1週間後に宇宙人に『食べられる男』公開決定!本多力コメントも!

投稿日2017/02/06

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べられる男』は、『小村は何故、真顔で涙を流したのか?』(第17回京都国際学生映画祭長編グランプリ)、卒業制作『APOLO』(東京学生映画祭入選)の映画監督・近藤啓介が、第12回シネアスト・オーガニゼーション大阪(略称:CO2)に企画応募し、CO2助成企画として制作した⻑編デビュー作品。​

2016年3月大阪アジアン映画祭ワールドプレミア上映、2016年6月のドイツ ニッポンコネクション審査員特別賞受賞を経て、満を持して4/29(⼟)〜5/5(金)の1週間限定レイトショー上映が決定しました! ​

主演には劇団「ヨーロッパ企画」の本多力さんを迎え、

地球平和のため1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた男

を描く悲しみに溢れるコメディ映画です。​

映画情報どっとこむ ralph 主演の本多力さんのコメントも到着しました!!

本多さん:1年前に1ヵ月間、近藤監督はじめ20代前半のスタッフ、キャストの皆と寝食を共にし、合宿みたいにどろどろになりながら撮影しました。遅れてきた青春を過ごしているような日々でした。​村田よしおという哀しい男の最後の1週間のお話です。その哀しみと向き合うのはしんどい時間でしたが、自分には必要で有難い時間だったと思っています。​劇世界と撮影を通して、必死で誰かと何かと向き合って生きていくしかないんだということを強烈に思わせてくれたこの映画は、自分にとって大切な作品になりました。ぜひ観ていただきたいです。​

映画情報どっとこむ ralph 「僕なんて、美味しいのかな?」——悲しみに溢れるコメディ映画​

地球平和のために作られた条約「地球人被食制度」により、1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた工場員の村田よしお。
彼の疑問はただ一つ「僕なんて、美味しいのかな?」。
その日から、宇宙人に美味しく食べられるためにクリームを塗り、ヘッドギアをつけ、下ごしらえを始める村田。​

時を同じくして突然できた友達・木下、生き別れた娘に会いに行くとお金の話ばかりする元嫁、そして人懐っこい女の子ゆきちゃん——それまで友達、両親、家族のいない孤独な日々を過ごしていた村田は、様々な出会いを経て、宇宙人に食べられるまでの悲しき1週間をどう過ごすのか!?​
***********************************

キャスト​
本多力 時光陸 吉本想一朗 ひと:みちゃん 中野陽日 石川ともみ 川口新五 杉山まひろ 申芳夫​

スタッフ​
監督:近藤啓介 
脚本:小村昌士 ワインちゃん 
脚本協力:上田誠(ヨーロッパ企画)​
撮影:千田瞭太 山村凌平​
製作:YAMATON PRODUCTION ヨーロッパ企画/オポス​
All Rights Reserved.©2016 taberareruotoko     
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。