「君の膵臓をたべたい」過去と現在が交差するポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年本屋大賞第2位、2016年・年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門 1位(日販調べ)、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞受賞と、2015年6月の発売後、破竹の勢いで発行部数75万部を突破(2017年1月時点)したベストセラー小説「君のすいぞう膵臓をたべたい」が、実写映画化。

「キミスイ」の愛称で若い世代の圧倒的な支持を集める小説の映画化にあたり、フレッシュなW主演が実現。

ヒロイン・桜良には、浜辺美波。桜良のクラスメイト【僕】役には、DISH//の北村匠海。
さらに映画版は、原作=≪過去≫から12年が経った≪現在≫が描かれ、≪過去≫と≪現在≫2つの時間軸が交差する物語となっています。≪現在≫パートでは、教師となった【僕】を小栗旬が、桜良の親友【恭子】を北川景子が演じており、人気実力ともに兼ね備えた2人が、本作で初共演を果たしています!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、ティザーポスターが初解禁!

原作の装丁と同じ構図となるメインカット中心に構成されたポスター。
泣きそうな微笑みをみせる桜良(浜辺美波)、どこか遠くをみつめる【僕】(北村匠海)、憂いを浮かべる恭子(北川景子)、過去を振り返るかのように、眉をしかめる【僕】(小栗旬)と、登場人物たちの心情が繊細なまでに映し出されました。

<過去>と<現在>、12年の時を経て紡がれる人間模様を繋ぐコピーが・・・。

「たべていいよ」  とまどう僕に あの日の君が微笑む
君に送った1行だけのメール 返信のないまま  僕は大人になった
あの時、 君に伝えたかった想いと 君が伝えたかった想い――
一生をかけて 一瞬をともに生きた 君と僕との記憶の宝探しが いま、はじまる
ラスト、きっとこのタイトルに涙する――。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。

彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。

膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。

だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(大友花恋/北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人。

君のすいぞう膵臓をたべたい

公式HP :
http://kimisui.jp/

***********************************

キャスト
浜辺美波 北村匠海
大友花恋 矢本悠馬 桜田 通 森下大地/上地雄輔
北川景子/小栗 旬

スタッフ
監督:月川 翔    
脚本:吉田智子   
音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー

原作
住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)  
原作クレジット
©住野よる/双葉社

企画・製作 :東宝
©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ