音出しキケン!これが #官能朗読会 だ!『#お嬢さん』

投稿日2017/03/18

映画情報どっとこむ ralph 現在公開中のパク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』。

本作は「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの「荊の城」が原作となり、複数の登場人物の視点で描かれる騙し合いと、過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られた作品。韓国では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新しています。

公開を迎えた今、賛否両論、禁断の「朗読会」シーンを解禁です。

解禁シーンは、絢爛豪華な屋敷に住み、莫大な財産権を持ちながらも、春画や官能本コレクターである叔父に支配されている令嬢・秀子が朗読会で官能小説を朗読するシーン。

叔父は富裕層を招き、屋敷の中で官能朗読会を行っていたのだ。韓国人に育てられた秀子が朗読する小説は、「言ってはいけない」「聞いてはいけない」、放送禁止用語連発の官能小説。そして彼女の日本語は絶妙なたどたどしさをまとい、またその稚拙さがより一層官能的に屋敷内に響きます。

映画情報どっとこむ ralph 日本語と韓国語が飛び交う本作では、キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウらがハードな日本語指導を受け、日本語を話している。

パク監督は来日の際、「日本語については皆さん、大きな心で迎えてください(笑)」と弁明(?)しているものの、映画を見た観客からは、「微妙な日本語だからこそ、よけいに官能的に感じる」や、「ところどころ日本語に日本語の字幕がほしい」、「日本語は変だが、そんなことが気にならないほど面白い」という、さまざまな意見が飛び交っている。

映画情報どっとこむ ralph お嬢さん

美しく純真なお嬢様の財産を狙う、詐欺師と侍女。
次々と仕掛けられた罠。
果たして本当にはめられるのは誰だ―!? 
ojosan.jp

物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。
令嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

***********************************

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン

配給:ファントム・フィルム(2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18)
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
   
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。