とり・みきの吹替え“凄ワザ”講義『危険戦隊デンジャー5』イベント

投稿日2016/09/19

映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

現在、絶賛開催中!で、本日クロージングの「第9回したまちコメディ映画祭in台東」2016年9月16日(金)~19日(月・祝)。
www.shitacome.jp

本日9月18日(日)、東京国立博物館平成館にて、堀内賢雄さん、千葉繁さん、甲斐田裕子さん、多田野曜平さん、江原正士さん、羽佐間道夫さん、吉田啓介さんをお迎えし、「とり・みきの吹替え“凄ワザ”講義」&現場でのアフレコ秘話などを語りました。
%e8%a3%8f%e6%8a%80_%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc
実施日時:9月18日(日) 
場所:東京国立博物館平成館
登壇:堀内賢雄、千葉繁、甲斐田裕子、多田野曜平、江原正士、羽佐間道夫、吉田啓介、とり・みき

映画情報どっとこむ ralph ご挨拶!

とり・みきさん:
普通はこんなに(台本を)変えてはいけません!(笑) 今年も役者さんの遊び心が出ていましたが、近年は地上波での上映もかなり少なくなり、あまりアドリブを挟み込めなくなっているのが現状です。

堀内賢雄さん:
楽しませていただきました。先輩と一緒に出来上がった作品を観て、僕もなかなかやるじゃないかと思えました(笑)
(現場は)楽しくて、楽しくて、アフレコ中、先輩たちが下向いてる時は、あ、今アドリブを何か考えているなと…!その後、出てきたアドリブを絶対に聞き逃さないことが大事で、瞬時に何を返そうかと考えるのに必死でした。

千葉繁さん:
今回、髭だけでキャスティングされたのかな?と(笑)現場では、僕は台本通りにきっちりとやらせて頂きました(笑)ただ、変えなきゃダメだよっていうプレッシャーを与えてくるんですよね。

甲斐田裕子さん:
太刀打ちできない先輩たちと一緒で、緊張のアドリブ現場でした。相手役の堀内さんがアドリブをすごく入れられるので、困りましたね(笑)私も家でチェックしながらアドリブを考えてましたが、現場では惨敗でした。わたしにとってはこの舞台に立てたことを光栄に思っています!

多田野曜平さん:
去年もやらせて頂きましたが、今回は18役演じさせて頂きました。今年は、皆さまにいつもとは違う“凄技”を見せられればと思い、いくつかモノマネを取り入れてみました。

江原正士さん:
19役を演じさせて頂きましたが、こんなに色んな役を演じたのは久しぶりでした!今日反省しまして、次回はもっとパワーアップしてやっていきたいと思います!

羽佐間道夫さん: 
ヒットラー役をやりましたが、皆さま、どうでしたでしょうか?(会場から拍手あり)温かい拍手ありがとうございます。
だいたい喜劇に向いているのは、僕と多田野だけなんじゃないかな?(笑) 今回は、とりさんの台本にいかに忠実にやれるかというのに重きを置き、とても寡黙にやらせて頂きました。(とりさんから「いや、完全に口が閉じていてもアフレコしてましたよね!(笑)」とツッコミ)

吉田啓介(演出家)さん:
普通は台本通りにやってくださいというのが僕の仕事ですが、台本の1ページ目に「アドリブ大歓迎」と書いているので、もう何をやられてもいいかなと…(笑)はっちゃけて面白いものができればと思っておりました。

映画情報どっとこむ ralph 講義トーク!!

とりさん:堀内さん、なぜ演じたキャラクターを熊本弁にしたんですか?

堀内さん:台本を透かすと、すでに熊本弁になっているんですよ!(笑)ただ、方言と言っても純粋な熊本弁だとわからないので、特徴のある言葉だけを入れ込んでみました。

とりさん:羽佐間さん、南部の黒人や中国人を九州弁に変えたりするのは昔からよくありましたよね?

羽佐間さん:かなりありましたね。ただ、(堀内さんが言うように)台本が透かして見えるっていうのは初めてですね~(笑)

とりさん:皆さん、セリフの変更などは事前に考えて行きましたか?

堀内さん:私は、語尾につける変化や細かい部分だけを考えて行きましたね。

千葉さん:僕は一回目のテストで演出家に一度聞いて頂いて、そこで(熊本弁が)NGになれば、土佐弁に変えようと思っていました!(笑)一発目のテストで、肌で感じたのが、あ、これは野放しだなと…!(会場爆笑)

甲斐田さん:最近は台本通り、字幕通りで与えられたセリフでやっているので、さて、今回はどうしようと…。全然シャレたことが思い浮かばないと思って困りましたね。

多田野さん:僕は事前に全部考えて、台本を書き変えて行きました。あと今回は、モノマネも入れてみました(笑)

羽佐間さん:僕、(声優の)山田康雄と親友だったんだけど、今回、多田野が山田のモノマネをやってくれて本当に感動しましたね。その後、涙が出てアドリブが出来なくなっちゃって…(実際はアドリブだらけだったため会場爆笑)

江原さん:僕、基本台本を直さない人なんです。修飾語を変えたりとかだけして。ただ、この作品ではダジャレを追加しましたね。

吉田さん:事前にちゃんとアドリブに関する相談に来てくれたのは江原さんだけでした(笑)

堀内さん:あ、そうなんですか。俺はずっと裏でコーヒー飲んでましたよ(笑)

羽佐間さん:こういう作品をすると、若い方からひそかにエネルギーをもらえるんですよね!うかつに僕は裏でコーヒーを飲むことはしません(笑)
   
映画情報どっとこむ ralph 危険戦隊デンジャー5 ~我らの敵は総統閣下~

%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%95
物語・・・
第二次世界大戦下、あるミッションが動き出した。国際色豊かな5人のプロフェッショナルたちが集められ秘密組織が結成。その名は“デンジャー5”! 彼らに与えられた指令とは、ヒトラーを暗殺し、この大戦を終結させることだった。
厳選されたメンバーは、米国出身のジャクソン、オーストラリア人のタッカー、グラマラスなロシア美女イルザ、英国の知性派美人クレア、そしてヨーロッパの馬の骨ことピエール。

鷲の顔を持つ大佐の指令のもと、ナチスの悪魔の計画を阻止するため、呼ばれもしないのにヒトラーの誕生パーティにお邪魔、ヨセフ・メンゲレが支配する恐竜王国で大暴れ、そして幻の海底都市アトランティスでちょっと一服。果たして、彼らはヒトラーを暗殺できるのか?!


監督:ダリオ・ルッソ
出演:カーマイン・ルッソ、ショー
ン・ジェームズ・マーフィ、アル
ド・ミニョーネ、デヴィッド・アシ
ュビー、アマンダ・サイモンズ、ナ
ターシャ・リスティッチ 他

©2011 Dinosaur Pty Ltd, South Australian Film Corporation, Special Broadcasting Service Corporation, Adelaide Film Festival and ScreenAustralia.

***********************************

     
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。