高崎映画祭で『淵に立つ』最優秀作品賞、筒井真理子が最優秀主演女優賞に!

投稿日2017/01/06

映画情報どっとこむ ralph 自主上映を行う市民グループによって開設された映画ファンのための映画ファンによる純粋な真の映画祭として映画製作者からも愛されている映画祭の一つ。

国内ではいまだにムーブオーバー上映が続いていて、今後世界各国での上映が決定している深田晃司監督作『淵に立つ』がその第31回高崎映画祭で見事最優秀作品賞、筒井真理子が最優秀主演女優賞を受賞しました。筒井真理子はヨコハマ映画祭に続き二冠目。
高崎映画祭は1987年より群馬県高崎市にて、毎年3月下旬から4月上旬頃にかけて開催される大変由緒ある映画祭です。多くの俳優、監督らから愛されて今日まで続いています。3月26日(日)の授賞式には、深田晃司監督と筒井真理子がともに出席致します。

高崎映画祭HP:
takasaki.film.gunma.jp

『淵に立つ』は世界各国での公開も決まっており、フランスやカナダ、スイス、イギリス、トルコ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、キプロス、ギリシャ、ブラジル、香港、中国、台湾、タイ、そして東南アジアや東ヨーロッパ地区など、現在20ヶ国以上での公開が決定している。フランス、アメリカ、イギリスは2017年前半公開を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『淵に立つ』

『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』など話題作を世に出し続け、本作で小説家デビューも決定した深田晃司監督。圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、2016年最大の衝撃作―郊外で小さな工場を営む夫婦とその一人娘。ある日、夫の旧い知人だという男がやって来て、奇妙な共同生活が始まるが、やがて男は残酷な爪痕を残して去っていく…。

30代の若さで世界の映画シーンにその名を刻み続ける深田晃司監督の最新作が、カンヌ国際映画祭に初参加でいきなり公式部門にノミネートされ受賞を果たした!カンヌでは「日本で最も創造的な映画監督の1人」「ロベール・ブレッソンや大島渚を彷彿とさせる」など世界が熱狂・絶賛した、未だかつて誰も見たことのない衝撃の家族ドラマ。

主演は、マーティン・スコセッシ監督『沈黙-サイレンス-』など国際的活躍もめざましい浅野忠信が、怪しくも魅力的な佇まいで家族を翻弄する男を熱演!

夫婦役には、深田組常連俳優の古舘寛治が寡黙な夫役で新境地を見せ、変幻自在な演技が評判の筒井真理子が妻の心身の変化を凄まじいまでの説得力で体現。そのほか、日テレ「ゆとりですがなにか」の強烈なキャラクターで話題となった若手俳優要注目の太賀が重要な役どころで出演している。また、本作の製作陣は、国内外で大ヒットした『あん』の主要メンバーによる製作チームで、フランス(COMME DES CINEMAS)と共同制作が行われた、日仏合作となる。

全国ロードショー中!渋谷アップリンク公開中。

fuchi-movie.com

***********************************

監督・脚本・編集:深田晃司

出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治

主題歌:HARUHI「Lullaby」(Sony Music Labels Inc.)
小説:「淵に立つ」深田晃司著(ポプラ社/9月15日刊行)
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。