公開前に、ここまで出していいの!?『暗黒女子』裏の顔キャラクター別予告

投稿日2017/03/23

映画情報どっとこむ ralph 清水富美加、飯豊まりえW主演、全ての予測を裏切る、ラスト24分のどんでん返しが、話題となっている映画『暗黒女子』が、4月1日(土)に全国公開致します。

本当に大変だった本作ですが・・・その分、この間の渋谷イベントも含め宣伝さん攻めてます!

ミッション系お嬢様学校である聖母マリア女子高等学院の理事長の娘で全校生徒の憧れの的である白石いつみ(飯豊まりえ)が謎の死を遂げる。

彼女が会長を務めていた文学サークルのメンバーに疑いの目が向けられる中、会長の座を引き継いだ親友の澄川小百合(清水富美加)は、いつみが死んだ理由と真犯人を突き止めるために、メンバー達に<いつみの死>について小説を書かせ闇鍋をしながら朗読会を開くことにする。二谷美礼(平祐奈)、小南あかね(小島梨里杏)、ディアナ・デチェヴァ(玉城ティナ)、高岡志夜(清野菜名)の順に、それぞれ自作の小説を発表し、いつみを殺した真犯人を告発していく。

映画を通して描かれる、彼女達6人の女子高生らしいキラキラした美しい顔とその恐るべき裏の顔、そして生徒と禁断の恋に落ちるサークル顧問・北条(千葉雄大)という7人のふたつの顔をたっぷり捉えた、ネタバレ寸前の7つのキャラクター別予告が一挙に解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 白石いつみ(飯豊まりえ)

澄川小百合(清水富美加)

二谷美礼(平祐奈)

小南あかね(小島梨里杏)

ディアナ・デチェヴァ(玉城ティナ)

高岡志夜(清野菜名)

顧問・北条(千葉雄大)


映画情報どっとこむ ralph 劇中発表される数々の小説を通じて、その物語の主人公といつみとの表向き&裏の関係などたっぷり垣間見ることができるので、ぜひ見比べてみて!!

暗黒女子

4月1日(土)全国ロードショー!

ankoku-movie.jp

物語・・・
学園のカリスマ“白石いつみ”の謎の死―「この中の誰かが彼女を殺した。」

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、事故なのかもわからない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。いつみの親友だった澄川小百合がサークルの会長を引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは、「いつみの死」。

それぞれを“犯人”と告発する作品が発表されていく。

物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はあるのか?

***********************************


出演:清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏/平祐奈/升毅
千葉雄大

原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里
制作プロダクション:ROBOT
配給:東映/ショウゲート
©2017「暗黒女子」製作委員会
©秋吉理香子/双葉社
   
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。