『お嬢さん』アジア・フィルム・アワードで最多4部門

投稿日2017/03/22

映画情報どっとこむ ralph 現在公開中のパク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』。

昨日3月21日(火)に発表された第11回アジア・フィルム・アワードにて最優秀新人賞(キム・テリ)、最優秀助演女優賞(ムン・ソリ)、最優秀美術賞、最優秀衣装賞を受賞し、最多である4部門受賞に輝きました。

最優秀新人賞:キム・テリ
©Asian Film Awards

最優秀新人賞を受賞したキム・テリは、令嬢役のキム・ミニに仕えながらも裏で彼女の財産を奪おうとする侍女役を体当たりで熱演。

演技の経験がほとんどないものの、1500人という人数の中からパク・チャヌク監督自身から「少女性を持ちながらも、しなやかで荒ぶりを感じさせる野性味がとても魅力的だった」という理由で大抜擢され、本作で最優秀新人賞を受賞するといった、まさにシンデレラ・ガール!

最優秀助演女優賞:ムン・ソリ
©Asian Film Awards

最優秀助演女優賞を受賞したムン・ソリは令嬢役のキム・ミニの叔母役を好演。

短い出演ながらも、主役級の存在感を放ち、見事、受賞に輝きました。

女たちが活躍する物語『お譲さん』。

アジア・フィルム・アワードはアジア28カ国・地域、約1,600本の映画より選出されるアジアのアカデミー賞。

映画情報どっとこむ ralph お嬢さん

美しく純真なお嬢様の財産を狙う、詐欺師と侍女。

次々と仕掛けられた罠。

果たして本当にはめられるのは誰だ―!?

物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。

令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

大絶賛公開中

ojosan.jp



***********************************


監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)

キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン

配給:ファントム・フィルム
2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。