溝端淳平の肉体美を女子座談会で語ってみた!『破裏拳ポリマー』


映画情報どっとこむ ralph スーパーヒーローアニメ&ドラマ全盛の1970年代にテレビ放送された人気アニメ、タツノコプロ55周年を記念した実写映画として2017年5月13日より全国公開されます。

映画好き女子が集まるトーキョー女子映画部さんが、本作の公開を記念して上映会&座談会を開催。

タツノコプロ作品きっての“肉体派ヒーロー”に挑んだ主演の溝端淳平の肉体美は、果たして女子達のお眼鏡にかなったのか?敢えて原作アニメを観たことがない世代の女子達の話は・・・。

映画情報どっとこむ ralph 溝端淳平は“肉体派ヒーロー”になれたのか?

はじめに原作アニメを知らない世代の女子達が本作のどんなポイントに興味をもったのかを聞いてみると、やはり最も多かったのが主演の溝端淳平や相棒役の山田裕貴の出演に魅力を感じたという意見。

しかし、今作で溝端が演じるのは、ただのスーパーヒーローではなくタツノコプロ作品きっての“肉体派ヒーロー”。筋肉自慢の俳優がゴマンと存在する芸能界で、果たして溝端はこの看板を背負いきることが出来ていたのだろうか…!?

Aさん:私は普段から外国人選手の格闘技の試合とかも観るので、体格的なアクションの迫力は別として(笑)、細マッチョ男子好きとしては良かったと思うな。

Bさん:がんばって鍛えた感がすごくありましたよね。

Cさん:日本人女性ウケするちょうど良いマッチョ感だったと思う。溝端くんが4ヶ月くらいトレーニングして役に臨んだというネット記事を読んで、頑張ったんだなぁって思いました。

Dさん:私は、上着をまくり上げて古傷を見せるシーンで「ちゃんと鍛えてある!溝端くん良いじゃん!」ってキュンとしましたよ(笑)。

Eさん:私も古傷のシーンで、「腹筋が割れている!」と思いました。


どうやら、溝端の肉体美は女子達のお眼鏡にかなったよう。
“肉体派”でも、日本人女子のリアルな好みは、どうやら“細マッチョ男子”ということなのかも知れませ。

さらに座談会では、原幹恵さんをはじめ女優陣のスタイルの良さにも話題に!もっと座談会の内容は特集記事を

●トーキョー女子映画部による本作特集記事はこちら

映画情報どっとこむ ralph 溝端演じる破裏拳ポリマーがあなたの“肉体派ヒーロー”の基準に見合っているかどうかを確かめつつ、ぜひ劇場でご覧いただきたい。

映画『破裏拳ポリマー』

警視庁と防衛省は、過激化する組織犯罪に対抗すべく極秘裏に提携し、特殊装甲スーツ“ポリマースーツ”を開発したが、軍隊をも倒せるスーツの絶大な力を危険視した当時の警視総監は、開発の中止を命令。だが、数年後封印されたはずのスーツを悪用した凶悪犯罪が頻発し…。

2017年5月13日より全国公開です。

公式サイト:
http://polimar.jp

1974年にテレビ放送されたシリーズが、タツノコプロ55周年記念作品として蘇る。

***********************************

監督:坂本浩一
出演:溝端淳平/山田裕貴/原幹恵/柳ゆり菜/神保悟志/長谷川初範
配給:KADOKAWA
©2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ