


2017年8月26日(土)渋谷 ユーロスペースにて公開。

公式HP:
haru-wasabi.com

公式Twitter:
@wasabi_film

***********************************

製作・監督・脚本:外山文治(映画『燦燦–さんさん–』『わさび』ほか)
出演:芳根京子、富田靖子、下條アトムほか
2016年/日本/日本語/カラー/シネマスコ―プ/ステレオ/ 30分
© 外山文治
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。