『美しい星』に又吉直樹、会田誠らからのコメント到着!

投稿日2017/05/17

映画情報どっとこむ ralph 5月26日(金)公開の映画『美しい星』につきまして、「三島由紀夫」的風雲児のお3方から新たに推薦コメントが到着。

人から受けた影響としては三島由紀夫から受けたそれが最も大きいと話す美術家の会田誠さんは、「実際に声を出して何度も笑い」ながら映画を見、三島由紀夫と誕生日を同じくする気鋭の社会学者・古市憲寿さんは「危険な映画」とニヤリ、芸人と作家の二足の草鞋を鮮やかに履きこなす又吉直樹さんは「何回も観たくなる映画」と映画の謎解きにご興味津々です。


一方、朝の情報番組でおなじみの女優・川島海荷さんからも「このタイトルのもつ意味を考えさせられ」たとのコメント。文学部卒で趣味は読書という川島さんのような高感度の若い女性の間でも、本作の話題が盛り上がっています。


新規到着コメント(敬称略・到着順)

会田誠(美術家)
とにかくリリー・フランキーさんが良いですね。演技が、というかキャスティングが、というか。あの胡散臭さ、エロさ、そしてペーソス。そこを軸に、原作小説を大胆に変質させていったわけですね。原作は心の中でニヤニヤしながら読みましたが、映画では実際に声を出して何度も笑いました。                 
  

又吉直樹(芸人)
何回も観たくなる映画。僕たちが信じている世界とか、確定している価値観などを一旦はがして、すべてを不確かにし、もう一度捉え直そうという気持ちになりました。もう一度観たら見方が大きく変わる可能性がある。まだ僕が発見していないものがあるかもしれないし、実は考えすぎでもっとシンプルだったってこともあるかもしれない。僕にとっては、真剣に向き合いたくなる映画です。
  
古市憲寿(社会学者)
どこへ連れて行かれるんだ? すれ違い家族に訪れた「覚醒」は、観客たちをとんでもない結末へと導く。危険な映画だ。観た人は、まるで洗脳されたように超現実的な世界を受け入れてしまうだろうから。使命のために奔走する人間は、気味が悪く、格好が悪くとも、美しい。たとえ彼らが、何星人であろうとも。
  
川島海荷(女優)
不思議な世界観に引き込まれていきました。言葉で表しにくい感覚に襲われつつも、最終的にこのタイトルの持つ意味を考えさせられました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場パンフレットには・・・・

又吉直樹さんの鋭すぎる『美しい星』分析(「なにが本当でなにが嘘か」にせまるスペシャル・インタビュー)と、本作を「早くも2017年を代表するような傑作」と評した精神科医の斎藤環さんによる映画評が掲載。あわせて、これまで高評を得つつも映画関係者の内部資料としてしか読むことのできなかった三島由紀夫文学館長の佐藤秀明さんによる原作解説と、筒井康隆さんの名コラムをそれぞれ全文転載。

また、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、近藤龍人(撮影監督)、安宅紀史(美術監督)、そして吉田大八監督の各インタビューも掲載され、キャスト・スタッフがこの映画にかけた並々ならぬ熱量が溢れ出る充実の内容となっています。



<映画『美しい星』劇場パンフレット 概要>

・インタビュー
吉田大八監督 「映画化によせて」+ロングインタビュー

キャストインタビュー
リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介

スタッフインタビュー
近藤龍人〔撮影監督〕、安宅紀史〔美術監督〕

音楽コメント
渡邊琢磨〔音楽〕、平沢進〔劇中曲提供〕

・コラム 
映画『美しい星』に思う 筒井康隆(作家)
幻想と現実のあわいを「円盤」が飛ぶ 斎藤環(精神科医・評論家)
空飛ぶ円盤の出現まで 三島由紀夫「美しい星」について 佐藤秀明(近畿大学教授・三島由紀夫文学館長)  

・スペシャル・インタビュー
「信じていることや価値観、視点を一回はがしてみる」ということ。 又吉直樹(作家)

発行元:東宝株式会社映像事業部
定価:720円(税込)

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

その手で“美しい星・地球”を救えると信じた、とある平凡な“宇宙人一家”の悲喜劇

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周りから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人(?)として覚醒。“美しい星・地球”を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。

なぜ、目覚めたのか。本当に、目覚めたのか。
そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。

5月26日(金) TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー


***********************************

リリー・フランキー
亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子 / 佐々木蔵之介

原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊) 
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎  
音楽:渡邊琢磨
製作:依田巽 藤島ジュリーK. 市村友一 吉川英作 中川雅也 エグゼクティブプロデューサー:小竹里美 
Co. エグゼクティブプロデューサー:松下剛  
プロデューサー:朴木浩美 鈴木ゆたか  
撮影:近藤龍人 
美術:安宅紀史 
照明:藤井勇 
録音:矢野正人 
編集:岡田久美 
助監督:甲斐聖太郎 
ラインプロデューサー:新野安行 
製作:「美しい星」製作委員会  
助成:文化庁文化芸術振興費補助金  
企画・制作プロダクション:リクリ
 
企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八  
(C)2017「美しい星」製作委員会

関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。