なぎら健壱 、マフィア梶田 飲みながらトーク『夜に生きる』

投稿日2017/05/03

映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞7部門にノミネートされ、作品賞始め3部門を受賞した『アルゴ』(12)で監督・主演を務めたベン・アフレックの監督・主演最新作『夜に生きる』が2017年5月20日(土)より公開となります。

この度、フォークギターと酒をこよなく愛する男・なぎら健壱さんと、ゲームサイトなどでフリーライター務め、その他ラジオパーソナリティ・イベントMC・声優としてマルチに活躍する、2次元を愛する男・マフィア梶田さんトークが禁酒法時代のボストンを舞台のお話なので、あえて飲みながらシチュエーションでのイベントを行いました。

映画『夜に生きる』オレたち、夜に生きるぜ!
映画試写会トークショー
日時:5月2日(火)
場所:ワーナー・ブラザース
登壇:なぎら健壱 、マフィア梶田(フリーライター)
MC:コトブキツカサ

映画情報どっとこむ ralph 禁酒法時代のボストンを舞台に欲望渦巻くギャングの世界でのし上がろうとする男の人生を描いた本作。会場はクライム映画ファンで立ち見が出るほどの盛況ぶり。そんな期待高まる中、なぎら健壱さんとマフィア梶田さんが登場

乾杯を皮切りに、映画の感想を熱く語り合いました。


なぎら:『Good Bad Boys』という映画もありますが、この映画には悪い奴だけど憎めない所を可愛く見せる手法がありますよね。時代背景が良くてM1928というトンプソン・マシンガンが出てきたり、とくに衣装は見事でしたね~。

マフィア梶田:クールですよね。マフィアがかっこよく見える。マフィア梶田という名前からしてクライム映画好きだと思われるんですよ。実はおもしろい名前を付けてくれることで有名な僕の先輩が付けてくれたんですけどね。ギャング映画は『ゴッド・ファーザー』が大好きで、一番好きな映画を聞かれたらこれを答えると決めているんです。

なぎら:僕は「荒ぶる血」のジェイムズ・カルロス・ブレイクが原作なのかと思ったら違って、『ゴッド・ファーザー』の匂いもありますよね。

マフィア梶田:マフィア映画なのに主人公がマフィアに染まらない所が良いですよね。ベンは単なるマフィア映画ではなく、一人の男の生き方を見せたかったのではないでしょうか。普通のクライム映画は破滅の美学があって火薬みたいな生き様に憧れて感動するみたいな所があるのですが、本作は違ったアプローチをしているので、そこに注目して欲しいです。

クライム映画としての本作の魅力を思い思いに語ります。

映画情報どっとこむ ralph そして、話題はいつしかクライム映画には欠かせない魅力的な女性キャラクターへ。

本作にはベン・アフレック演じる主人公ジョーの人生を左右する3人の美女(エル・ファニング、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ)が登場しますが、中でも心惹かれたキャラクターを伺いました。

なぎらさん:エル・ファニングも良かったね~。みんな素敵だけどみんな危ない(笑)僕が素敵だと思う女性は森昌子さんです。もう芸能生活45周年になりますが、その人本人に惚れるというより、その役柄に惚れるんですよ。その作品で惚れさせられるってことが大事ですよね。


マフィア梶田さん:恋に落ちるなら、シエナ・ミラーが演じたエマのような奔放な女性ですが、奥さんにするなら良妻賢母のグラシエラですね。でも一番の曲者はまじめな女性だったりするんですよね(笑)

また、アメリカの背景として禁酒法があったからこそ様々なギャング映画が生まれたということで、お酒にまつわるエピソードを問われると、マフィア梶田さんがまさかの下戸宣言!これには会場も笑いに包まれました。対するなぎらさんはご近所さんと飲むのが常だそうで、さらに古くから付き合いがあるというタレントのヨネスケさんとの武勇伝を匂わせました。

映画情報どっとこむ ralph 最後にタイトルにかけて〇〇に生きるというフレーズでお2人からメッセージ。

なぎらさん:“エンターテインメントに生きる”。僕は好きなことを仕事にしているので、主人公のジョーが無法に生きているところに共感しました。是非この生き様を見てください。

マフィア梶田さん:劇中で「天国はどこにある?この地だ」という言葉がありますが、毎日が天国だという気持ちで生きたいですね。“自由に生きる”ですかね。

とイベントを締めました。

オフィシャルサイト:
yoruni-ikiru.jp

ハッシュタグ:
#夜に生きる

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代。厳格な家庭に育ったジョーは、警察幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、対立組織のボスの恋人エマと出逢ったことでジョーの人生は激変する。
新天地タンパでは今までに出逢ったことのない優艶な女性グラシエラに惹かれ、成功を収め始めた矢先には地元警察本部長の純粋無垢な娘ロレッタが現れ、運命の歯車が狂いだす。欲しいものをすべて手に入れるためには、ギャングとしてのし上がるしかない。3人の女性との出逢いがもたらした愛と欲望、裏切りと復讐──そのすべてを手に入れ、すべてを叶えるために、“夜に生きる”と決意した男の極上のクライム・エンターテインメント!
原作は「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘインの同名小説。全米でベストセラーを記録した傑作クライム小説。製作はオスカー俳優のレオナルド・ディカプリオが務める。


***********************************


監督・脚本:ベン・アフレック
キャスト:ベン・アフレック、エル・ファニング、フレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー他
原作:デニス・ルヘイン「夜に生きる」上・下/ハヤカワ文庫/発売中
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS.
ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。