滝沢秀明、門脇麦が暴露で有岡大貴 人見知りを自覚!『こどもつかい』イベント

投稿日2017/05/17

映画情報どっとこむ ralph 『呪怨』シリーズをはじめ数々のヒット作を生み出した清水崇監督が、本作が映画初主演となる滝沢秀明さんとともに完全オリジナルストーリーでおくる最新作『こどもつかい』が6月17日(土)より全国ロードショーとなります。

“こどもつかい”役には、本作が映画初主演となる滝沢秀明さん。連続不審死事件の謎に迫る記者・駿也役に有岡大貴(Hey! Say! JUMP)さん、駿也の恋人で、ふとしたことからこどもに怨まれてしまう尚美役に門脇麦さんで、“こどもつかい“と“こどもの霊“に立ち向かいます・・・

そして、映画の公開に先駆け、この3名と清水監督が登壇するスペシャルイベントが行われ、会場がお化け屋敷に!

『こどもつかい』スペシャルイベント
日時:5月17日(水)
会場:イイノホール
登壇:滝沢秀明、有岡大貴、門脇麦、清水崇監督

映画情報どっとこむ ralph 今か今かと待っていた観客の皆さん。舞台上に子供の姿がふっと現れ・・・会場からは悲鳴が!!!そしてスクリーンの調子が・・・・。そして、サプライズで、冒頭の11分強の本編が流れ出すと、悲鳴と黄色い歓声が入り混じるという現象が。

そして、真っ赤なライトに照らされ、滝沢秀明さん、有岡大貴さん、門脇麦さん、清水崇監督が会場に現れると、悲鳴が、割れんばかりの歓声に変わります。
立ち位置:左から
門脇麦、滝沢秀明、有岡大貴、清水崇監督 

滝沢さん:皆さんのいろんな意味のキャーが・・・大変だなと。ホラー映画ですから嬉しいです。初めて映画の主演を務めさせていただきました。ホラー映画も初めてで、挑戦になりました!6月の公開が楽しみです。応援お願いします!

有岡さん:映像見ていただいて、悲鳴が気持ち良いです!僕自身、小学生の頃に清水監督の呪怨をみて、こんな怖い映画を創る監督がいるのかと名前を憶えていました。一緒にお仕事が出来るのが感慨深いです。観る前と観た後では印象が変わると思います。怖がらずに、周りを誘って観に行ってください!

と、滝沢さん、有岡さんが映画を観に来て欲しいと冒頭からファンの皆さんにお願い!

門脇さん:私はホラー映画あんまり好きじゃなくて。清水監督の映画は『魔女の宅急便』(実写版)しか見たことがないんです。(笑)
でも、本作は怖いところもありますが、ファンタジー要素もあったり、面白いし、最後ちょっぴり切なくなるし。怖いの苦手な人は目をつむってみてください!

清水監督:こんなに女性の多いイベントは初めてです。今回初めて尽くしで、ジャニーズの方とお仕事するのも始めてなんです。一緒に並んで良いんだろうかと緊張してます。

との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 本作のオファーを受けたときに

滝沢さん:ホラー?ってなりました!想像もしていなかったので、びっくりしました。清水監督と聞いて是非やりたいなと思いました。ホラーは観るのは好きなんです。

有岡さん:あの小学校の時の・・・・・清水監督・・・・

と、歯切れの悪い有岡さんに滝沢さんは嘘つけ!しどろもどろじゃんと突っ込み!

有岡さん:とても面白いものが出来そうだぞ。とワクワクしていました。本心です。

滝沢さん:子供役ですよね?

有岡さん:子ども役じゃないですよ!

割れんばかりの歓声と拍手で、ICレコーダーががりがり言うほど。一方、最初にオファーを聞いて門脇さんは

門脇さん:なぜ?と。ホラーは若い女の子がキャー!でかわいいが醍醐味なのに。私がキャーで誰が喜ぶのか・・・・でも清水監督とご一緒出来るのは楽しみでした。

映画情報どっとこむ ralph 今回、このプロジェクトに関し、

清水監督:滝沢さんの初主演がホラーで良いんですか?が第一印象でした。主人公をどういうものにするかで悩みました。滝沢さんが、好きに料理してください!と委ねてくれたので、キュンとしました。

実は、キャラづくりは監督と滝沢さんで練ったそうで

滝沢さん:キメ台詞は入れたいですとお願いしましたけど、ビジュアルは委ねました。

清水監督:最初にお会いしたのは、滝沢歌舞伎の時で、女性ファンを横目に、楽屋で挨拶させていただきました。そのあと、ディテールを二人で探りながら決めていきました。

と、謎のキャラクターを決めていく過程が明かされました。


一方、現場での滝沢さんをみて・・

有岡さん:滝沢くんとは、現場でお近づきになれるかなと思っていましたが。全然近寄れず・・・・

滝沢さん:ただの人見知りでしょ!一言もしゃべんなかったです!僕は待ってたけどね。

有岡さんはオーラが凄すぎてと弁解するも、恋人役の門脇さんは話してくれないので困ったそうで

門脇さん:人見知りですよね。有岡さんに、何が好きですか?休日は?とか質問したのですが、でも会話が一言で終わって。

観客から「冷たい!」「え~」とブーイング。イベント中に人見知りだと自覚し始めた有岡さんなのでした。

一方で、滝沢さんの印象は真逆。7人のこどもたちの先生のようだったそうで

門脇さん:最後の方はみんな分かったかな?わかった人!はーいみたいな。先生みたいでした。

まさに「こどもつかい」だったそう。

有岡さんは役作りを聞かれて、大人に見えるように痩せて髪を切りました!というので

滝沢さん:見た目でしょ?そっからどうしたの?

有岡さん:ボイスレコーダーとかメモの取り方とかをインタビューの時にチマチマ。チェックしました。

監督:僕が記者でいいんですか?って聞くんだよね。でも、映画の最後にはかっこよくなってるから!安心してと言いましたね。

有岡さん:その通りでございます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:今回のキャスティングですが・・・童顔でいじられキャラの有岡くんありきですし。麦ちゃんは、内面にいろいろ抱えている女性を演じてくれてますし、滝沢さんは、僕にとっても初挑戦の役に挑戦していただいてます!皆さんは麦ちゃんと有岡くんと一緒に映画館でなぞ解きを楽しんでいただければと思います。

滝沢さん:皆さん短い時間でしたがありがとうございました!6月にはお友達を誘って映画館に行ってください!熱い中撮影頑張りました。有岡も子供役頑張りました!映画館に是非!


最新作映画『こどもつかい』

6月17日[土]より全国公開となります。


物語・・・・
新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大 人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる、“こどもの呪い”の噂。
これは、事件なのか?
呪いなのか?

そして、駿也の恋人・尚美がふとしたことでこどもに怨 まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の前に現れたのは、謎の男“こどもつかい”。男の笛の音と共に、物影か ら、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる・・・!“こどもつかい”とは何者なのか?果たして2人は、この“呪い” と“怨み”から逃れることが できるのか―。

***********************************

滝沢秀明
有岡大貴(Hey! Say! JUMP) 門脇⻨
尾上寛之 河井⻘葉 田辺桃子 中野遥斗 玄理 山中崇 吉澤健 ⻄田尚美

監督:清水崇
脚本:フラシリィー・アン・山田、清水崇
音楽:羽深由理

製作:「こどもつかい」製作委員会
企画・配給:松竹
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ

©2017「こどもつかい」製作委員会
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。